STORYS.JP

前田 遥

前田 遥の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

前田 遥の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

室田 泰文
680
10

『好きな事しかしないが、それには情熱を傾ける』自分の性格を人事部の部長が認め、富士フイルム入社後に何でもありになった話~退社までの流れ

このstoryは 『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』 の後編です。 【前回までのあらすじ】 ”好きな事しかしない”ヤスは大学時代、バスケットボールや語学学習(英語やドイツ語など)に明け暮れていた。化学が専攻だったのにもかかわらず、化学に関してはあまり勉強していなかった(その割に大学院まで行っていたが、、)。富士フイルムの入社試験で
町田 龍馬
56

「文章力が身につく本」から一部抜粋

「文章力が身につく本」(著:小笠原信之 http://p.tl/aHT0)の中でも、重要なものだけまとめた。 ■主語を明確にする 誤:忙しい時代、わずかなプライベートな時間も自由にならない。 ↓ 正:私はとても忙しいので、わずかなプライベートな時間も自由にならない。 ■推量は「らしい」、断定は「である」ー文の内容は断定、推量・断定のどれなのかを意識する。 誤:2005年、日本の人口が初めて自然減少し
町田 龍馬
3353
9

若者は絶対に知っておくべき日本の将来(2017年2月更新)

厚生労働省の印象操作によって、ほとんどの若者は気づいていないが、日本の若者の将来は絶望的だ。その理由を説明するので、真剣に考えて行動してほしい。 平成28年度(2016年)のデータを見ると、歳出の中で最も多くの割合を占めたのは「社会保障関係費」である。 (上画像は、 国税庁 より引用) 社会保障関係費の内訳は、以下の通り、金額順に「年金、医療、社会福祉、介護、少子化対策費」となっている。つまり社会保
Himeno Sanae
310
1

蛇にピアス(芥川賞)に魅せられて、女子高生が舌にピアスをあけてみる話

(違った意味での痛い話が入りますよ) 二人の書く小説が好き。 2004年芥川賞を受賞した若い女性二人の作品。(19歳とか20歳とか) 綿矢りさ先生の受賞作品は「蹴りたい背中」だが好きじゃないので1作品目「インストール」pickup。 綿谷りさ先生 インストール 映画化:上戸彩 女子高生が、小学生男子に斡旋されて出会い系のサクラのバイトを、彼んちの押し入れにドラえもん並みにこもってやる話。 ドラえもん

書きかけのストーリー

前田 遥さんの書きかけのストーリーはありません

前田 遥さんにもっと聞きたい話リクエストする

|