STORYS.JP

Imai Fusae

Imai Fusaeの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Imai Fusaeの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

ほー りぃ
440
7

靴磨き職人から年商9桁まで這い上がった物語

ホームレスを覚悟した、24歳の冬 今でも忘れはしない、2013年真冬の2月3日、午前8時 大阪梅田の一等地の阪急百貨店前の歩道橋で人生をかけた勝負が始まる。 これができなければホームレス、そう覚悟をして家を出る。 今まで24年間で積み上げてきた、 簿記やFP、宅建などの資格や 学生時代にも起業したり、 学生団体を作って5000人集めたりで活動した実績 今持っているプライドをすべて捨て 本当の0から自
Shono Maho
5002
10

第3話 絶対見てはいけないもの。【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

人生を変えるのはいつも人との出会いだった。 しかも、 え?漫画ですか?小説ですか? というくらい、分かりやすいオチつきの出会いがたまにやってくる。 その出会いが本当に人生の角度を思いっきり変えてしまうのだ。 この日の出会いも変わっていて、その日一日ずっと変な日だった。 もう路頭に迷っていた。 まずこの時の説明をすると、時間は2010年の夏頃で、東京で二回目の服の専門学校へ通っていた。 この時の私はも
西條 智之
25

叱られることの大切さ

先日、近所のあるスーパーで起こった、とても印象の深い出来事がありました。 あるご夫婦が、買い物に来られて、レジで清算をしようとしました。その時、アルバイトの店員さんは、お客様がお買い求めになった「プリン」をスキャナーに通そうとしました。しかしながら、センサーに感じなかったのです。           そこで、バーコードについた水分を手で拭い取ろうとしました。その時、力が入り過ぎて、バーコードのラベル
丸山 知紗
248

挫折を繰り返し、みんなからサルと呼ばれた女が、ダイエットの先生になりYouTuberになったストーリー

私はただの『サル』だった。 『サル』だったけど、諦めなかった。 『サル』だったけど、負けたくなかった。 『サルがなぜダイエットの先生になったのか!?』 『サルがなぜYoutuberになったのか!?』 はじめまして。Chisaと申します。 本名は、丸山知紗です。 長いですがわたしがなぜダイエットの先生になり なぜ、YouTuberになったかのストーリーです。 私は山梨県の甲府市で産まれた。 父は元警察
キョウダイ セブン
42
2

(5位)、第百六章 医者がエリートと思っていますか?

第百六章 「医者がエリートと思っていますか?」   私の塾の合格実績として「京大医学部」「阪大医学部」「名大医学部」「東京医科歯科大」などと書くと 「何をえらっそうに!」  と誹謗中傷がとぶことが多い。八つ当たり、妬み、僻み、嫉妬など、人間の醜い面が現れる。それも、匿名のメールや掲示板の書き込みや、正々堂々と意見表面ができない情けない人たちが多い。   確かに、医者になる人は親の平均収入は一般の平均
坪井 雄弘
1702

発達障害の息子と育児ノイローゼの嫁から家族の本当の幸せを教えてもらった話 第3回

育児に自信がない 嫁さんにその兆候が現れたのは 長男が小学校に上がる直前の3年ほど前からです ある日、地元の教育委員会からお手紙が届いていました。 長男の小学校への進級について相談があると そこで言われたのは 教育委員会の方 息子さんが普通学級に進むのは厳しいかもしれません。 そこで僕たち夫婦はようやく気づいたのです 長男が 普通ではないこと それを聞いたボクと嫁さんは 嫁さん やっぱり・・・ とい
Sakurai Shota
2299
1

新卒で入社した会社を2年で辞めて転職活動をした話

2013年3月末… 新卒で入った会社を辞める事にした。 僕が大学を卒業後、入社をしたのは設立40年を超える中堅日用雑貨メーカー。 入社後すぐそこの商品企画兼バイヤー職に就いた。 僕自身、大学で中国語を専攻していたこともあり、入社直後から月に一度は海外出張に行ったり、周囲から見たら恵まれた環境だったと思う。 どうしてそんな恵まれた環境で仕事をしていたのに辞める事にしたか、 理由は以下2つだ。 1,上司
只石 昌幸
1429
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
志 帆
1999
12

バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

遅刻は年間60回以上。よく補習に顔を出す。 テストで2点を叩き出し、隣のクラスにまで知れ渡る。 サボリが多く、「あと一回授業を休んだら留年です。出席して下さい。」という手紙が先生から届く。 試験をサボって友人とラーメンを食べに行き、追試をくらう。 授業態度の悪さから、座席は常に一番前の列、真ん中の「お見合い席(うちの高校ではそう呼ばれていた)」。 そんな、ふざけた高校生でした。 「大学行かないで、中
Himeno Sanae
274

キャバ嬢が就職エージェントを利用して気づいたこと

賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう? 突き詰めて考えれば、未来とは、まだ訪れていないすべての瞬間だ。 でも、未来がなぜ特別で大切なのかといえば、それが「まだ訪れていない」からではなく、 その時に「世界が今と違う姿になっている」からだ。 by 本:ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか 未来とは、現在と違った未来がある場合のみ、未来と呼ぶ。 と、いうことで 無事に社会人になった

書きかけのストーリー

Imai Fusaeさんの書きかけのストーリーはありません

Imai Fusaeさんにもっと聞きたい話リクエストする

|