STORYS.JP

稲山 洋子

稲山 洋子の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

稲山 洋子の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

宮本 佳実
606
5

SATCのキャリーに憧れていたOLの私が、週休5日で年収1000万円になるまで

毎日、ギュウギュウの満員電車の中で押し潰されそうになりながら、こんな風に思っていた。 「絶対に、この生活から抜け出してやる……」 来る日も来る日も、同じことを、飽きもせず考えていたあのころの私。 「あーあ、このまま結婚をして、子どもを産んで、家のローンができて……。 そうしたら、忙しい子育ての合間に家のローンのためにパートに出たりするのかな」 「どうせ働くなら、"自分にしかできない仕事"をしたいなぁ
Himeno Sanae
8674
29

キャバ嬢の本性4つ

これだけは最初に知っておいて欲しい。 ボーイ おいブス!今日客呼べねーしドリンク取れねーし 店に何しに来てんだよ! キャバ嬢AYA あぁ!?金稼ぎに来てんだよ! 今から場内とってきてやるよ! キャバクラ嬢はやれそうでやれない。 最終手段にもカラダは使わない 。 キャバクラ嬢はカラダを使わなければ生き残れない、というのは嘘である。 カラダを使うと生き残れない、が真理である。 つぎに、 あなたが女の子に
Murao Masaki
65
1

【母の日を前に】母の日が母の命日。15年の歳月に想う4つのこと

2002年5月14日、僕は母を自殺で亡くしました。2017年5月14日、この日は母の日であり僕の母の命日です。今年2月に公開した「11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話(全5話)」は、Yahoo!ニュースや運営会社のオススメストーリーでも紹介していただき多くの人に伝えることができました。あの日から15年、改めて歳月を振り返りながら想う4つのことを今回はシェアします。
佐藤 政樹
22671
124

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんのわずかな違い~生き残る人・消える人~11のポイント 「劇団四季に入るためにはどうしたらいいですか?」 この質問、僕のところにネット経由で頻繁に来る。 この二年位は、劇団四季のステージを夢見る若者たちのためになれればと丁寧に返信していたのだが ・有益な情報をもらうことしか考えていない ・あまりにも意識が低い ・まったく行動しない という人が多すぎて
Chinjyao Losu
433
6

公園で見知らぬ子供10人を説教していたら、親がぞろぞろやってきて…

■何げない休日 とある日の昼下がり 天気が良かったので、私は近所の少し大きめな公園でランニングをしていた。 ちょうどゴールデンウィークという事で、BBQをしている団体がおり人口密度は高かった。 BBQの煙がランニングコースに流れ、いつものコースと雰囲気は違っていた。 走っていると子供達が10人位で遊んでいるのが見えた。  私はこの公園で、ときどき10才位の子供達にサッカーを教えているので、 顔見知り
ハロー ハロー
113
2

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

私は現在都内の企業で働く25歳。 2年大手化学メーカーに勤めていたけれど、5月で退職し転職することになった。 その理由はひとつ。自分の居場所に違和感を感じたから。 同僚や先輩もいい人ばかり。辞めると言った時も、「自分にとって一番いいと思う選択を」と親のように心配しながらも最後は背中を押してくれた。 仕事内容はいわゆる若いうちから活躍できる環境、裏をかえせば責任やら仕事量やらが多くて、やりがいを感じる
タナカ ミノル
721
23

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

病院に行かなくても自力でガン細胞は消せる!? もしそんな話を聞いたら、あなたはどんなことを想像するだろう? そんなもの信じない? 怪しい民間療法かも? はたまた悪魔祓いのおまじないみたいなものを想像するかもしれない。 けれどもちょっとまって欲しい。 先日私は、TOC(制約理論)を肉体への投資に応用した結果、1日の運動は12分間だけなのにもかかわらす7週間で体脂肪を7.4kg減らして仕事もはかどり元気
神谷 純平
2722
65

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

お母さんが言ってたの! 人生をワクワク生きる為には、 荷物を持つ不安よりも大切な ◯◯を持ちなさいって。 はじめまして。一年のほとんどを海外で旅しながら『好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活』を実践している神谷純平といいます。 いまから8年前、わたしはうつ病でベッドから立ち上がることが出来なくなっていた時期があります。 その時、同じアルバイト先のゴンちゃんから、人生を変えるきっかけを貰
Ryo Kikuchi
1212
19

高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(後編)

前回のあらすじ 高校中退をした僕は何事もなく部屋にずっといた。 YouTubeすごい! ブログ楽しい! インターネット最高!! そんなクソ野郎ライフを送っていて、果たして将来はどうなるのか!? 社会復帰はできるのか? 乞うご期待!! 突然やってきたチャンス 実は僕は音楽活動もしていまして、打ち込みで作曲をしていたんですね。 そのデモテープをレコード会社に送ったらすぐさま連絡があって「ニューヨーク録
Ryo Kikuchi
15563
12

高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(前編)

このストーリーは読者に怒られるかもしれません まず始めに書いておかなければいけないことがあります。 ストーリーJPで書かれるのは 「こういう転機がやってきて、人生がこう変わりました!」 という話が多いです。 しかし、これから僕が書くのは、 「たくさん時間があったけど、何もしませんでした!」 という話です。 何も教訓はありませんし、読み終わって得るものはありません。 あなたが僕の両親なら「この野郎!!

書きかけのストーリー

稲山 洋子さんにもっと聞きたい話リクエストする

|