STORYS.JP

Miyauchi Daisuke

Miyauchi Daisukeの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Miyauchi Daisukeの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

春明 力
126
6

【後篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。

この話は・・・ 【前篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。 【中篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。 の続きになります。 「ブログで伝える」ことを決めてから、数か月後・・・ 電話が鳴りました。 ブログを見てくれた人が、 仕事の依
春明 力
131
5

【中篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。

このストーリーは、 【前篇】「人のせい」にばかりしてたダメ社長が、「一生食べていける仕事」がダメになって、「一生食べていける生き方」を身につけた話。 の続きになります。 ---------------------------------------------- 僕が言うとおりのシステムをつくってくれたら、 うちの会社で売ってあげるよ。 月最低でも20本は売れるから、 毎月最低でも100万は保証でき
山本 昌美
36

運動会まであと10日①

娘が登校を渋るようになって数日。 運動会があと10日というところまで迫ってきました。 運動会では徒競走の他、リズム体操とEXILEの銀河鉄道999に合わせて旗を使う演技を行うことになっています。 この頃になって、娘がだんだん運動会の練習について話し始めるようになったことでようやく気付いたのですが、どうやら徒競走の練習で毎回最下位争いをしているようでした。 幼いころからちょっぴり運動を苦手とする娘にと
山本 昌美
25

母子登校②

いつもの通学路を 反対方向へ歩き出した私たち。   何気ない会話をしながら 遠回りをしながら   徐々に 一歩ずつ 学校へ近づいていきます。   学校まであと数メートル。   とうとう娘の歩みが止まりました。 【やっぱりだめ。行きたくない。】 そういいながら元来た道を戻り始めます。 私はあえて後を追いませんでした。   とにかく娘には 「考えて 自分なりの答えを出して 誰かに伝える」 ことをして欲し
山本 昌美
20

母子登校①

面談をしていただいた次の日。 また 娘にとって つらい つらい 朝が来ます。 なかなか起きてこない→大泣きパターンが出来上がりつつあり、私の中で少し焦りが出始めてきました。 少しでもこの悪い流れを断ち切ろうと、今日から娘に付き添って登校することに決め、職場には娘の体調が悪いことにして、お休みをいただきました。 「さあ、ご飯を食べて。食べられるだけでいいから。時間になったら出かけるよ。今日はお母さんが
山本 昌美
16

面談②

面談をしていただくため、学校へ赴いた私たち。 まずは担任の先生にご挨拶をするために、職員室を目指します。 昇降口から職員室までの薄暗い廊下のほんの数メートル。 なぜかここへきて緊張しだす ヘタレな私。 ・・・はて。 担任の先生ってどんなだったっけ? えっと・・・、男性の方だということだけはわかっていたのですが、実はこれが初対面だったりします。 「ええい、緊張していたって来てしまったら会って話をするし
山本 昌美
32

お母さん、学校行きたくない

今でも続く、長い長い不登校との戦い。 その日は突然やってきました。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~ 朝6:30 「朝だよ、起きて」 こう声をかければ、いつもならパッと目を覚まして起きだしてくるはずの娘。 この日はなかなか起きてきませんでした。 7:00 もう起きないと学校に間に合いません。 「いい加減起きなさいっ!!」 私は思わず声を荒げてしまいました。 その声に驚いて目を覚ました次の瞬間 娘の
Murakami Honoka
69
1

クズなお父さんが赤の他人に変身した話。

この話はお父さんの愚痴しかない。高校2年生の前向きじゃない話です。 私はお父さんが大好きだった。 私は4人家族でお父さんとお母さんと弟で楽しく仲良く暮らしていた。 でもお母さんは弟が大好きで、弟もお母さんが大好きでおばあちゃんもおじいちゃんも弟が大好きで、私はそっちのけだった。 強がりだったからさみしいなんて一言も言わなかったけど。 でも我慢できなくて弟に当たってた。 お父さんは仕事で帰ってくるのも
大貫 恵
11355
133

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
春明 力
652
9

ケチ男が全財産の5万円を握りしめて、タイに新婚旅行に行ったおかげで、ビジネスが軌道に乗り始めた話。

新婚旅行はタイに行こう!! そう決めて・・・ タイへの新婚旅行の飛行機代・ホテル代を払ったのは、まだ会社に勤めてた頃の 5月 ごろでした。 その時には、数か月後に起業することは決めていました。 だけど、楽天家の僕は その頃には、うまく行ってて 贅沢な旅行ができるかもしれない。 なんて、思ってたわけです。 で・・・ 実際に新婚旅行に行く前日。 12月 の最終週の頃。 僕の銀行口座には、0円。 財布の中

書きかけのストーリー

Miyauchi Daisukeさんの書きかけのストーリーはありません

Miyauchi Daisukeさんにもっと聞きたい話リクエストする

|