STORYS.JP

内藤 ひと

内藤 ひとの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

内藤 ひとの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Sakura Teruko
226
4

【ニート道】借金300万抱えた私が上智大卒ニートになるまでの道のり【人生で大切なことって何?】

ニートって楽そう? そうですね。 毎朝心ゆくまでお布団にくるまっていられます。 ぎゅうぎゅうの満員電車に乗らなくてもいいんです。 でもニートだって戦っているんですよ。 え、何にかって? ニートには戦うべきものが3つあります。かなり強敵ですよ。 罪悪感 朝早くから働きにでる両親を見送るわたし。 罪悪感で胸が張り裂けそうなので、なるべく部屋に引きこもります。 明日 ニートは今を楽しんで生きています。 決
菱沼 真
819
34

人生で大切なことは全て小学校の校長室で学んだ

僕は小学生の頃、いわゆる「いじめ」で不登校になっていた時期がある。 「死にたい」 そう真剣に思っていたこともあった。 その窮地を救ってくれたのは、小学校の校長先生だった。 そして保健室登校ならぬ、「校長室登校」を経験した。 こんな話、人前でしたことなんてなかったが、当時の自分の素直な気持ちと、校長先生への感謝の言葉としてSTORYSに書きたい。 不登校 小学6年の時だ。 僕は不登校に陥っていた。 不
間部 理仁
2977
57

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
土田 ひとみ
1030
10

【末期がんの父に贈った病院ウエディング】めげない心が起こした奇跡

「国語も算数も全部できなくていい。 ただ、 これだけは誰にも負けないという たった一つの道を見つけなさい」 小学生になったばかりの私に、父が言った。 普段、こんな真面目なことを言わない人だったから、 この言葉は、私の胸にグッと刻まれた。 それからいつもこの言葉は胸にあった。 だけど、 「たった一つの道」は見つからないままだった。 だって、簡単に見つかるものじゃなかったから。 もう、探すのも辞めようか
志 帆
1660
11

バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

遅刻は年間60回以上。よく補習に顔を出す。 テストで2点を叩き出し、隣のクラスにまで知れ渡る。 サボリが多く、「あと一回授業を休んだら留年です。出席して下さい。」という手紙が先生から届く。 試験をサボって友人とラーメンを食べに行き、追試をくらう。 授業態度の悪さから、座席は常に一番前の列、真ん中の「お見合い席(うちの高校ではそう呼ばれていた)」。 そんな、ふざけた高校生でした。 「大学行かないで、中
Nose Hiroyo
207
6

高校生の時には夢とか留学とかそういうものに無関心だったのに、今は変な仮面をつけて進路の授業をやってるって話

概要 「将来の夢は?」という質問欄。 「私、大学入ったら留学もしたいし、サークルに入りたいし…」というキラキラした希望のある発言。 高校生時代の私は、そういうものに全く興味のない生徒でした。 大学はなんとなくここにしよう。とりあえず夢は適当にでっちあげておこう。 そういう私が、 何故こんな格好で不思議な進路の授業をやる事になったのか、というおはなしです。 私の夢は長い間「専業主婦」だった 専業主婦の
坪田 信貴
883
3

[ビリギャル]学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話

初対面は、正直、「何しに来たの?」と思った。  彼女は、金髪を巻いたギャルでした。  「ギャル」以外の表現は見つかりません。  「名古屋嬢」という表現がありますけど、まさにそんな感じ。  (このストーリーは 書籍化されました。 書籍の公式ページは こちら 。2014年年間ベストセラー総合4位(日販調べ)、第49回新風賞受賞。有村架純さん主演の映画「ビリギャル」も大ヒット。映画の公式ページは こちら
平松 育子
2763
1

偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話

まえがき 幼稚園、小学校、中学校、全部お受験で入学した。 そんな事を書いたら、「頭がいいんだ。」とみんな思うでしょう。 ところが、がんばるけどまったく点数に反映されない。神童と呼ばれた兄と比べられる。 本当に勉強が何もかもわからなくなってしまった。。。 周りからは、兄の影響もあって「頭がいい」と思われている。でも、蓋を開ければ間違いなく下から数えたほうが早い順位を行ったり来たり。 本当の私は頭悪いし
平松 育子
288
10

偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話 最終回 まとめと覚えるこつ

覚えるこつ 必ず覚えたものは忘れます。これは必然の法則です。忘れるから繰り返すのです。 エビングハウスの忘却曲線です。これは全員に当てはまります。特別な人はこの世にはいなくて大なり小なりこの曲線に従って何かを覚えます。忘れるから繰り返すのです。 物覚えが悪いのは頭が悪いからではなく、繰り返さないからです。 何回も繰り返さないことは、脳が不必要なことと認識して寝ている間に抹消してしまいます。何回も繰り
小俣 智子
38
1

STORYS.JPを書いて1年後に叶っていた夢の話。

 2015年1月に書いたSTORYS.JPを、なんとなく読み返したら、最後にこんなことが書いてあった。 「今は、世界中を作品展示をしながら巡り、世界中の人が楽しめる体験を作りたいと思ってる。まだ道半ばで、達成できたことはほとんどない。一生のうちに全く何も起こらないまま野垂れ死んでいくかもしれない。 たとえばそうだとして、それでもやるかどうかだ。」  2016年2月、今、私はバルセロナにいる。3か月の

書きかけのストーリー

内藤 ひとさんにもっと聞きたい話リクエストする

|