STORYS.JP

Ishikawa Hideo

Ishikawa Hideoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ishikawa Hideoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

KUMON Story
157

わが子のためにお父さんが手作りした学習プリントが、『公文式』になった話

いつの時代も、どんな国でも、我が子を想う親の気持ちは同じ。 私たちは、"我が子を想う親の愛情"にスポットを当て、ストーリーを募集しています。 このストーリー募集企画は、『公文 公(とおる)』さんという、 1人の父親のストーリーから始まりました。 高校の数学教師である公さんは、妻の禎子(ていこ)さん、 そして3人の子供たちと共に大阪で暮らす5人家族。 ある初夏の日、禎子さんは小学校2年生の長男、毅(た
山本 裕子
582
8

一風堂のスタンプカードが私に教えてくれた大切な3つのこと。

プロローグ ずっと自分の中にだけしまっていたことがあります。 こんなとこで公表してもいいものなのか。しかし、もう自分だけでは抱えきれなくなってしまいました。 他の方の協力が必要なところまで。  あともうちょっとで夢が叶うのです。でもタイムリミットがあと1ヶ月半後にせまってしまった。。  なので… ついに 、 ついに。 バリスゴカードのスタンプについて、募集したいと思います。  ===========
Coco Nozzie
1146
8

トルコ半周の旅に出たら友人が男にモテまくった話

環境や土地、時代が変われば「モテる人」の条件も変わることは有名だ。 小学校の頃、社会の先生がこう言っていた。 「平安時代は痩せていることは貧しさの証だった。だから今のモデルのような女は平安時代ではモテないんだ。」 なるほど。もしかしたらポッチャリ女子ブームを自然に巻き起こしたいなら、タイムスリップの技術を発明するのが最も効果的かもしれないと今にして思う。 話を本題に戻そう。 これはホワイト企業に絶望
Yoshimura Naoya
221
6

18歳で初めて大失敗をした。暗い気持ちで立ち食いうどん屋に入った。注文してないおでんがでてきた。美味しかった。○○がたっぷりと入っていた。僕は強くなった。(後編)

駅のホームの立ち食いうどん屋さんで、注文してないのに出てきたおでんは、いままで食べたおでんの中で一番、美味しいおでんだった。  あのあばちゃんに会ってからも、僕はなんだかパッとしない気持ちの沈んだ日々を送っていた。  なんでこうなったんだろう。覚悟したのにストイックを貫くと決めたのに、そうもうまくいかない。とりあえず、講師がいうような予習とか復習とかはし始めたし、なんだかんだ勉強はするようになったけ
徳永 聡
479
6

あのとき、伝えられなかったけど。

受託Web制作会社でWebディレクターとして毎日働いている僕ですが、ほんの一瞬、数年前に1~2年ほど、学校の先生をやっていたことがある。 自分が卒業した母校である専門学校の先生。専門学校の、Web学科の講師。なんとなく当時のブログに書いていた日記をここに改めて書いてみようと思う。 あのとき、何が起きたのか。 あのとき、僕は何を考えたのか。 あれから、どうなったのか。 2008年03月10日22:08
小泉 憲一
1257
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
只石 昌幸
1350
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
寳槻 泰伸
3251
109

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
寳槻 泰伸
28837
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
三田 サンジ
216
6

大事な事はすべてパチスロから教わった(第10回ラスト)人に与え続ければいつかは返ってくる

僕が師匠と一緒にスロットを始めてから、はや2年が経った。 僕は、そろそろパチプロは引退しようと思っていた。 その理由は2つある。 1つは、やりたい事を見つけた事だ。 ある程度、お金も貯まり、やりたい事が出来るほどの資金が出来た。 “地元を離れ、自分のやりたい事をやろう" と最近、思うようになったからだ。 別にパチプロをしている事が嫌になったわけじゃない。 毎日師匠と一緒に面白おかしくパチプロをするこ

書きかけのストーリー

Ishikawa Hideoさんの書きかけのストーリーはありません

Ishikawa Hideoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|