STORYS.JP

Chang Daniel

Chang Danielの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Chang Danielの人生のストーリー

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it.html 思い返せば、過去の経験は何一つ無駄になっていないと感じる。 それは自分が凄いことをやってきたわけでも何もない。10歳からゲームにはまり、三箇所の中学へ行き、2つの中学校卒業証明書を持ち、16歳で高校中退というよく判らないが、基本的に社会のはみ出し者という十代

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(台湾編)

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it2.html (これは 前篇 の続き) 基隆は台北の東に位置している、15年立っても殆ど変わらない寂れた港町。一年中雨が降るため、「雨の港」とも呼ばれている基隆は僕が生まれた街であり、日本へ行く前の13年間過ごした場所でもある。基隆の近くにある九份という街があるが、「魔

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(IT Startup/最終編)

皆さん、ご無沙汰しております。あれから半年過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか?^_^  僕はアメリカでのスタートアップCouchSurfingを経験した後、台湾のテレビ番組に出演しました。昔で言うねるとんみたいなものですが、男性1名と女性5名という組み合わせでした。(サービスの宣伝のために行ったわけですが、友人知人に大いに笑ってもらいました。) その後、中国でも同じようにスタートアップのために、

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(起業編)

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it_15.html (これは 台湾編 の続きです) 「日本社会大学社会科」というトリックによって、学歴重視の台湾就職市場でもサバイバル出来た僕は、順調にしょっちゅう出張が出来る仕事についた。日本市場の開拓という職務だったため、出張先は日本のみだったが、それでも良かった。何

成功するために、一日一善の他、一日一発も必要

現代社会なら、就職でも、起業でも、多くの人は右の道を選ぶだろう。でも、今日シェアしたいのは、直線での成功方法であって、ヘアピンカーブが続く山道ではない。 人よりも早く成功したければ、スピードは要である。出世のルート上で車を運転してもいいし、バイクに乗ったり、自転車を漕いたりしてもよい。道の広さが限られているこの出世道で、車が必ずしもベストチョイスとは限らない。車がバイクに邪魔され、スピードが出せない

台湾人の友達

<前述> ご存知の通り、台湾は日本の植民地でした。そのため日本語が話せる年配の方も多いし、一部の台湾語も日本語に影響されているほど、日本の影響を深く受けている国です。統治されていた植民地の中で、国民全体が日本に対して好意を持つ国は台湾のみなのではないかと思います。 <作者紹介> Daniel Changは13歳~28歳まで日本に滞在しており、高校を3ヶ月で中退し、肉屋、キャバクラ、パークハイアット東

読んでよかったストーリー

Okamoto Yoichi
29
2

勘違いで潰れそうになった落ちこぼれが、〇〇に励まされ重要提案を通したり、投資で成功する話

今、私は、起業のために様々な準備をしているが、その計画に大きな変化を迫られている。 その中で、不安も多いが、確かに私の起業の理由は、これからの方針に一条の光を投げかけてくれている事に気が付いた。 だから起業の理由を聞いてくれて助かったし、不安な私の励増してくれたことに感謝している。 私は、昔、カリフォルニアの大学に留学、心理学を勉強していた。 当時、カリフォルニアの大学では、大学生の研究が教授に認め
田淵 寛子
165
3

【番外編】萌え系お好み焼き屋のコンセプトをなぜ変更したか(1)ターゲットは誰

そもそものコンセプト フランスでは、日本のPOPカルチャーを展示する、 JAPAN EXPOに毎年約20万人の動員があります。 そんな理由で、当初お好み焼き屋をただ出すだけでは面白くない、 フランスで流行っているアニメ等日本のPOPカルチャーを取り入れるのだ! と言って、萌え系、つまりは コスプレお好み焼き屋 をするつもりで居ました。 実際に来てみて…。 パリに引っ越して来て、ゲーム屋の集まる場所、
Chang Daniel
647
28

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(台湾編)

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it2.html (これは 前篇 の続き) 基隆は台北の東に位置している、15年立っても殆ど変わらない寂れた港町。一年中雨が降るため、「雨の港」とも呼ばれている基隆は僕が生まれた街であり、日本へ行く前の13年間過ごした場所でもある。基隆の近くにある九份という街があるが、「魔
Chang Daniel
1404
59

元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話

STORYS.JPで読めない方はこちら: http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it.html 思い返せば、過去の経験は何一つ無駄になっていないと感じる。 それは自分が凄いことをやってきたわけでも何もない。10歳からゲームにはまり、三箇所の中学へ行き、2つの中学校卒業証明書を持ち、16歳で高校中退というよく判らないが、基本的に社会のはみ出し者という十代

書きかけのストーリー

Chang Danielさんにもっと聞きたい話リクエストする

|