STORYS.JP

河崎 勇斗

河崎 勇斗の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

河崎 勇斗の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

たつみ かずき
543
4

計画的ひきこもり。「先生。ちょっと夏の間だけ学校休みます。」ひきこもっていたら友達100人できました。

いましかできないやりたくないことってなんだろう? こんにちは。長野県小谷村-OTARI-の古民家で宿を運営しているたつみです。 自分の過去を書きまとめる作業、3回目でございます。 誰もが持つ過去から紡がれる物語の断片を。 自己満足にもネットの世界へ解き放つ次第です。 お暇な方はどうぞお付き合いいただければこれ幸いにございます。 -2000年5月 中学校も新学年の2年生となり1ヶ月が過ぎた頃。 この頃
Yamamoto Yuri
2260
2

地獄の債務整理体験談 ~闇金、出会い系サイト、出会い系パーティ潜入、風俗で竹の子剥ぎに遭遇、マルチ商法に引っかかる、パチンコ釘師へ転職、パチンコ釘師とは?業務内容暴露、そして借金完済~

この体験談は事実です。 僕が借金を重ね、債務整理にいたるまでの体験談です。 ■第一章 始まり 「ラララむじんくん」のC M が全盛期だった頃。僕は2 0 歳だった。 その頃は大手修理メーカーに勤めており、月収1 5 万、手取り1 2 万だった。 日々の生活費や、ローンなどを差し引くと残りは約4 万位。その金 を増やすべく、 パチンコをやっていた。その頃は、黄門ちゃま全盛期。3 回ワンセ ットの爆裂機
山本 真由
48

ダウン症の妹と私

これはダウン症の妹をもつ私の今迄のおはなしです。 これを読んで少しでも多くの方が障害を理解し、また障害をもった兄弟のことを、恥ずかしいとか嫌だとか思う方にとって自慢の兄弟となればいいなと思って書きました。 初めて妹について説明されたのは確か小学校2年生だったと思う。 生まれたとき、3歳まで妹が皆とどこかが違うということが分かりませんでした。 体の小さい子はいるし、言葉があまり喋れなくても、小さい子は
Funamizu Mac
514
2

デザイナーの役割

自分は英語講師の後デザイナーになり、2年ほどしてからある銀行のインハウスデザイナーとして温々と5年ほど過ごした後、フリーランスでデザイナーをしていました。フリーランスは自分自信が会社なので、デザインのスキル以外に学ぶ点が非常に多く、同時にデザイナーとしても数多くの同業者の中で選ばれ、生き残っていく術を身につけることができました。おかげさまでヨーロッパと北米では少し著名になり、名指しでプロジェクトに呼
Kato Yuki
928
5

ひとり旅でフラフラしていたら、超偶然に、某有名旅雑誌のモデルに現地スカウトされてしまった話

「キミ、ひとり旅かい?」 「え?はい、そうですけど・・・?」 「『旅の手帖』という雑誌の記者なんだけど、実は今書いてる記事のテーマが『ひとり旅』でねえ。キミ、良かったら、記事のモデルになってくれないかい?」 「・・・・!?」 超偶然に、こんな事が起こったのは、こんないきさつだ。 2010年当時、私はとある事情で大学を休学し、東京に住んでいた。 ある日時間ができたので、ふと自由にきままに、どこか遠くへ
古新 舜
174
2

映画制作から従来の勉強とは違った学びの在り方に気付いた話〜シネマ・アクティブ・ラーニングを生み出すきっかけ〜

「映画制作には学校で学ぶ全ての科目が含まれている」 私は現在、映画監督として活動をしながら、映画を通じたワークショップを各地で開催しております。 そんな私ですが、実は、 元は大手予備校の物理講師であり、 映画業界とは全く縁遠い人間だった のです。 そして、映画を作る過程には、 学校の既存の科目とは全く違った学習方法 に気付いたのでした。 映画制作は、学校の新しいカリキュラムに成り得るのではと思えるよ
町田 龍馬
3154
9

若者は絶対に知っておくべき日本の将来(2017年2月更新)

厚生労働省の印象操作によって、ほとんどの若者は気づいていないが、日本の若者の将来は絶望的だ。その理由を説明するので、真剣に考えて行動してほしい。 平成28年度(2016年)のデータを見ると、歳出の中で最も多くの割合を占めたのは「社会保障関係費」である。 (上画像は、 国税庁 より引用) 社会保障関係費の内訳は、以下の通り、金額順に「年金、医療、社会福祉、介護、少子化対策費」となっている。つまり社会保
渕上 恭慎
821
9

国連で働くことをあきらめて、人力車の車伕になった後、起業した僕の物語。~①ゲイとの死闘&バックパッカー編~

知行合一(知識と行動は合わさって1つの知恵となる。)  僕はこれまで、この言葉をテーマに生きてきた。だから、知識を詰め込むだけの頭でっかちにならないよう、自分の経験を通じて学ぶことを大事にしてきた。今までやってきたことはこんな感じ。 ●大学4年間だけで、 1000冊以上の本を読んだ (主に哲学書、ビジネス書) ●初バックパックで旅した 東南アジアで盗難される (笑) ●インドでギターを背負って旅する
細川 寛将
841

中学の頃、包丁男に軟禁されてトラウマを持った僕が大学で全国模試1位を取るまでの軌跡④

床に座っていた女はみたことがなかったが、   僕の顔を見るなり女はニヤリと微笑んだ。   しかも少し露出した衣類を身にまとっている。   僕は、事態があらぬ方向に音を立てて進んでいることを直感ですぐにわかった。   そう、先ほど僕が「第三者はいないから大丈夫」   と言った「第三者」が、まさに目の前に出てきたのである。   それだけならまだいい。   なんと「被害者女性」としてそこに座っていたのであ
Kuchiki Seiichiro
433
20

良心は元カノの声をしていた

Photo by  Luis Hernandez はじめまして。医学生兼ライターの朽木( @amanojerk )です。 僕は医学部の学生をしながら、プロのライターとして活動しています。が、このように自己紹介をすると、「どうして」と聞かれることも多くあります。 話すと長いしふだんはいちいち説明などしないのですが、今回はせっかくなので、「なぜ僕が医学生兼ライターとして仕事をはじめたのか」をお話しします

書きかけのストーリー

河崎 勇斗さんの書きかけのストーリーはありません

河崎 勇斗さんにもっと聞きたい話リクエストする

|