STORYS.JP

Kobayashi Haruhiko

DADAという会社やってます。
クリエイティブワーク全般やります、基本制作系の会社です。
サブカル、アングラ、ファッションなどなどのカルチャー分野で、web,グラフィック,DTPから映像、空間まで幅広く。

http://dadainc.jp/

エウレカセブンが好きです。
アネモネが一番好きです。
メンヘラではありません。

ストーリーをリクエストする

Kobayashi Haruhikoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Himeno Sanae
5228
22

総額6万円の吉原高級ソープの原価計算

※原価計算だけ見たい人は一番下へ 風俗に高級とか大衆とかあるのか。 という疑問を持った私は、好奇心を抑えきれず、面接に行く事にした。 そんな女の子側からのSTORYである。(エロ要素なし) 入浴料とは?総額とは? なんだか良くわからないが、高額な店舗は、法律で入浴料しか表示できないらしい。 入浴料+サービス料=総額 まず、高級ソープランドを選ぶにあたり、高級の定義を調べる事にした。 基本的には、店舗
須藤 憲司
312
1

スタートアップを支える家族

僕が起業できたのは、家族の支えがあったからです。 「俺、いつかアメリカで起業しようと思ってる」 僕が最初に奥さんにその話をしたときは、3年前くらいでたしか結婚する前だったと思います。 そのとき、 「いいね!じゃあ私は何をしようかな?」 と言って、盛り上がってくれました。 2度目に話したのは、昨年の春でした。 「退職して、アメリカに行きたいと思ってる。」 その時は、まだ子供ができる前でした。 「そっか
Bana Choco
894
11

なぜか見ず知らずの欧米系ハーフ美女と一つ屋根の下二人で生活することに(現在進行形)1

2013年11月3日にフィリピンに到着し、マニラから夜行バスでバギオに来た。 フィリピン到着前、以前現地に滞在していた時に知り合ったフィリピン人女性複数に家に泊めてもらえないか連絡、フィリピン人は他人を家に招き入れることに対して抵抗があまりないため誰か泊めてくれるだろうと腹をくくっていた。この倫理観の無さが今回奇跡的な状況を生み出した。 連絡した女性の内の一人Aが、私の家には泊まれないが友人Lの家に
Fukuda Takuya
1706

あるスカウトマンの儚い初恋の物語

東京六本木スクランブル交差点 夕方の六本木のスクランブル交差点 仕事終わりのサラリーマン、夜の蝶の女性、多国籍の外人が行き交うこの場所に毎日自分がいる。 いつも通りキャバクラの出勤前の女の子に声をかけお店を紹介するのが俺の仕事 時には渋谷、新宿と昼間の街路時に立ちOLや学生にも声をかける。 紹介先はキャバクラに始まり風俗、AVと多岐に渡る。 どんなに可愛かろうが俺にとっては女の子=お金でしかなかった
金子 洋平
602

高校生の時アニメオタクが、24歳の時ファッションビジネスで起業する話 vol.1

元アニオタがファッションで起業する話 「ファッション×インターネット」というテーマで会社をやっている 株式会社ニューエイジの金子です。 現在会社は9期目で、ネット通販の事業がメインでやっています。 僕の現在の概要はプロフィールを参照してください。 たまたま、Storys.jpを知ったので、僕の起業のルーツみたいなものを 書いてこれから起業される方などの参考に少しでもなればと思っています。 僕のスト
甲斐 琢巳
309

【その①】全くの未経験から憧れのデザイナーとして上場企業に内定できた経営学部生の話

やりたいことって、なんだろう。 大学生になってから、ずっと考えてました。 高校生の時は地元宮崎でバンドをやっていて、コピーから始まり卒業前にはバンドでオリジナルの曲を作るまでどっぷりハマってました。 大学のために東京に来てからは高校のときのメンバーとは散り散りに。 大学でもバンドをやりたかったけれど、なかなか良いメンバーと出会えず、気づいたらバンドに対するモチベーションはどこか彼方へ消えていました
佐藤 健太郎
985

Start! JUGEM

資本提携の話が進んでいるとは露知らず社内ではブログサービスの立ち上げ準備が進行中だった。ロリポップ!では、お客様自身でインストールするタイプのブログを推していたが、申込みをしたらすぐに使えるASPと呼ばれるタイプの無料ブログサービスが相次いで立ち上がっていたため、ボクたちは危機感を感じ、新しいサービスとして準備していたのだ。オフィスに遊びに行ったらそのまま8人目のスタッフとして入社することになったデ
上谷 隆宏
631
3

pixiv作った時の話

イラストコミュニケーションサービスpixivを作るまでの話をします。 画像は公開した当時のpixiv プロローグ 今は殆ど無いですが作った当時は取材などでよく 「どうして作ろうと思ったんですか?」などと聞かれました。 基本引き篭もりで家から出たくない人なのでうまく答えらず、 代わりに片桐が答えたりしてました。 閑話休題。 イラスト描くことが趣味です。 最近漫画を描いたりもします。 好きなジャンルは百

書きかけのストーリー

Kobayashi Haruhikoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|