STORYS.JP

Nagasaka Hiroyou

Nagasaka Hiroyouの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Nagasaka Hiroyouの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

抽象画家 taro3
1274
48

精神障害の母とアル中の父から教えられた「実にシンプルな生きることの意味とは?」後編

前回のお話では、私の生い立ちについて簡単に触れました。 その後、両親だけでなく、私の人生も上手くいかなくなっていました。 大学進学のために、家を出たものの、3年のときに、中退してしまいました。 外側の言い訳は、 「父親がリストラされたから家計の負担を減らすため。あと、このまま大学に残っても別に得るものもないだろうし。」 というような、かっこつけた理由を付けていました。 しかし、ホントのところの中退の
迫平 直幸
1212

仕事辞めたいと思いながら、会社に通いつづけるオジサンにならないためには、出世しても、副業がうまくいってもダメだった。 格好わるく、思春期の様な『純な気持ち』を本気で探して、温めるしかないのだとわかった話。(体験編)

現在、40才です。 以前は、企業でITセールスのマネジメントを担当していました。 中小企業診断士という経営コンサルタントでもあります。 そして、 今は スピリチュアル・コーチ です。 人の中にある 「純粋な思い」 が目覚め、 その目覚め感覚から、仕事や生活を組み立てていくこと。 その土台となる直感力と体感力を呼び覚ますことをライフワークにしています。 大きな組織の中で、スキルを磨き、競争し、成果を求
間部 理仁
3284
59

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを

書きかけのストーリー

Nagasaka Hiroyouさんの書きかけのストーリーはありません

Nagasaka Hiroyouさんにもっと聞きたい話リクエストする

|