STORYS.JP

水谷 寿美

はじめまして!
幼少期のころから、親の仕事で引っ越しも多く、連絡先のわからない友人も多くいます。僕を見つけたら、すぐに連絡ください!!!

仕事をしていると思うことは、世の中は狭い!またいろんな方に支えられていると実感する。その方々へ、日々感謝と恩返しを!

なにかドシドシ連絡ください。

ストーリーをリクエストする

水谷 寿美の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Kato Yuki
4595
107

受験に失敗した引きこもりが、ケンブリッジ大学合格に至った話 パート2(完)

受験に失敗した引きこもりが、ひょんなことからイギリス留学を思い立ち、一念蜂起してケンブリッジ大学合格を目指すに至ります。 18歳の高校卒業まで、海外経験は全くのゼロ、英語は一言として喋ったことはありません。 そんな僕は、現地に行ってからもちろん悪戦苦闘の毎日。しかしながら、自分の可能性をどこまでも信じ続け、死に物狂いの努力を続け、1か月後には日常会話がペラペラできるレベルにまで達します。 ここまでが
Kato Yuki
888
5

ひとり旅でフラフラしていたら、超偶然に、某有名旅雑誌のモデルに現地スカウトされてしまった話

「キミ、ひとり旅かい?」 「え?はい、そうですけど・・・?」 「『旅の手帖』という雑誌の記者なんだけど、実は今書いてる記事のテーマが『ひとり旅』でねえ。キミ、良かったら、記事のモデルになってくれないかい?」 「・・・・!?」 超偶然に、こんな事が起こったのは、こんないきさつだ。 2010年当時、私はとある事情で大学を休学し、東京に住んでいた。 ある日時間ができたので、ふと自由にきままに、どこか遠くへ
阪口 ユウキ
38973
211

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
畠山 友一
560
16

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

起業して1ヶ月が経ちました。 まだ1円も売り上げてない状況なので、起業や社長業について偉そうなことは全然言うつもりはないのですが、 自分なりに今までの12年半のサラリーマン人生との違いなんかを書き留めておこうと思います。 書いてたら全然まとまりのないものになったので、自分のための備忘録として書いておきます。何かのご縁で読んで頂く方もいるかもしれませんが、読み辛いところとかは無視してくださいませ。。。

書きかけのストーリー

水谷 寿美さんの書きかけのストーリーはありません

水谷 寿美さんにもっと聞きたい話リクエストする

|