STORYS.JP

原田 遥

原田 遥の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

原田 遥の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kuribara Kao
2916
2

若年性脳梗塞になってみた その6  ~ 病院愛憎劇場開幕 感情をうまく出せなくなると笑うことしかできなくなる 〜

 さて恐怖の一夜を開けて異変がなかったこと、リハビリの先生から診ていただいて割と力が入ることなどから安静はとけぬままですが一般病室への移動が許されました。  これに私は大喜び!やっとこの緊張感あふれる空間から出れる!!  もっとも「大部屋が空いてないから個室だけど」と言われましたが・・・  先生、もうそんな優しい嘘はいいから(笑) HCUほどの管理はいらないけど個室じゃないとまだ駄目な容態なんでしょ
菱沼 真
15183
31

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を
大貫 恵
11062
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
大貫 恵
4844
3

甲状腺腫瘍を経験したアラサー女子のお話(手術~術後編)

こんにちは、おおぬきです。この甲状腺腫瘍もいよいよ手術編に入ります。手術後にツイッターに掲載した写真が残っていたので、この回から実際の画像を載せていきます。また、血の話などのちょっとグロイ話も出てきますので、大丈夫な方だけお進みくださいませ。 4月25日 手術当日。前日からの絶食で胃の中はスッカラカン。(手術の日…というか全身麻酔をする時の絶食理由は、麻酔後、人工呼吸器を差し込んだ時に嗚咽→胃の物が
Shono Maho
4967
13

第4話(前編)アフリカへ行く彼から学んだ"生きる"こと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

その日は朝からなんだか変な日だった。 まずその日の始まりは何となく立ち寄った新宿の電気屋さんからだった。 その時は七月の終わり。東京の街はコンクリートからの照り返しでとても蒸し暑く、あまりの暑さから逃げるようにして近くの電気屋さんに入った。 店内はクーラーがきいていて、とても涼しい。暑かった身体も10分も経てばすぐ冷えてしまうくらい。だから汗がひいたらすぐに帰るつもりのはずだった。 パソコン買わない

書きかけのストーリー

原田 遥さんの書きかけのストーリーはありません

原田 遥さんにもっと聞きたい話リクエストする

|