STORYS.JP

Otsuka Ikuko

都内の女子大生。シェイクスピア&韓流に熱中してます。
Twitter名はaquastreet。だらだらな日常生活がかいま見られるかも。

ストーリーをリクエストする

Otsuka Ikukoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Fouret Mami
215

オーストラリア留学中にネット中傷被害に合い、裁判を起こした話(9)

終わらない嫌がらせ 3月2日(土) この日、シンジからどこかカフェでお茶しようと誘われた。シンジと出会った時にコーヒーの話で盛り上がり、今度どこかカフェに行こうという話になっていたのだ。(メルボルンは "カフェの街"と呼ばれることが多く、市の中心部から郊外の住宅地まであらゆる場所にカフェが存在する。) 他にもう一人同じ学校の日本人学生も誘っていたのだが、都合がつかなかったので2人で会うことになった。
沢城 アリサ
282
2

76歳の父が18歳の娘に語った、生き甲斐、人生。

高校3年生になって進路に悩んでいた。どうしても芸術系の大学に行きたかったのだが、母が失業した。それからというもの働かずにずっと家にいる。よって高校の学費、大学の学費全てを自分で賄うこととなった。芸術系の大学は学費がとても高く、年間200万も払って進学しよう。とは到底思えなかった。何も勉強は大学でしなくてもいい。でもそんなことを言えばそもそも大学へ行く必要なんてあるのか? いろいろな思いが交錯していた
杉本 哲
319
4

高音域難聴者として生きるということ

小学5年だったか6年だったか、今はもう忘れてしまったがその辺りから聴力の低下が始まった。 それまでは何の問題もなく聞こえていたのに。 学校の健康診断で高音域に問題有りとのことで、病院で再検査。 そこでもやはり高音域に問題有りとのことで大学病院へ。 診断結果は"高音域が聞こえづらいみたいだね。多分遺伝性じゃないか"とのこと。 (当時、まだ子供だったのでお医者さんが話してくれたままのとおりに覚えている。
アルバート 伊藤
619
8

自殺を決意した40代のオジサンが直前でチャットした変な10代。

今の時代LINEというアプリは生活に欠かせないコミュニケーションツールになり、犯罪はもちろん、政治家の失言なニュースでも良く取り上げられるようになりました。ちょっと前まではこれを「メッセンジャー」なんて呼び方をしていた覚えがあるんですが、皆様が覚えている初めて使ったメッセンジャーはなんだったんでしょうか。 僕にとってそれは「ICQ」というソフトウェア(アプリ)でした。ICQは1990年代中東で開発さ
樋口 あかり
1808

2度目に通った声優養成所/新世界編(第1回)

前回からだいぶ間が空いてしまいましたm(_ _)m さて、お待ちかねの新世界編です。 何故「新世界」と銘打ったかというと。 最初に通った声優養成所「勝田声優学院」とは、ほぼ真逆の教育方針だったなぁと思ったからです。 勝田声優学院の次に私が選んだのは、 「俳協ボイスアクターズスタジオ」でした。 サザエさんのフネさんの声を担当している「麻生美代子」さんや、 銀河鉄道999の「メーテル」を担当した「池田昌
樋口 あかり
4788
4

初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育(最終回)

勝田声優学院では、いわゆる「アテレコ」の実習というものはほとんどない。 声優とはいっても「声の俳優」である。 だから、まずは芝居ができないことにはどうにもならない。 ということから、授業のほとんどは身体を使った舞台芝居の勉強に当てられる。 この点でも脱落者が出る。 養成所に入れば、マイク前で声優の気分が味わえると期待してやってきた生徒たちだ。 「自分は声優になりたいのであって、舞台役者になりたいわけ
樋口 あかり
5652

初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その4(全5回)

学院に入って初めての夏休みが終わり、 クラスの人数は入学当初の3分の2に減っていた。 授業が厳しいという理由もさることながら、 やはりしばらく間が空いてしまうと、 ついなまけ癖が出てしまい、毎日やっていた滑舌も、 バイトや勉強が忙しいという理由から徐々にサボり始め、 やがて学院に行くこと自体が嫌になるのである。 もちろん、中には本当にプライベートが忙しくなってしまい(例えば親が病気になってしまった等
樋口 あかり
5319

初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その2(全5回)

勝田声優学院は、1年目/基礎科・2年目/研究科というふうに分かれている。 基礎科の授業は勝田学院長が担当するのだが、 その補佐のような形で、元卒業生の若い先生(男性)が、 授業の一部を受け持っていた。 こ の 先 生 が 。 と に か く 厳 し か っ た 。 当時まだ30代前半くらいの若い先生だったのだが、 生徒に対して容赦がなく、本気でぶつかってくるのである。 ダメな者には面と向かって「ダメ
樋口 あかり
6687
3

初めて通った声優養成所/老舗のスパルタ教育・その1(全5回)

私が声優になる為に上京してきたのは、今から約15年前。 数ある養成所の中から自分が選んだのは、 知る人ぞ知る、「鉄腕アトム」のお茶の水博士の声をアテていた声優・勝田久(かつたひさし)氏が経営する養成所・「勝田声優学院」だった。 私がここを選んだ理由は、基礎からしっかりみっちり教えてもらえること、そして、実際に現場に出て活躍している役者が多数輩出されているという、確かな実績があったからだ。 実際ここの
樋口 あかり
99

コミュニケーション下手な私が演劇部を立ち上げるまで・1

私は、中学・高校時代と、2回に渡り演劇部を立ち上げた。 高校卒業後は有志で劇団を作り、自主公演を2回ほどやった。 今思えば、昔の私の辞書には「コミュニケーション」という文字がなかった。 にも関わらず、こんなことが実現できたのは何故なのか。 自分で振り返りながら、その理由を探ってみようと思う。 なーんてどこぞのドキュメンタリー番組のような冒頭w 幼少期の私は泣いてばかりいる子だったと、 母は今でもよく

書きかけのストーリー

Otsuka Ikukoさんの書きかけのストーリーはありません

Otsuka Ikukoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|