STORYS.JP

高木 大

高木 大の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

高木 大の人生のストーリー

親に子持ちだけは連れて帰って来るなと言われたのに、子持ちバツイチさんとお付き合いしている私の話

私は高校を出てすぐ 親の縛りに、家庭のルールに 足掻きながら 颯爽と地元(スタバが出来た砂場) を飛び出して県外で就職をしました。 18才から 学生の延長線をたどって 夢中で働いていた10代 県外から来たわたしは どうしたら未開の地で 友達が出来るのか 人との出会いに迷走していました。 19才になったころ 気づくんです。 1年たった今わたしが知り合えた人は?と… 指で足りる人数でした(笑) そこから

子持ちだけは連れて帰って来るなと言われたのに、バツイチ子持ちさんとお付き合いしている私の話②

相手がバツイチ子持ちと知った人は まず、【重さ】を感じるんじゃないでしょうか そして、その出会いに対する 問題やリスクを頭で粗探しするんです。 次に思うのは、きっと 普通がいいや… ですが、私はその時 抱いたのは、Mさんを知りたい どんな過去を歩んで 今に至ったのか バツイチ子持ちだからこそ 何故か彼女の事が気になったんです。 子どもはいくつなの? あまり幼くは見えないけど もぅ保育園の年長組だと

親に子持ちだけは連れて帰って来くるなと言われたのに、バツイチ子持ちさんとお付き合いしている私の話③

「私バツイチ子持ちって話したんだね…」 なんだか、その言葉にこもる 後ろめたさは 私に言った事への後悔なのか 自分への戒めなのか 凄く深い気がしました。 私「まぁ、これからも聞いていくよ全ては知らないから。また色々話聞かせてね」 気になる事は 口には出しませんでした 何故離婚したのか… 別れてから他に出会いがあったのか… きっと波乱万丈ではあるんだろうな そういう気持ちで 私はむしろ、そのありのまま

親に子持ちだけは連れて帰って来るなと言われたのに、バツイチ子持ちさんとお付き合いしている私の話④

彼女が元旦那さんと出会ったのは 高校生2年の時だったらしい、 卒業間近に付き合える事になった 彼とは2年の付き合いをへて 親の反対を聞かず 同棲することになった 2人は 同棲してすぐ 妊娠が発覚、反対していた親は 気が気じゃない中 彼を婿養子に貰い 出来ちゃった婚ではあるが 幸せな付き合いをしていたらしい。 彼女の実家には彼女、彼女の妹、父、母、祖母で暮らしている中 そこに元旦那さん、彼との子ども

読んでよかったストーリー

高木 大さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

高木 大さんにもっと聞きたい話リクエストする

|