STORYS.JP

森田 博明

『体験を創る教育家』
森田ヒロアキ プロフィール

Thanks millions代表
組織最適化コンサルタント
アチーバスプロフェッショナルトレーナー
アチーバスセラピー開発チームリーダー

埼玉県出身。大学卒業後、外資系生命保険会社にて生命保険募集代理店(個人代理店および法人代理店)の指導・育成に携わる。同じ研修をした代理店でもその成果に大きな差が生じたことから「人や組織が持てる力を発揮するためには何が必要なのか?」探求を始める。

 そこで培った教育への想いと「国家の教育を変えることがこの国を、そして世界をより豊かにすることに繋がる。」という確信を胸に文部科学事務官(国家公務員)に転身。東京大学・独立行政法人日本学術振興会・文部科学省などで研究費に関する調整業務に携わる。

 その後「この国をより豊かにするには、トップダウンよりもボトムアップのアプローチが必要である。」との結論に至りセミナー講師として独立。
 個人の能力開発に携わるうちに「個人が能力を発揮する要素」として『組織』に着目。
特に『所属する組織においていかに承認されているか?いかに必要とされているか?』『組織におけるリーダーと個人の関係性』『組織における個人と個人の関係性』に着目。

現在は『組織最適化コンサルタント』として「組織内に『認め合いの文化』を定着させ、メンバーの関係性を良くすることで成果を最大化する」アプローチを提供する。

最大の強みは、自身が「承認されず必要とされていないと感じた経験」と「承認され必要とされた経験」の双方を実体験として有していることである。

モットーは
・「最強の会社とは、風通しの良い家族のような組織である。」
・「社会の最小構成単位は男女のパートナー・夫婦であり、その『絆』が強固であれば子どもは背中を見て育つ。」

世界中の家族・企業・国家などあらゆる組織に『認め合いの文化』を浸透させ、お互いがお互いの違いを尊重し合い一人一人が本来持っている能力を発揮することができる社会を実現することを夢見ている。


趣味はお笑い・表現すること・瞑想・身体を動かすこと・格闘技など。


【アメリカ発の世界一影響力のある成功哲学をベースに作られた
「アチーバス」という研修・教育ツールと「承認」の力を活用し法人様および個人様向けに
チームビルディング
コミュニケーション
モチベーションアップなどを
お伝えしております。】

企業、学校、家族などあらゆる組織に有効なアプローチであると自負しております。


追記 
私が考える『アチーバスの研修ツールとしての価値』

・子どものように楽しく遊びながらナポレオン・ヒル博士の『マスターマインド』を体感することができる。
・メンバー全員がオーナーシップを発揮して、目標達成のために『考えながら動く』組織を構築することができる。
・組織で最大のパフォーマンスを出すための『行動のバランス』(利己的な行動:他者のための行動:組織のための行動)の仮説・検証の場となる。
・『人に与える経験』『人に与えられる経験』『人を助ける経験』『人に助けられる経験』を同時にすることができる。

以上です。

※礼節を重んじる人間でありたい
と考えているため、メッセージの
ないリクエストはお断りすることが
あります。

また、私の言動で
「礼節を欠いている」
と感じることがありましたら、
是非ご指摘ください。

いつまでも発展途上中の身なので、
ご迷惑をお掛けこともあるかも
しれません。

その際はどうかご容赦ください

2015年4月1日
次の居場所が見つかった、翌日に。
        森田博明

ストーリーをリクエストする

森田 博明の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

柳田 千恵
641
4

親は子どもに育てられる。~反抗期、非行、中絶、ひきこもり、摂食障害、うつ、流産、育児ノイローゼを越えて、今~

「こんなこと、みんなが感じてるから仕方ないんだ」 なんて事はない。 「子育てはみんながするんだから、苦しんでもあたり前」 なんて事もない。   「悲しみや苦しさに大きさなんて関係ない」 そんなことに気づくのに、私は随分と遠回りをしました。   大人の意図をくみ取るのが得意で、 いい子として過ごした小学生時代。 自分という人間を認めてもらえない歯がゆさから、 非行に走って自分を傷つけていた中学生の頃。
大川 忍
571
22

「人生って意外と 捨てたもんじゃないよ。」

「性同一性障害」「パニック障害・うつ」 「妊娠・中絶」「自己破産」を体験した ひとりの男?の生き様。 はじめに   どうもみなさんこんにちは。 このストーリーに出逢ってくれて本当にありがとう。 この本は現在37歳で、 生まれた時は女の子だったけど 今は戸籍が男になった小さいオッサンが書いた しょうもないけどデンジャラスで エキサイティングな自叙伝である。 昭和52年8月12日に大川家の「長女」として

書きかけのストーリー

森田 博明さんの書きかけのストーリーはありません

森田 博明さんにもっと聞きたい話リクエストする

|