STORYS.JP

みかみ いちろう

仕事(みかみ塾グループ代表)
趣味(毎月行く海外旅行)
優先順位1番(自由)
好きなもの(BEER)

ストーリーをリクエストする

みかみ いちろうの人生のストーリー

俺が財閥の家庭教師だったときの話1

これは俺が塾を始める前の話だ。 あの頃はゴルゴ13に狙撃されるとまずいと思ってさすがに封印していたが、今その封印を解くことにした。 初めて語るこの話は、少し長いので分けて書こうと思う。 なぜこの話を今になってするかだ… 俺を狙うかもしれないゴルゴ13がこんな名言を残している。 「……10%の才能と20%の努力………そして、30%の臆病さ……残る40%は……運だろう……な……」 えっ? 狙撃依頼成功率

俺が財閥の家庭教師だったときの話2

そして、俺は豪邸の2階に案内された。 そこには中学生の女の子がいた。 部屋にはベッドが置いてあり、なんと「ちびまるこちゃん」のはなわくんのベッドのような感じで屋根がついていた。 とにかくこんなすごいお嬢様がわが街にいたとは…。 思わず「貧民窟出身下層階級の家庭教師、みかみです。」と自己紹介しそうになったほどだ。 とにかく俺は一生懸命に授業をした。 もうこれでもかというくらい大げさに褒めて、そしてでき

俺が財閥の家庭教師だったときの話(終)

実は俺はそのときが初めての国内線だった。 羽田にも行ったことがなかったので、そもそも羽田と成田の違いさえわかっていなかった。 とりあえず空港に着いたので、マダムに電話した。 「ああ、せんせー着いたのー?」 数分後にマダムのBMWが現れた。 車の中でマダムの説明を聞きながら、最初の家庭教師をこなした。 たしか半日くらいだったような気がする。 授業後に送迎車の中でマダムがこうおっしゃった。 「ついでにウ

俺が詐欺師に騙された話…しかも海外で(前編)

俺は実は去年、詐欺師に騙されてしまった。 俺以外にも騙されたヤツがいて、今は裁判をしていると思う。 書いていいのかどうなのかぶっちゃけよく分からないのだが、「自虐ネタは誰も不幸にしない。」という俺の信念に基づいて、エヴリワンに俺の悲しみを分けてやろうと思う。 さて、ときは2013年まで遡る。 年末の話だ。 フィリピンで英会話教室を作るために奔走していた俺は、仕事を終え、帰路につこうとしていた。 俺は

俺が詐欺師に騙された話…しかも海外で(中編)

まずは台湾に着くと、その人の奥さん(実はこの人も被害者だった)という人を紹介された。 すごくきれいな感じのいい人だった。 奥さんとAさんと詐欺師と4人で、モスバーガーに行った。 「えっ?モスバーガー?」 と思ったが、詐欺師はこう話した。 「日本と違って、台湾のお金持ちってのは意外に飾らない。だから、こういう雰囲気の方が好まれたりするんだ。」 俺としては、重厚な扉があってその向こうで厳かに密談するのか

俺が詐欺師に騙された話…しかも海外で(後編)

200万円分のロレックスを購入された俺は、詐欺師とコミュニケーションをとりづらくなってしまった。 だって、1時間前は普通だったのに、突然200万円なくなったんだからね。 そりゃあ、寡黙にもなるよ。 そりゃあ、笑顔もひきつるよ。 詐欺師のカバンにロレックス。 俺のカードはすっからかん。 まあ、むかつくよね。 ところが、最高に頭に来る瞬間、というか「こいつ何者??」という瞬間が来るのである。 詐欺師は俺

成績をあげるための唯一の方法

みんな、勉強ができるようになりたいだろう?俺もだ。で、俺はずっと考えて来たわけだ。勉強がどうやったらできるかってことをだ。 俺は塾の先生をやっている。 それも優秀な高校生ばかりを教えている。 東大のような難関大学や医学部を受けるような生徒達だ。 なのに俺は工業高校を卒業している。 工業高校を卒業した俺が、普通のヤツらと違う方法で勉強をして来て、そして勉強について考えまくったことを書いてみたいと思うの

カテゴリー

読んでよかったストーリー

篠原 好
443
1

【合格体験記】学年最下位から全国模試で1位になって京都大学に合格した話

「ほら、あれが京都大学だよ。頭のいいお兄ちゃんたちがいっぱいいるんだよ。」 父は僕にそう言って、京都大学を指さしました。 指の先には、「○○を許すな!」「××反対!」「△△を弾劾せよ!!」と書かれた真っ赤な看板がいくつもいくつもありました。 「京都大学には左翼で過激な人もいっぱいいるんだよ。」 当時、まだ小学6年生だった僕には「弾劾」も「左翼」も「過激」も、意味が分かりませんでした。 (なんか、こわ
田中 秀憲
45

人生最後の日に笑ったおばあちゃんの話

おばあちゃん 金持ちとか貧乏とか じゃなくて、 幸せを決めるのは 〇〇だよ。 初めまして! 『常に心のワクワクを信じて行動し、人生最後の日に心から笑えるように生きること』を人生のテーマに生活している田中秀憲といいます。 いまから10年前、わたしは0歳〜15歳まで、大好きだったおばあちゃんと暮らしていました。 その時、おばあちゃんから教わったことがわたしの人生の指針となっています。今日はそんなおばあち
柳 俊
78
6

