STORYS.JP

福田 豪

I love Beer!!!

ストーリーをリクエストする

福田 豪の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

只石 昌幸
2866
14

〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。

今、振り返っても・・一番辛くて、一番カネもなく、一番人生に投げやりだった頃に、彼女と出逢った 人生、 こんなはずじゃなかった・・・ 大学だって六大学に入れたし、就職は氷河期と言われる時代に第一希望の超優良企業である一部上場企業に入って、あれほど迷惑をかけてしまった両親に最高の親孝行をしたつもりでいた。 おかしいぞ。 「勉強して、良い会社に入社できたら、人生に勝てる」と教わったはずなのに・・・ 親や社
秦野 類
310
2

毎週火曜日 指なしおっちゃんに会う。

まなお  JKブランドという素晴らしい肩書きを所持しているのが誇り。 夢は日芸に合格して脚本家になること。 毎日を生き生きと!時には陽気に!時には真剣に!生きている。 私には人生のルールがある。 シンプルなのだが自分の中ではこれだけは曲げたくない。 そんなルール。 ・人と向き合う事から逃げない ・人と関わるならばその人から得るもの全てを得て自分に活かすこと ・辛くても傷つく事があっても最後は自分にと
阪口 ユウキ
41406
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
大貫 恵
11348
133

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
太原 大助
146
1

SEO内部対策のみでビッグワード1位を達成した話

新規ドメインで1年以内にビッグワードで1位を目指すことに ウチの会社で定期的に開催しているWeb集客の勉強会。 (↑セミナー会場として利用することがある、紀尾井フォーラム) 2012年11月の出席者の中にひときわ上品そうな男性がいた。 聞くと「レンタルサロン」なる事業を始めたいとのこと、その集客をWebでやりたいということで勉強会に出席してくれたようだった。 森さん 今度レンタルサロンを始めたいと思
太原 大助
1383
13

赤字美容室を買収[月100万円の赤字]→[月100万円の黒字]の軌跡

赤字店舗にも関わらずスタッフの給与を大幅にアップした。また休日も増やした。 店舗運営を始めてすぐに着手したことは現場で働いてくれているスタッフの給与UPだ。 求人採用にはとても多くの労力とコストがかかる。 それであれば既存のスタッフにできるだけ長く働いてもらえるようにするのが得策だと判断した。 赤字店舗にも関わらず、人件費が増えることには少しの抵抗があったが売上で挽回すればいいと思い決断した。 また
笹嶋 政昭
191
4

勤め人生活を終えて

今日、勤め人生活が終わった。たぶん勤め人に戻ることもないでしょう。 途中、3年ほどの自営業生活を除けば、ほぼ勤め人だった30年弱の「会社人生」も今日で終わりです。これからは悠々自適な生活ではなく、「自分のノウハウやちょっとした生活の知恵みたいなものをベースに、自分を育んでくれた社会への還元のため」の人生としたいと思います。なにより「自分が役に立つ場面でしっかりと結果を残す」ということが肝要だと思って
m m
9469
133

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・後篇

※ このストーリーは「5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇」の続きになります。 前篇はこちら… http://storys.jp/story/7157 【後篇の全文字数:約11,000字】 15.2007年9月6日 16.6週間の休暇 17.職場復帰 18.腎臓の病気を発症 19.夫の浮気 20.入院の夜 21.心が離れた理由、そして離婚 22.再婚と出産
寳槻 泰伸
3293
110

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
神崎 晃
325
3

【広島3】ひいおばあちゃんは160歳。2

ひいばあちゃんは、借金取りに行ってた ひいばあちゃんは土地持ちで、その日、いつものように、 家賃を払っていない人々のもとへ行っていた。ひいばあちゃんに借金をしていた人もいる。 田舎にいる人たちは、お金の代わりに食料をくれる。 それで、ひいばあちゃんとおばあちゃんたち一家は生きていた。 おばあちゃんは、ちいさな貿易会社の経理の仕事をしていて、 その日は、出張していた。 ドンという音を聞いて、出張先の山

書きかけのストーリー

福田 豪さんの書きかけのストーリーはありません

福田 豪さんにもっと聞きたい話リクエストする

|