STORYS.JP

ち とく

ロックバランシング(ストーンバランシング)は、古くから世界中で親しまれている、自然石を絶妙のバランスで積み上げるバランスアートです。日本のロックバランスアーティスト石花ちとく(chitoku)は、その作品を「石花」と題して、世界のトップアーティスト達と肩を並べています。

ストーリーをリクエストする

ち とくの人生のストーリー

既婚44歳IT系会社員の俺が寅壱のニッカを返品交換する理由(1)

私が初めて寅壱を身につけたのは、上京して二年目の夏でした。 今から23年前のことです。 当時、バブル崩壊とかいって騒々しい世の中だったように思いますが、夜学でワンダーフォーゲル部の私には、全く関係ない話でありました。 夜学の学生達は、日中働いているわけですが、私は何をやっても長続きしませんでした。早起きが苦手な上に、安いバイト代が末締め翌末振り込みとか言われて、最初の給料日を待てないことも多々あり

既婚44歳IT系会社員の俺が寅壱のニッカを返品交換する理由(2)

思い出話が長くなってしまって申し訳ありません。ニッカを返品交換する理由をお話します。 私は、普段着のズボンがジーンズとチノパン1着ずつしかなく、膝の張らない「カーゴパンツ」を買いたかったのでした。一昨年の夏ごろまでは、ダブついたカーゴパンツを愛用しており、膝から下が切り離しできる機能もあって、川遊びなどでは重宝していたのです。私が不在中のある日、家人によってあっさり捨てられてしまいましたが。。。 そ

既婚44歳IT系会社員の俺が寅壱のニッカを返品交換する理由(3)

かくして私は、コレ!というニッカを見つけました。 2530-405 胴付ニッカ もうこれしかないのです、エンジ!胴付(どうつき)!私にとっては「憧れの定番」でありました。初めて支給されたニッカは、同じモデルですが、ブルーでノーマル。それはそれでお気に入りでしたが、エンジ色はリーダー色でもありました。 また少し古い話になりますが、私の通っていた中学校では、体育着のカラーが、ブルー・グリーン・エンジの三

既婚44歳IT系会社員の俺が寅壱のニッカを返品交換する理由(4)

さて、どうしたものか。寅壱直販サイトでは「6月中旬入荷予定」とありました。私が、ニッカ!とひらめいたのは4月の最終週でした。時期的には、5月中旬までに入手したかったのです。。。 実は、5月18日にイベントがあり、その衣装にと考えてもいたのでした。イベントは 【くくのちのモリプロジェクト・町田「しぜんの国保育園」植樹祭】 です。 *** 「 くくのち学舎 」(舎長:中沢新一)と多摩美術大学芸術人類学研

読んでよかったストーリー

書きかけのストーリー

ち とくさんの書きかけのストーリーはありません

ち とくさんにもっと聞きたい話リクエストする

|