STORYS.JP

花井 大地

http://n-links.co.jp/web/nblog/

ストーリーをリクエストする

花井 大地の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

三田 サンジ
297
10

僕のパチスロ理論が破綻した!神の手を持つ男の話

プロローグ 世の中には、確率や理論では説明できない事柄がある。 決して、数字では表すことが出来ず、そして科学的な根拠もないもの。 それが"運の強さ”だ。 僕はこれでも論理的な思考を持って生活しているつもりだ。 物事にはすべて、それを巻き起こしただけの理由がありきっかけがある。 そして、それはすべて、数字や確率で解明できるものだと思っていた。 そう、思っていたのだ。 ある人物に出会うまでは・・・ 藤沢
Himeno Sanae
7701
29

キャバ嬢の本性4つ

これだけは最初に知っておいて欲しい。 ボーイ おいブス!今日客呼べねーしドリンク取れねーし 店に何しに来てんだよ! キャバ嬢AYA あぁ!?金稼ぎに来てんだよ! 今から場内とってきてやるよ! まず、 キャバクラ嬢はやれそうでやれない。 最終手段にもカラダは使わない 。 キャバクラ嬢はカラダを使わなければ生き残れない、は嘘である。 カラダを使うと生き残れない、が真理である。 つぎに、 あなたが女の子に
阪口 ユウキ
38301
210

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
ナントカ ナオヤ
74

3年くらい前からずっと非通知で電話をかけてくる女性がいる

初めはいつだったか覚えてないんだけど、たぶん3年くらい前か、もっと前かもしれないです。 そう、それはいつもと変わらないごく普通の日でした。 携帯電話に突然の非通知着信があったんです。 ちなみに非通知でかかってくるような恨みを買ったこともなければ、特に借金とかがあるわけでもないので、 (むむ、いまどき非通知なんて・・これは大学の○○か?) なんて昔を懐かしんで半分ワクワクしながら電話をとった気がします
mamita .
357
6

三十路VIPPERが女だてらに突然ボクシングを始めた理由を笑うな!真剣だから!

VIPPERからボクサーへ、突然のジョブチェンジ 半年前から急にボクシングを始めた私に、旧友たちは困惑の色を隠せなかったようだ。 「…なんでボクシング?」「ボクササイズじゃなくて…?」「え?週5で練習してんの?は?」 それもそうだ。至極まっとうな疑問である。なぜなら旧友たちの間で私は「インターネット大好き引きこもり内向的根暗のVIPPER」と認識されており、そのイメージは大正解である。ではなぜボクシ
塩山 あゆみ
62

学生時代の集大成、卒業論文

私は今、哲学科に在籍しています。 哲学科、というとやはり哲学をやるところと思われると思うのですが、私の大学では美術史というもう一つの専攻も設けられています。 私はその、美術史専攻で東洋美術史、特に小袖雛形本という、着物のデザイン見本帳を江戸時代前期を中心に研究してきました。 卒業論文のテーマもこの主題に沿ったものですが、ここに辿り着くまで私は大きな周り道をしてきました。 初めての哲学 私は、美術が好
Shinozaki Yusuke
910

東京-京都をママチャリで完走した話②

前回までの振り返り 何となく思いつきで友人2人と京都から東京を目指し、ママチャリで旅に出る。1日目は京都駅を出発し、滋賀を越え、三重まで進んだ。そこでトラブルが発生するが、スーパーのおばちゃんという 女神 に助けられ、無事?1日目を終えることが出来た。 (詳しくは①参照) 2日目 スーパーのおばちゃんの家で朝を迎えた僕らには、温かくおいしい朝食が用意されていました。 おにぎりとみそ汁がこんなにおいし
Shinozaki Yusuke
1155
2

東京-京都をママチャリで完走した話①

まあ、そうですね。 今年の3月、、 同志社大生の僕は、ふと思い立って友人とマクドで、 「うーん、、東京行かね?笑」 とノリでなったわけです。 で、出発は速攻で来週と、、あれよあれよというまに決まって、さあ行こうかと当日を迎えたわけです。 1日目 いよいよ出発の日。 しかし、当日の予報はまさかの雨ww 空を見上げると、もう今にもふってきそうです。 雨...やだなあ、とそんなことを思いながらまあ、友人の
秋澤 幸太郎
920
3

アメリカで英語話せない二人が飛行機乗り遅れて死にそうになった話

僕は大学4年のころ友達と二人でアメリカに旅行にムササビのようにいきました。 それはニューヨークのマンハッタンに友達が留学していたので、ラウンドワンに行く感覚で遊びにいきました。 もちのロン毛で僕も友達も英語は話せません。 ただ旅行でグアムやサイパン等の観光地に行ったことのあった僕は、片言の英語でもなんとかコミュニケーションがとれると思っていました。 スペック 僕 大学4年 理系 夏休み 英語できな
溝部 康博
203
2

日本IBMとヤマハ発動機で得た貴重な人生体験(その2)

その1が、自分の予想以上に反響がありました。(足跡で500ビューを越えました。) 2回で終了するつもりでしたが、「読んでよかった!」が10個を越えるようであれば、もう少し続きを書いてみたくなりました。 3、ビジネス形態の比較(感動創造 VS BUG=Money) YMCで私が担当した商品は、バイク。IBMJでは、catiaというCADのソフトウエア。 私が担当したスポーツバイクという商品は、お客様に

書きかけのストーリー

花井 大地さんにもっと聞きたい話リクエストする

|