STORYS.JP

岡田 はる香

岡田 はる香の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

岡田 はる香の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Miura Kazuyuki
1075
33

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

Kazuyuki Miuraです。 こんな僕のしょうもない文章を読みにきてくれてほんとすいません。 ありがとうございます。 ・プロローグ このストーリーは英会話なんて簡単で誰でもほんとに出来るって事を書きたくて始めました。英語に興味がある方や留学してみたい人、仕事で英語が必要となった方の参考になればと思っています。 今では幼いお子さん(幼児)でも簡単に英会話に触れる事ができる環境が以前に比べてベター
Yamada Risako
1447
20

偏差値が低すぎて全科目偏差値測定不能だった子を都内お嬢様中学に合格させた塾講師のたった1つの言葉。

=================================== 「子供が勉強しない。馬鹿で困るんです。」 家庭教師をしている時にそんな相談を受けた。そんなお悩みを持つお母様方に送る 「私がスーパー馬鹿だった時の話」 =================================== ◆母「あんたは受験してOO中学に行きなさいね:D 」◆ それは私が小学校4年生だった時。突然そんなことを母
坂口 隆
520
3

元カノから連絡が来たのでかきます・・・

お水恋愛ファイル 1 〜元カノから連絡が〜  彼女が風俗に入った理由は, 旦那の暴力(DV)とギャンブルでの大借金、 そして、離婚、まだ小学1年生だった息子との生きていく生活の為。 それと、女手ひとつでミワちゃんを育ててくれたお母さんのの入院費を 稼ぎ続けなければならない為でした… ・ ・ ・ ちょっとそこのあなた。 ・ ・ ・ ・ ・ Hな事が好きですよね? 隠してもダメです。 ( ー`дー´)キ
Ninaki Shoichi
245
7

母がくれた言葉

僕がまだ幼い頃のお話。 僕が生まれ育ったのは九州・福岡県。 日本人の父、在日韓国人の母、そして僕の3人家族。 幼い頃から母は愛車カローラ(当時)の助手席に僕を乗せ、 いろんなところへ連れてってくれました。 母はドライブするときいつも車内で音楽を流してくれました。 ごはんを作るときの鼻歌はだいたい韓国の歌謡曲でしたが、 車で流す曲は海外のものが多かった気がします。 ビリージョエル、リチャードクレイダー
Ninaki Shoichi
391
9

時を超えるラブレター②

父はどうやら自分の命が絶たれる寸前まで、 僕がプレゼントした財布を大事に大事に使ってくれていたようだ。 中に見慣れないカードのようなものが入っていることに僕と母は気づく。 真っ白な2つ折りの、ちいさなカード。 何だろう? 僕も母も不思議に思って開いてみる。 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 紀美弘さん いつまでも初めて出逢った時の心を忘れないで、 私を愛してください! 鳳子より ・・・・・・・・・・
井上 祐巳梨
1644
12

世界196ヶ国60万人の中から、日本人唯一25人の中に選ばれた時の話

タイトルの通り、おおよそカジノで億万長者になる確率と似た確率で、ものすごい倍率を突破した時のお話です。でもこれは、私1人の話というよりは、応援してくださった方々全ての人たちのストーリーであると思っています。 オーストラリア政府の「世界最高の仕事」、ご存じでしょうか。2009年にクイーンズランド州にあるハミルトン島で「アイランドケアテイカー(島の管理人)」を世界的に募集をしたアレです。「楽しく暮らして
笹嶋 政昭
178
12

イスラエルに行った時のこと

 入国時は国賓待遇、出国時は一般旅行者待遇。この差は大きすぎます。  もう4年近く前の話です。自営時代に知り合った元経済公使で、現在の政府の局長さんの人と知り合ったことがきっかけでイスラエルとご縁が出来ました。  最初、イスラエルのハイテク産業の導出先探索のお手伝いみたいなことをやっていたのですが、そのうちにお手伝いを超えるお付き合いに。もちろん怪しい付き合いじゃないです。  自営から会社勤めになっ
松本 晃一
121
8

16000本のキャンドル

あの日、大地震発生から三十分後、 「道が割れてる!」 奇跡的に通じた電話の向こうから、福島県にいる友人が叫び、直後に途絶えた。 僕は名古屋にいた。テレビニュースを見ていた。 目を覆う津波の惨状が次々と放映された。 漁船が岸壁を超えて流されていた。海水が押し寄せて次々と家を押し流した。田園の道路を走る乗用車のすぐ後ろに、ガレキを飲み込んだ真っ黒い津波が迫る。 思わず言葉を失い、息が苦しくなる。 大津波
Nakatani Ai
720

【16歳】忘れたくない人 その1

初恋 冬の寒さが厳しさを増し、年も変わる頃から、ユウからの着信を無視するようになりました。 元から『好き』という感情があったわけではないから『嫌い』にもならないまま… 着信を無視した理由を説明するのが面倒くさいという気持ちが勝っていました。 次第にユウからの着信が少なくなっていき、私はどこか安堵していたのです。 チャットには相変わらず頻繁に接続していたので、特定のメンバーでよく話をするようになりまし
Sasajima Kayo
284

アメリカ人元貴族との異次元交流(2)

 そして気分が高揚したままロスに飛びました。  さて、ビバリーヒルズへのふわふわした旅行記のように仕上げるよりは、そこで交わされた会話を通して、私の中の日本的価値観と何が違ったのか、そのあたりに焦点を絞ってお話しようと思います。結果的に私の失敗談が中心になりますね(笑)。 (1)他人に足の裏を見せちゃいけない  ビバリーヒルズの邸宅に到着し、作家ご夫婦は笑顔で歓迎してくれました。まず邸宅の中のすべて

書きかけのストーリー

岡田 はる香さんの書きかけのストーリーはありません

岡田 はる香さんにもっと聞きたい話リクエストする

|