STORYS.JP

よう いんひょく

グラミー賞が獲りたい一人アカペラの韓国人。

ストーリーをリクエストする

よう いんひょくの人生のストーリー

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 1

初めての音楽CDは、ゲーム用 はじめて日本に来たのは、小学生の頃。 1996年でした。  ボーカルグループ「SPEED」の全盛期、だったと思います。 クラスの女子が「Kinki Kids」を聴いていた記憶もあるので、「Kinki Kids」の全盛期でもあったかと思います。 ただ、日本語は話せなかったし、僕はそもそもゲームが大好きで音楽なんてまったく聴いていませんでした。 初めて買ったCDは「THE

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 2

ゲーム「モンスターファーム2」をきっかけに 急速に音楽が好きになり始めました。 好きな曲がどんどん増えて、特に「鈴木亜美」さんの 「Be Together」 、「L’Arc~en~Ciel」の「STAY AWAY」、「ゴスペラーズ」の「ひとり」を凄まじく好きになったのを覚えてます。 相変わらずゲームもやりまくっていましたが、歌が上手くなりたいと思い始めたのはこのときくらいからです。   歌を始めた理

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 3

良い大学行ってやるから、そこから好きにさせてくれ! 声楽家は反対され、たくさん喧嘩をしました。 そのとき言ったのが、 「良い大学行ってやるから、そこから好きにさせてくれ!」 でした。 まあ、かっこよく言い放ったものの、心の中ではなんとなく良い大学は行ったほうがいいかなと思っていたので、実際そこまでの心意気は無かったかもしれません。 むしろ、そんな言い方だったかどうかもはっきり覚えてない。 ちょっと盛

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 4

ちょっとした音楽の悩み 京大合唱団にはいってみて、悩んでいた事がありました。 本当に僕は、声楽が好きなんだろうかと。 洋楽とかJ-POPが好きだった僕が、本当にクラシック音楽が好きなのだろうか、と。母親と喧嘩したこともあり、「僕は声楽が好きなんだ」と、固執しているのではないかと。 そんなとき、大学のアカペラサークルの新歓イベントがあることをビラで知り行ってみたら、そのアカペラサークルの先輩たちがすご

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 5

ついにきた、韓国国民の義務「兵役」 まず、1年留年しまして。 次の年はがんばったんですが(そんなにがんばってないですが)、漫画みたいに2単位足らず、結局2度、留年しました。 2回目の留年が決まったとき、考えてみれば日本では新卒採用の制度があるので、韓国人男性の国民の義務「兵役」を、卒業前にやってしまうのがいいのではないか、と思いました。 元々は卒業してから軍隊に行こうとなんとなく考えていたのですが、

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 6

まず、相談 目標を設定したら、やるべきことが具体的にどんどん浮かんできました。でも、ちゃんと取捨選択しなきゃいけない。 グラミー賞が獲りたいということをいろんな人たちに相談していたら、 「実力はある程度あるんだから、あとは いろんな人に会うことが大事 」という言葉を頂きました。そして、 「いろんな人に会ったときに渡せる、"デモテープ"みたいなのもあるほうがいい」という言葉も。 デモテープじゃなくても

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 7

ビルボードライブでのバイト ビザ等の関係もあり、少し時間をおいてですが、2012年5月末頃にビルボードライブ大阪で働き始めました。 2013年の2月末まで働いていたので、9ヶ月程度になるわけですが、ここは本当に素晴らしかったです。 社員さんがみんな素敵で、仕事的にも、働く環境的にも素晴らしかったですが、この9ヶ月で、 160もの、素晴らしい プロの 公演に出会いました。 "ライブ"とは。"ショー"と

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 8

YouTubeの反響 ツイッターやフェイスブックなどのSNSは絶対使った方が良いというのはもちろん感じていたので、この動画が出来たとき、 「やっと動画できたーー」って感じで ツイートしました。 本当に、それだけでした。 で、深夜の1時だったので、寝ました。 ぐっすり寝て、昼前にゆっくり起きてきたのですが、信じられないことが起きてました。 まず、ツイッターの返信とリツイートが大変なことになっていました

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 9

アカペラは手段であって目的ではない ブラックミュージックを通じて音楽好きになったとはいえ、アカペラサークルに入った頃は音楽のことはなにも知らず、"アカペラをすること"そのものが目的だったと思います。 でも、それから経験を積み重ね、先輩の言葉もあり、 「アカペラは手段であって目的ではない」 と考えるようになりました。 特に、アカペラグループ「 Take 6 」は、"音楽"をしていると思いましたし、逆に

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 10

続く自己分析 僕のThrillerの動画が話題になったとき、ゼミの教授が紹介してくれた人がいます。 日本マーケティング協会で出会った人らしく、音楽業界にいた方だそうで、是非僕を紹介したい、とのことでした。これもまた、"人に出会う"ということ。 ちょっと話が逸れますが、こんなにたくさん人を紹介していただけるのもなんでだろう、と分析したことがあります。 もちろん兵役中に。 (ちなみにこの写真で、うしろの

ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 11

夢の続きへ これから、どんどん次の作品は出していかねばなりません。 もちろん僕も音楽の勉強はし続けていきますが、 予定していたTake 6の曲 は出さないことにしたので、今すぐに素晴らしいアカペラアレンジをすることが必要になったのです。 制作会社にもたくさんアレンジャーの方がいらっしゃいますが、ジャズピアノを習っていたときの先生とアカペラアレンジをしてみたところ、アカペラアレンジはやっぱり独特なもの

今は全力でグラミー賞の夢を追いかけている、高校の頃は、特に将来したいこともなく、特に行きたい大学もなく

韓国で生まれ日本に渡る 1987年3月2日、韓国ソウルの一般的な家庭、どっちかというと中流階級くらいの家庭に、僕は生まれました。 ソウル郊外で住んでいた僕は、親の仕事の関係で小学校4年生の時に日本に渡り、3年間愛知県春日井市で過ごしました。その後中学校はまた韓国へ戻ります。 3年間外国にいたので、言葉が母国語が少し未熟なのもあり、まぁ、だらしない性格もあり、勉強についていけず、学校の成績がよくなく、

読んでよかったストーリー

よう いんひょくさんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

よう いんひょくさんの書きかけのストーリーはありません

よう いんひょくさんにもっと聞きたい話リクエストする

|