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

女の子とお酒飲んでお金貰えるなんて最高だな! 華のキャンパスライフに憧れ入学した中央大学。 留学もしよう、公認会計士の資格も取ろう、宅建も取って、中国語もマスターするために語学は必修が多いコースを選択しよう……などといわゆる意識高い系だった僕の夢は、結論から述べると全て叶わなかった。 多くの大学生がそうであるように実際は新入生歓迎会という名の飲み会に明け暮れ、どんどんと自堕落な方向へと流されてしまっ
寒川 友貴
655
11

ちくわに母を殺されたハタチの大学生の話

大好物 僕(寒川友貴)の好きな食べ物はおでん、特に味がしっかり浸み込んだ、ちくわが大好きだった。 あの日が来るまでは…。 突然すぎる別れ … 2016年12月27日夜、僕はJR東京駅の新幹線ホームにいた。 大学が冬休みに入り、実家のある神戸に帰省するためだ。 のぞみに乗る前、駅で晩メシとお土産の東京ばな奈を買い、予定よりも1日早く今から帰ることを伝えようと母に電話した。 なぜか母のケータイにも家電に
板越 ジョージ
1022
8

僕がジャニーズを辞めた理由

 僕の知人に有名な演出家がいる。彼はよく言っていた。学校では成績が悪く、進学したい学校に行けなかった。就職しようとしてもいいところに就けない。そして彼は どうしても人には選ばれないようなので、選ぶ立場の人間になろうと思ったという。 大学受験失敗、決意  確かに僕も日本の大学受験は思うようにいかなかった。当時の日本はというと、いい大学に行き、いい大企業に就職するという図式しか無く、そうでもなければ出世
平田 睦
103
6

中学生が大学生に恋をした。その2

高校受験を終えて、合格発表までのあいだはさしてドキドキワクワクもなかった。 合格するのはわかってた、と言ってしまうとなんかすっごい嫌味だけど、偏差値50あるかないかの地元の普通科の公立高校です。 まぁ、普通に受かってました。 合格したあとでも塾には一応行ってたので(1回か2回はあった)、そこでY姉に報告したと思います。 そのときの言葉は覚えていません。合格したよ、っていう普通の報告だったんじゃないか
キョウダイ セブン
33
2

中高年のための大学受験スケジュール

中高年のための大学受験スケジュール     私はセンター試験を10年連続で受験し、京大二次試験を7回受けた。しかし、受験会場でオジサン、オバサン受験生を見たのは1回だけ。アメリカでは、一度社会に出て実戦を積んでから大学にもどってくる生徒が珍しくないが、日本では2016年現在、稀なケースだ。     これから、日本も金持ちの中年が大学にもどって学びなおしたい人も増えるのではないだろうか。そういう方のた
重田 大吾
689
9

自信喪失のヒョロガリ体型、うつ病介護士だった俺がたった半年でカルフォルニアボディビル王者になった話

僕に残された道は、2つに1つだった。 1つは、死ぬか。 もう1つは、脱ぐか。 意味がわからないと思う。だけど、当時の僕にはその2つしか選択肢がなかった。 何度か、自殺を試みた。 どうやったら苦しまずに死ねるだろう?と自殺サイトを徘徊しては、 「やっぱり俺には死ぬ勇気すらない・・・」 と自己嫌悪に陥る毎日。 当時の写真が奇跡的に残っていたので公開しておこう。 ああ、自分で見ても本当にやばい顔をしている
Yano Amie
258
2

全国でたった20人しかいない字幕翻訳者になることを決めた、12歳の私へ

拝啓 12歳の私へ  こんにちは。25歳の私です。いきなりで恐縮だけれど、いくつかお話したいことがあります。  1.学校はあいも変わらず楽しくないだろうけれど、それでも辛抱強く通い続けて下さい。  2.ミッキーのキーホルダーを指定鞄に付けていかないようにして下さい。目の前で盗まれます。  3.卒業文集では、恥ずかしがらずに、自分の夢を高らかに宣言して下さい。  4.望めば、必ずチャンスは巡ってきます
Yamamoto Yuri
2248
2

地獄の債務整理体験談 ~闇金、出会い系サイト、出会い系パーティ潜入、風俗で竹の子剥ぎに遭遇、マルチ商法に引っかかる、パチンコ釘師へ転職、パチンコ釘師とは?業務内容暴露、そして借金完済~

この体験談は事実です。 僕が借金を重ね、債務整理にいたるまでの体験談です。 ■第一章 始まり 「ラララむじんくん」のC M が全盛期だった頃。僕は2 0 歳だった。 その頃は大手修理メーカーに勤めており、月収1 5 万、手取り1 2 万だった。 日々の生活費や、ローンなどを差し引くと残りは約4 万位。その金 を増やすべく、 パチンコをやっていた。その頃は、黄門ちゃま全盛期。3 回ワンセ ットの爆裂機

書きかけのストーリー

みかみ いちろうさんにもっと聞きたい話リクエストする

|