STORYS.JP

行川 大輝

行川 大輝の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

行川 大輝の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

須田 仁之
1667
11

【2001年】孫さんとの思い出(YahooBB立ち上げ) 長編

僕の職場は「戦場」でした。 毎日毎日、朝から晩まで、社内は燃えたぎっていた。 その熱は元々一人の事業家の「情熱」から始まったものですが、現場としてはそんなに美しいものではなく、「混乱」「焦燥」「窮地」から滲み出る「人熱の集合」みたいなものでした。 現場は常にギリギリの戦いを強いられ、疲労困憊し、 「おい、この件、どうなってる?担当の●●どこいった?」 「さすがに倒れてしまって病院いってるみたいです。
あっきー あっき~
20

絶賛 断捨離決行中!!              第75話❀「今」-(マイナス)9割『捨てる』=人生開運

この言葉って↓本質をついているなぁ と 潜在意識下で求めるものが どこかで触れ合って 顕在化するというところでしょうか つながりですよ。つながり。 縁ともまたちょっと違う・・・ 昨日 さまざまな話を聴いていて 「縁とつながりって似ているけど何か違う?」 と なんとなく体感から 以前に 「縁」=しばらく疎遠でも「再会」するコト 本当の縁ってそういうものと ブログに書いたことありますが 最初の出会いって
山口 夏未
513
3

女子大生が世界一周を仕事にする話「【ベトナム】トラブルだらけの旅の始まり」

■トラブルだらけの旅の始まり  十三キロだったバックパックが、ベルトコンベアで奥に流れていきました。大学生活中に何回か海外には行っていたし、もう慣れた手続きのはずでした。私のパスポートを確認したグランドスタッフのお姉さんがとても可愛い顔立ちだったのでぼんやり見つめていたら、お姉さんは少し困った顔で私に聞きました。 「ベトナム出国はいつでしょうか?航空券か、出国の為の移動のチケットはお持ちですか?」
円山 嚆矢
1029
12

【リメーク紙書籍化決定】『早稲田出ててもバカはバカ』試し読み(商品無料サンプル)

2014年8月に投稿し反響を頂きました拙著が2015年4月に電子書籍されamazon(kindle)のノンフィクション部門で2位を獲得することができました。 お陰様でその後複数の出版社からオファーを頂きこの度、2015年9月30日に「ぴあ」さんより紙書籍として出版する運びとなりました。 電子書籍の内容は大幅に書き直したリメーク版となります。 少しでも多くの方に読んで頂きたく、こちらにサンプルをUPさ
Suzuki Takuya
19198
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
は な
622
7

インドに一人旅しても価値観が変わらなかった話

インドに行こう。 そう思ったのは大学3年の夏に日本一周をしている時だった。 なんとなしに綺麗なサリーを着た人々が自分の目で見てみたくなった。 インドに行って価値観が変わったという話をよく耳にするから、本当に価値観とかいうものが変わるのかも気になった。 一人娘で音大生の温室育ち。小さい頃からピアノばかり。 大学時代にどっぷりと一人旅にハマり、国内海外関わらずふらふらと放浪ばかりをしているのを黙認してい
Kato Yuki
4867
109

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
福岡 ともたけ
1158
29

東大生が61万円で学んだ本物のお金の学び

つまらない大学から逃げ出した私が見つけた居場所は競馬場だった もう20年ほど前のお話。 当時、東大に通っていた私が 大学の勉強なんか完全にそっちのけで 時間の全てを捧げるくらいの勢いで どっぷりとはまっていた世界がありました。 それが、競馬です。 ただ、単純にギャンブルが好きというよりはむしろ 競馬という世界を構成する歴史、文化、物語などの世界観に すっかり魅せられてしまった、というのが正直なところ
Osaki Kotaro
158
4

ミスターマリックとなぜ僕が戦うことになったのか(第二章 ~蹉跌~)

そんな数奇な運命の糸(意図)に手繰りよされた出会い。それがマリックさんとの出会いであった。 僕は、子供の頃に劇団ひまわりに通っていた持ち前の演技力を発揮し、鼓動が聞こえるほど心の中では大きな動揺をしていたが、全く同様をするそぶりを見せず無表情を装った。 「あんた誰?」顔である。 しかしながら、そこは百戦錬磨なマリックさん、僕の一瞬の顔のひきつりを見逃さなかった。 その証拠に僕がイリュージョニストであ

書きかけのストーリー

行川 大輝さんの書きかけのストーリーはありません

行川 大輝さんにもっと聞きたい話リクエストする

|