STORYS.JP

望月 大作

※現在、facebookの友だちは、ほぼ実際にお会いしているかたばかりなので、申し訳ありませんが、実際にご面識のない方からの申請は、基本的にお断りさせていただいております。

○自己紹介

・高校時代
高校時代は、嵯峨野高校京都こすもす科というところにて、学問の面白さを学びました。
http://bit.ly/gbQIy8

・大学時代
大学にはマスメディア志望で入ったものの、なかなかそういった機会は巡り合わせにならず、主にサブカル畑を歩み、大学院に進む。
大学院では哲学をベースにした広告の読み解き方などをベースに学び、修士論文はガンダムをテーマにした論文を135ページほど書き、無事に修了する。
また、企画や講演会等を多く手掛け、リリー・フランキー氏や鈴木光司氏などを招いた講演会をトータルで企画。

・社会人時代
大学院を出た後に、IT系ベンチャー企業に入社する。ここで社会人マナーや、現在の基礎になるIT技術などを習得するに至る。

・現在の時代
Twitterに出逢ったことで、徐々に生活が変わっていき、粒谷区が出来たことで、それは決定的になる。
ツブヤ大学の統括プロデューサーとして、RaKuGoやGaMe講座など、様々なものを企画ディレクションしている。
2011年1月25日にはNPO法人化を果たし、さらなる飛躍を目指している。
昨年は京都でも、言い出した張本人として、京都Twitter博覧会。同志社裏EVEなどの企画に関わる。
横浜ウォーカーさんなどとも、ヨコハマツイッターナイトフィーバー☆の企画を展開中☆

2011年6月より2012年3月まで、ハマトリアムカフェ副編集長を務め、編集全般を担当。

2012年4月からは、「スマポ」というアプリを制作している株式会社スポットライトで広報のお仕事兼ユーザーサポートの対応をしつつ、しがないライターとしても活動中。

2011年9月より企画を開始したSoLaBoも近々一般社団法人化予定。
SoLaBoではミックスコーディネーターを担当。その他+αもあるかも。


つながりがいろいろなつながりを呼んで、今の自分があります。


最近は横浜での活動も多く、たまにヨコハマ経済新聞に記事を書いたり、横浜でのブクブク交換を始めてみたり、自分でもちょっぴりカオスな、部活的Webマガジンという「subcre.com」というのはじめてみたりしてます。

ツブヤ大学
http://univ2289.jp

subcre.com
http://subcre.com/

SoLaBo
https://www.facebook.com/solabo.net

NPO法人ツブヤ・ユニバーシティー代表
ツブヤ大学統括プロデューサー
subcre.com編集長
Spotlight inc 広報
SoLaBo ミックスコーディネーター

ストーリーをリクエストする

望月 大作の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

望月 大作さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

望月 大作さんにもっと聞きたい話リクエストする

|