STORYS.JP

Fukushima Hitomi

Fukushima Hitomiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Fukushima Hitomiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Morii Ryouji
45

高卒でライン工をしていた僕が上京して起業する話-No.4(ラスト)

最初のストーリーはこちら そうだ起業しよう 僕はまだ会社を辞めていない。 この話は僕がこれから起業する話しだ。 このストーリーを書き始めた理由は、起業という人生を左右する一大イベントを前に決意出来ずにいる自分を奮い立たせるためだ。そして自分の今までの人生を総括し、自分自身を見つめ直すためだ。 起業を決意した理由は入社して3年が経った頃、今から1年前に遡る。 違和感を覚え始めた日々 この頃から僕は副業
Kosuge Masayuki
194

28歳大学生で入学した僕が32歳新卒採用で内定を6つもらう奇跡(実話)体験談編

前編をおさらい 前編 28歳大学生サラーリマンからの受験挑戦を読んで頂いて誠にありがとうございます。 簡単におさらいすると、フツーの高卒サラリーマン営業職が葛藤の末に偏差値40からの大学受験を決意し、半年で国公立大学に受かるという体験記でした。 今編では、実際にあった体験記を描きます。 ノウハウ等は読みたい方がいらっしゃたら書こうと思いますので、 宜しくお願いします。 おかげさまで、全国書籍化決定致
佐藤 政樹
2242
50

内定ゼロのバンドマンが23歳でバレエを始めて劇団四季の主役になった話

内定ゼロのバンドマンが劇団四季の主役へ 就活負け組の元フリーターが劇団四季で主役まで這い上がり、その後転落して野菜を抱えて飛び込み営業をすることになったが今は復活して講演家をして生計をたてているって言ったら信じてもらえるでしょうか? 僕はそんな、ちょっとスパイシーな人生を歩いてきた人間です(笑) 就活で一社の内定もとれずにそのままフリーターとなった僕が、大手企業の人事採用担当者の方々が集まる研修会で
西 宏
174
4

初恋は男の人だった

初恋は男の人だった  Aセクシャル(無性愛者)。 僕は異性に関わらず、同性にも恋愛感情が生まれることはない。 そのことは家族から教えてもらった。 小学生高学年の頃に、「好きな子は崇君(仮名)と真由ちゃん(同)」と 答えたそうだ。  「男の子は女の子を好きになる」と中学の教科書に書いてあった。 僕は女の子も、男の子も同じくらい好きになる。でもセックスをしたい訳ではない。 一緒にいて楽しい人か、そうじゃ
nanase chino
59
1

【40歳の高齢出産】逆子だった私を帝王切開で産んでくれた母への想い

私は高齢出産の帝王切開で産まれた子供です。 そうして産んでくれた母をとても尊敬しています。 "高齢出産"は、35歳以上の出産のことを指します。私は母が40歳のときにできた子供でした。姉が居るので初産ではなかったけれど、姉を産んだ時も母はすでに36歳。 姉の出産のときもそれなりの難産で、姉が産まれたあとに妊娠したときには流産をしてしまったそうです。その難産と流産を乗り越えてできたのが私でした。 産むこ
小林 慎太郎
422
11

ラブレターを代筆する日々を過ごす「僕」と、依頼をするどこかの「誰か」の話。

■ラブレター代筆はじめました 「仕事」は楽しいものではない。 苦しくて大変で、時にちょっとだけ楽しいのが「仕事」というもの。 ちょうど1年ほど前、10年以上特に疑いを持たずにいたこの考え方に、ふと疑問を抱くようになった。 つらいことを歯を食いしばってやり続けることは尊く、楽しいこと・楽なことだけやるのは怠慢。 物心ついた時からそのような価値観で育ってきた35歳の男が、「あれ?誰がそう言ってたんだっけ
雫石 雪乃
71

長男君が生まれた日のこと《後編》

寝ながらでも出産は出来る!? 前編では、大学病院からいきなり破水だったけれど、実はその間に2度ほど助産院に行っている。 一度目は泣きながら助産院に行き 「大学病院でこんなこと言われたけど、ここで産みたい~」 と助産師さんに泣きついて慰めてもらい、2度目は居合わせた助産院の院長先生に 「骨盤が小さくて産めないと言われたことに不安があるなら病院で産みなさい。でも、ここで産みたいって言うならなんとかするわ
大西 明美
66
3

話題が全部尋問。自分の条件に合うのか取り調べするんじゃないっ!ー出会いの機会大損害の巻ー

婚活で、ほぼ100%盛り上がらない話題がある。けれども、放っておくと婚活中の人たちが全員やらかしてしまう話題である。しかも、その話題は婚活中の人たちが、「やらなきゃいけないもの」だと思い込んでいたりする。 まるで禁断の果実のような話題とは・・・。 それは、「自分の条件を中心とした話題」である。 といってもわかりにくいので、具体的なお話をこれからしよう。 まもなく40歳の大台を迎えようとしていたアラフ
室田 泰文
375
17

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.10 ~繰り返される神秘体験~

気づくと信仰(信じる力)は心のなかに! 『信じる力』が得られれば、自然と目の前の現実は自分の望むものに沿ったものになるだろう、、、 過去を振り返っても、心から信じることができたことは実際に目の前に現れていたので、自分は『信じる力』を手に入れたいとずっと頑張っていた。 『信じる力』を得るのは非常に難しく、長い年月はかかったものの、次第に自分の中で培われていった。 そして遂には、 目の前の出来事よりも自
室田 泰文
618
10

『好きな事しかしないが、それには情熱を傾ける』自分の性格を人事部の部長が認め、富士フイルム入社後に何でもありになった話~退社までの流れ

このstoryは 『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』 の後編です。 【前回までのあらすじ】 ”好きな事しかしない”ヤスは大学時代、バスケットボールや語学学習(英語やドイツ語など)に明け暮れていた。化学が専攻だったのにもかかわらず、化学に関してはあまり勉強していなかった(その割に大学院まで行っていたが、、)。富士フイルムの入社試験で

書きかけのストーリー

Fukushima Hitomiさんの書きかけのストーリーはありません

Fukushima Hitomiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|