STORYS.JP

isshesy gg

isshesy ggの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

isshesy ggの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

阪口 ユウキ
41449
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
麻丘 亜希
1482
15

OLが脱サラをして、未経験ながらデザイナーになった話

私はウエディングエプロン デザイナーです。 私はネットショップでオリジナルのエプロンを販売しています。 結婚式の演出用で、花嫁さんがウエディングドレスの上に着用するエプロンです。 すなわち、ウエディングエプロンです。 こんな風に伝えると 「お裁縫が得意なんですね」 と言われますがそんなことはありません。w 商品の製作は、縫製工場にお任せしています。 工場は地元に貢献したいとの思いから、大阪の会社にお
金子 健太
1730
2

2500時間の就職活動をして手に入れた大手銀行の内定を辞退し、親不孝で買い物依存症の僕が起業した話

大手企業の内定をとることが人生の勝ち組だ と勘違いしていた大学時代の僕。 その勘違いに気づかず、 就職活動に2500時間を捧げた。 大手銀行の内定獲得後。 就職することに疑問を抱き、誰にも相談せずに内定を辞退。 そのことがきっかけで 「クズ野郎。親不孝な奴だ。」 と罵倒され、ほとんどの友達を失った。 学生生活が一変し、極度のストレスから買い物依存症になり半年で 300万円の借金 を背負うほどまでに生
大柴 貴紀
1272
10

16歳夏の忘れられない悲しい出来事

これまでの人生で最も勉強をした時期である中学3年の冬。僕の勉強机は家族の寝室の一角にあった。夜遅く勉強する時は部屋の電気を消し、机の蛍光灯だけで勉強した。傍らには家族が寝ていた。机の蛍光灯が寝ている母親の顔に当たらないように工夫したりした。この頃、母親の体調が急激に悪くなっていた。 母親の様子が少しおかしいなと気づいたのは秋くらいだった。これまで就寝時以外に横になっているのを見た事がなかったが、この
Ohta Yuki
133
3

本氣で生きる人たち

今日、命賭けで生きてる人を見ました。 本日とある街中で、車にひかれそうになりながら、電動車椅子で格好よくシャーッと横断歩道を渡っていた男性です。 その時、思い出しました。 私が知る、いつも【本氣】で生きている人たちのこと。 まだ幼い娘さんが不治の難病に侵され、いつ発作が出るか判らないので、彼女の笑顔が見られるのは、これが最後かもしれないと毎日思いながら、片道1時間半かけて出勤する同僚の人のこと。 ア
千藤 寿美恵
110
1

手染めの靴を作るまで

storys.jpの読者の皆様。 初めまして。 shoes designerの千藤です。 shoes designerとして、永く靴作りをしています。 全国各地で販売されるような量産型の靴のデザインをする一方、ちょっと他に無いこだわりの靴を作り、合同展に参加したり個展を開催したりもしています。 そういった「個」に向けた靴作りをする内に、より他にはない、他の人が持っていない個人オーダーの「一期一会」の
大久保 志朗
78

"Every moments has its music"

使っていなかったソニーのウォークマンを立ち上げた時にこんな文字が浮かび上がってきた。 “Every moments has its music” 真理だと思う。 思い出と、瞬間とリンクした音楽はこうも先に続く。 本郷三丁目を、ドビュッシーの「月の光」を聴きながら歩いていると、梅が咲いていた。 ふと、中学の卒業式のことを思い出す。 「泣くわけなんてないさ」なんて、いつもと同じように小突きあってた卒業式
八島 伸介
97
2

超絶不況下でのキャリアチェンジ

社会人2年目で失業・・ 2008年に会社が経営危機に陥り、その年末に退職しました。 事実上のクビ・・・ 理由はともあれ、事実として、社会人2年目の冬に早くも仕事を失っていたわけです。 ただ、今振り返ると、その会社に入ったこと、そして、この経験が非常に重要だったと振り返っています。 というのも、その会社で必死に働いて身に付いた考え方やスキルに支えられて、2社目・3社目と仕事の結果が生まれている実感を得
大塚 雄介
182
1

世界を少し先へ進めるには、いつから始めても遅い事なんてない。

33才になって 一昨日で33才になりました。 10代の頃想像していた33才ってもっと大人びていて 落ちつていると思ったのですが、そんなことないものですね。 33才が若いのかおじさんなのか微妙ですが、 ”これまでにない新しい物を創りだし、少しでも世界を先に進めたい” そんな気持ちだけは昔から変わっていないです。 それこそ20代の頃は志だけで、何一つ形にすることもできなかったのですが、 今は仲間がいるこ
為本 晃弘
33

お金で買えない。

文字にすると凄く安っぽい感じがするのですが、個人的に凄く大事なことだと思った ので、備忘録的に書いておこうと思います。。 よく体力や能力以上に頑張り過ぎてしまったり、人がどう思うか気遣いが足りなくて 迷惑をかけることが非常に多くて、そのたびに色んなストレスを感じてきました。 何故なのかな、悪いことをしようという気はないはずなのに、と思いながら、どうしたらいいか分からずに来ていました。。 それで、休み

書きかけのストーリー

isshesy ggさんの書きかけのストーリーはありません

isshesy ggさんにもっと聞きたい話リクエストする

|