STORYS.JP

Ohshima Eriko

Ohshima Erikoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ohshima Erikoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kuribara Kao
1513
17

婚活してみて分かった大切なこと3つ 

 皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?  我が家はこのゴールデンウィーク中にx年目の「入籍記念日」を迎えました(もちろんであった記念日と結婚記念日は別にある←笑)  数年前のこの日に婚姻届を出したのだな~と思うと感慨も深く、同時に「1年持ったら御の字だわw」という夢のなさではじまったこの結婚生活。  以外にも長く続き、今でも仲良く暮らしています。  私と私の親族以外(笑)の周囲は「この
白石 悠
490
10

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話

2013年4月5日僕はインターネットカフェにいた。 二日目に突入したネットカフェでの滞在。 なんで俺はここにいるんだったけ? 仕事が出来ずうだつの上がらない僕は上司や先輩に毎日のように叱られ日々のサービス残業、そして溜まってゆく仕事に限界を感じていた。 自分が腐っていく感覚がわかった。 もう無理だ。 休み明けの朝、僕はその日出勤せず実家近くのネットカフェに逃げ込んで、ずっと「 痛くない自殺 」をキー
芝 ケン
235

大学生までABCしか出来なかった私がヨーロッパで働いている話(現在進行形)『入社後』

希望通り食品関連の企業で働く事になり、神戸に配属されます。 毎日何千、何万とある食材を覚えながら営業に向かいます。 2年目から人によっては稼ぎ時のお盆、正月、GWはありません。 残業も多い会社でしたがそんな事も簡単に耐えられ、むしろ楽しく仕事を出来ていたのは海外での経験があったからだと思います。 忙しく働く中、ある日大学時代の友人から1本のメールが入ります。 『教授が亡くなられました。葬儀は明後日で
大貫 恵
11059
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
Fujiwara Ai
9973
33

まだ一回も婦人科検診を受けたことがない20代女性がいたら是非読んで欲しい、卵巣手術した時のお話。

だってこわいもん。 2012年3月末、当時25歳の私は初めて産婦人科へ検診に行きました。 周りの友人が急に子宮頸がんとか言いだして、検診行った?とか聞かれて 答えがノーだと凄い勢いで受けなさいよと言われていた、 のに なかなか行けずにいました。みんなも怖いよね? 正直未知の世界が怖かったし 病院好きじゃないし(好きな人いないか) 私はきっと大丈夫だろうと自負していました。 そんな私が行こうと奮起し
m m
693
11

クラスでハブられ、恋愛依存、就活全敗コミュ障の私が、国の「IT講習会」のおかげで就職できた話

キモイと呼ばれハブられた中学時代 一人でお弁当を食べていた高校時代 恋愛ごっこの短大時代 自分の人生を否定された面接 失恋 IT講習会との出会い やりたいことを見つけたフリーター時代 現在、そしてストーリーを書いたきっかけ おまけ キモイと呼ばれハブられた中学時代  1995年。  楽しみにしていた「技術・家庭科」のコンピュータの授業で、私の 「ハミ子」 (仲間はずれ) は決定的なものとなった。  
m m
9230
133

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・後篇

※ このストーリーは「5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇」の続きになります。 前篇はこちら… http://storys.jp/story/7157 【後篇の全文字数:約11,000字】 15.2007年9月6日 16.6週間の休暇 17.職場復帰 18.腎臓の病気を発症 19.夫の浮気 20.入院の夜 21.心が離れた理由、そして離婚 22.再婚と出産

書きかけのストーリー

Ohshima Erikoさんの書きかけのストーリーはありません

Ohshima Erikoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|