STORYS.JP

さんぼんがわ どどこ

さんぼんがわ どどこの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

さんぼんがわ どどこの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Takai Rei
6076
10

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑤人を嫌うときは必ず自分の心に問題があるって話。

[陰性感情:怒り・恐れ・焦り・後悔・不安・自信喪失・孤独感・嫌悪感などの負の感情] 精神科の看護は一般科より患者との 「関わり」 がメインにある。 点滴や注射薬などを確実に行くようにすること以上に、患者としっかり関わることが大事な仕事である。 なぜなら 人間の心は薬では癒されない。 「心ある関わり」で人間の心は初めて癒される から。 つまり精神科に求められるものは、医者のキュアではなく看護のケアその
阿部 真人
253
11

30日の新幹線放火事件、団塊世代は何故自殺に走ったのか?

やがてあからさまにされるこの方の自殺の原因。団塊世代が要介護になった時点で想定できるもの 30日東海道新幹線の焼身自殺のニュースは激震が走った。安全な乗り物である新幹線は一歩間違えると飛行機並みに凶器となることがわかった。しかも新横浜~小田原といえば最も混雑する区間ではないか?もし爆発物を持ち込まれたらたまったものではない。 今日(1日)ニュースを見た。自殺した方は燃料を浴び着火するまで燃えた1号者
神谷 純平
2533
65

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

お母さんが言ってたの! 人生をワクワク生きる為には、 荷物を持つ不安よりも大切な ◯◯を持ちなさいって。 はじめまして。一年のほとんどを海外で旅しながら『好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活』を実践している神谷純平といいます。 いまから8年前、わたしはうつ病でベッドから立ち上がることが出来なくなっていた時期があります。 その時、同じアルバイト先のゴンちゃんから、人生を変えるきっかけを貰
どり あん
113
4

ホームレスとヒキコモリ7(終)

上野駅へ向かう為、電車のなか ヨシダおじちゃん お腹が減ってる時はね。バナナを食べるんだよ。安くてたくさんあるからね。でも、すぐ出ちゃうけどね。 どりあん (頷く) 編集 ヨシダおじちゃん 寒い時はね。山手線に乗っとくといいんだよ。ずっとグルグルまわっているからね。眠るにはちょうどいいの。 どりあん (頷く) 編集 おじちゃんは自分で自分のことを決してホームレスとは言わなかった。 だけど、持ち物や話
神谷 純平
1202
22

”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

今日も一日、はじまるのか・・・ やっぱりつまらない。セブンイレブンで朝食を買う日課をこなしながら感じていた行き詰まり この仕事を続けている以上、毎日電車に揺られて同じ職場に行く日々が見えている。 やったら出来る。 日本で一番の営業成績。 そんな安心感と、華やかに見えていた生活も、これから出逢うある人から見ると、私の人生は完全に終わっていました。            ある人 (画像はイメージです。)

書きかけのストーリー

さんぼんがわ どどこさんの書きかけのストーリーはありません

さんぼんがわ どどこさんにもっと聞きたい話リクエストする

|