STORYS.JP

穂積 智子

穂積 智子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

穂積 智子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Hamanaka Takeshi
128
10

”人生はこれで〇〇〇〇”4度目の美大受験に失敗した男が脇道を猛進して彫刻家になり20年後に悟ったこと

先日、職場でバイトの子が大学受験に失敗したと言って落ち込んでいた。建築内装を学ぶために大学を受験したが、全て失敗に終わったのだという。 悲しげな彼の後ろ姿が、昔の自分とダブって見えた。少しでも彼を元気付けたいと思い、4度目の美大受験に失敗したタケシという男の、その後の人生と 20 年後の様子について話すことにする。     完全な敗北   肌寒いボロアパートの一室で一人、最悪に憂鬱な気持ちで21歳の
村上 奈美
3974
57

母親の事が嫌いだったけれど、自分が親になって知ったたくさんのことと、これから親になるあなたへ

「絶対あんな親になんかなるもんか」 10代の時、毎日泣きながら部屋でそう思っていた。絶対に、お母さんみたいな親にはならないって。 認めて欲しかった。頑張ってるねって、偉いねって言って欲しかった。 それだけでよかった お母さんと、3歳の私 厳しい母親だった。親戚や近所の人たちは皆そう言う。私は一人っ子で、生まれてすぐの事故もあってか母は懸命に私を育ててくれた。 食べ物は制限され、時間は決められ、容赦な
H Satomi
59
1

長い線路の終点で

アウシュビッツ(オシフィエンチム)訪問記 *日記など全く書かない私がよほどインパクトがあったのか当時のパソコンにメモしていたものをほぼそのまま転載します。(訂正・加筆あり) *当時の私はスペインに留学中の為、英語とスペイン語が話せます。 *文章中に出てくる会話文は英語でメモしていた文章を意訳した者です。読み辛いかもしれません。 *以上の事を理解していただける方はどうぞ 2011年5月27日 晴天 ワ
河野 陽炎
92
2

謝罪する勇気……同級生のお母さんが、クラス全員の前で謝罪した話……

私の教科書がなくなった!  私が小学校2年のとき、学校で机の中に入れていた音楽の教科書が見当たらなくなった。初めは「家に忘れてきたの?」と思ったが、自宅を探してもない。同級生にも聞いてみたけれど、おぼえがないという答えばかり。  担任の先生に申し出て、改めて教科書を購入することになった。しかし、現在のことは分からないが、その当時、教科書は特定の取次店を通してしか買えず、届くのは1か月先になることもザ
Handa Naoto
235
2

桜が舞うと、母のことを思い出します

「これが最後の海外旅行になるね。」 母は、そう言っていた。 19歳の冬。 その、3か月後だった。 ---- 「とうちゃんの夢、決めたよ。」 お風呂の天井を見上げて、6歳の息子に話した。 30代の父となり、「将来の夢=職業」に、違和感があった。 「やっぱり、家族でたくさん海外旅行に行きたい。」 ---- 喫茶店を営んでいた両親は、休日もなく働いていた。 物静かな母は、趣味もなく、友達と遊ぶこともない中
竹村 博徳
739

研究室の教授に「卒論書かないけど、卒論の単位ください」と言った結果 

その日は、この上なく緊張していた。 いつものように、最寄駅に向かう俺。 ただいつもと違うのは大学入学以来、こんなに考え込んで通学したことないだろって位、セリフを繰り返してた。 頭の中で、昨夜(正確には電車に乗る数時間前まで起きていた)考えたことをくり返す。一言一句、そして何パターンも。 電車に乗り、数分間下を向きながら、何度も何度も、繰り返した。 「?やけに今日は生足多いな」と思い ふと顔を上げると
コレナガ カオリ
284
6

まんまるおめめの女の子。あけみちゃんのお話

2015年8月13日 今日は、あけみちゃんをお迎えに行ってきました。 あけみちゃんは、産まれた時からおめめがまんまるでそれはそれは大変可愛らしい女の子でした。 あけみちゃんを見た人は口を揃えて言います。 『本当に可愛い女の子ですねっ。』 あけみちゃんが3歳になったある日、川へ遊びに行きました。 いつも通り近所の子供たち皆と一緒に。 いつも通り、皆で一緒に楽しく遊びました。 時間が経ち、ある子がポツリ
石郷 碧
2334
5

息子が20万人に一人と言われる難病と闘った話。たった9か月間の3人家族だった。

あの時の私は幼すぎてすべて甘かった。息子にこんな思いをさせずに済んだかもしれない。 私が妊娠したのは22歳の時。 妊娠した時はどうしようと悩んだけど、相手も喜んでくれたし、親も喜んでくれた。 でも、そのとき親が改まった表情で「話がある」と言われた。 その話とは兄と甥っ子のこと。 兄は2歳になったとき亡くなった。姉の子どもの甥っ子も1歳過ぎて2歳手前で亡くなった。 そのとき、「もしかしたら病気が遺伝し
ほー りぃ
1549
9

僕の名前も忘れ、100万人に1人の難病を患った妻と僕の物語

  「全生活史健忘(解離性症候群)」 これが妻に告げられた病名である。 ------------------- 発症以前の出生以来すべての自分に関する記憶が思い出せない(逆向性・全健忘)状態。自分の名前さえもわからず、「ここはどこ?私は誰?」という一般的に記憶喪失と呼ばれる状態である。「記憶喪失」と同視されている。障害されるのは主に自分に関する記憶であり、社会的なエピソードは覚えていることもある。
Kei Sen
406
15

地震で壊れた祖父のお墓をなおす旅に、幽霊?の女の子と一緒にいった話。その後

 函館から帰り、数日後 私を苦しめた左胸は大分おさまっていたが、 まだ心臓に何かを巻かれているような違和感は残っていた。 それが突然 パリン!とガラスが割れるような感触がして 心臓が元に戻り、温かい血液が体中にめぐるのがわかった。 お墓が直ったんだ! その日の夕方、石材屋のおばあちゃんから電話があった。 おばあちゃん お墓なおったわよ。写真も現像次第おくるわ 私 ありがとうありがとうありがとう! お

書きかけのストーリー

穂積 智子さんの書きかけのストーリーはありません

穂積 智子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|