STORYS.JP

高橋 飛翔

27歳です。
ヴォラーレという会社の社長をやってます。趣味は映画鑑賞と漫画鑑賞。左脳派と見せかけて実は右脳派。

最近は、Appliv(http://app-liv.jp/)というサービスに力を入れています。

<ヴォラーレ株式会社>
-コーポレートサイト
 http://volare.jp

-採用サイト
 http://recruit.volare.jp/


【主な事業内容】
 SEO
 WEBコンサルティング
 SEM
 WEB制作
 インターネットメディア運営

SEOについては、日本トップクラスのノウハウと技術がある会社だと自負しています。



【起業の経緯】
12歳の時親類の死をきっかけに自分の生きる意味を考え始めました。

自分が死んだ後も、後世に生きた足跡を残したいと考えるようになり、高校時代はずっと「将来は総理になる」と言っていました。

総理大臣になるためには東大法学部に行くのが一番手っ取り早いだろうと考え東大に進学しましたが、日本の政治を変えるよりも、起業して世界を変える方がはるかに手っ取り早くて刺激的だと感じたので、起業しました。

今は起業家として、世の中に残るようなサービス、企業を創るのが私の目標です。

ストーリーをリクエストする

高橋 飛翔の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

溝部 拓郎
1871
42

ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話

爆速で成長していた、ベンチャー企業ピクシブ 面接の時の話はこちら=> ピクシブに入るときの話 そんな訳で、ピクシブでアルバイトとして働くこととなった私は、初出勤の日を迎えた。 (↑ピクシブのユニークなオフィス) ほぼ何も分からず始まった開発 プログラミングスキルはほぼ無く、やることも決まっていなかった私は、早速開発の統括をしていたCTOの青木さんからの指示を仰いだ。 私 青木さん、何をすれば良いです
阪口 ユウキ
40315
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
駒崎 クララ
96
3

洗濯バサミと釣り糸と針だけで魚をたくさん釣る方法

ヨットでの航海中 船長の父から必要最低限のモノしか 所有することを認めてもらえなかった。 ある日、港で拾った糸と針。 きっと釣りをしに来た人が  糸が切れたので捨てていったもの。 釣竿は持っていなかった。 ヨットに帰り、 洗濯バサミにまきつけた。 餌は朝食の残り、食パン。 食パンを口で少し湿らせ こねて針につける。 驚くほど釣れた。 それまでは、 石の裏にいる 海老や小魚を手で捕まえていたけど その

書きかけのストーリー

高橋 飛翔さんの書きかけのストーリーはありません

高橋 飛翔さんにもっと聞きたい話リクエストする

|