STORYS.JP

田中 一郎

(在学中)

ストーリーをリクエストする

田中 一郎の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寳槻 泰伸
28531
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
Fujiwara Ai
9778
33

まだ一回も婦人科検診を受けたことがない20代女性がいたら是非読んで欲しい、卵巣手術した時のお話。

だってこわいもん。 2012年3月末、当時25歳の私は初めて産婦人科へ検診に行きました。 周りの友人が急に子宮頸がんとか言いだして、検診行った?とか聞かれて 答えがノーだと凄い勢いで受けなさいよと言われていた、 のに なかなか行けずにいました。みんなも怖いよね? 正直未知の世界が怖かったし 病院好きじゃないし(好きな人いないか) 私はきっと大丈夫だろうと自負していました。 そんな私が行こうと奮起し
宮下 甲子郎
3433
20

学歴フィルターを無視してFラン大学の学生に内定を出した話

「うちはマーチ以上しかとらん!」 人事室室長が顔を真っ赤にして罵声を浴びせてきました。 営業を数年経験した後に、人事部に配属になった私は、はじめこそ上のやり方に従って採用活動をしていたものの、次第に会社のやり方は間違っているのではと疑問を持つようになっていました。 いつも人を見下したような態度をとる東大出の人事部室長は、学歴差別主義者で「学歴と仕事の出来は比例しとる」という考えの持ち主でした。大阪出
Nakatani Ai
174
5

周りはみ~んな自己破産 1人目 その3

自己破産の意味 自己破産 言葉を聞いたことがある人は多いと思う。 でも、自己破産っていうものがどういう制度なのかを知らない人は多いような気がする。 実際に私も実母の借金発覚から情報収集をするようになるまで、どのような手続きをするのか、どのくらいの期間がかかるのかなんて知りもしなかった。 実母自身に至っては、自己破産というものは借金が数千・数億の人たちがとる手段だと思っていた。 自己破産した人は住居や
しもむら さき
1006
14

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その7:閑話休題】

今日をもちまして、以前記述したスペインのセンターの日程が全部終了しました。 3年間のスペイン生活の集大成になかなかふさわしい出来になったのでは無いかと思います。 あまりのスペイン語の分からなさ&馬鹿さに、クラスのダウン症の子が使っているものと同じ特別教材を渡されたのが3年前。 それから自分なりに切磋琢磨して、最終的には100人中30位くらいの成績で卒業し、大学入試も終えれたのですからなかなか大したも
原田 弾
711
4

無職だった僕がまとめブログを始めて年収2500万まで上り詰めた話

小さな広告営業の会社で一サラリーマンとして働いていただけの僕が、会社を辞めてから2ちゃんねるのまとめブログをはじめたことで現在年収2500万円を稼ぎ出すことができるようになった話です。 高校卒業、就職へ 2009年に福岡県の高校を卒業した僕はそのまま地元の社員80人ほどの広告営業を営む会社に就職していた。大学に行くより就職したほうがいいと意気込んで就職活動をしてみたものの偏差値50ほどの高校の高卒で
福岡 ともたけ
1087
29

東大生が61万円で学んだ本物のお金の学び

つまらない大学から逃げ出した私が見つけた居場所は競馬場だった もう20年ほど前のお話。 当時、東大に通っていた私が 大学の勉強なんか完全にそっちのけで 時間の全てを捧げるくらいの勢いで どっぷりとはまっていた世界がありました。 それが、競馬です。 ただ、単純にギャンブルが好きというよりはむしろ 競馬という世界を構成する歴史、文化、物語などの世界観に すっかり魅せられてしまった、というのが正直なところ
阪口 ユウキ
38982
211

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
池森 裕毅
1062
47

ダメ人間が逆転サヨナラ満塁ホームランを打った後、金に溺れたストーリー

はじめまして、池森と申します。 これは僕が高校を卒業し大学を中退した後、起業して成功し、それからの凋落までを描いたストーリーです。 あまり大したお話ではありませんが、良かったらご覧ください。 高校生までの僕は、勉強が大嫌いでただ騒いでるだけの人間でした。 どこの学校にもいるような、体育祭の時だけヒーローになれる、そんな類です。 授業中は寝てるか、本読んでるか、騒いでるか。 部活はずっとサッカー部でフ
溝部 拓郎
151

人生で大切なものは、ゲーム、酒、本。 - ゲーム編

将来なにやりたいの? 『将来何やりたいの?』  とか  『人生で大切なものは何?』 って聞かれて、パッと答えられる人って実はそんなにいないと思うんですよね。 友達!とか家族!とか、その辺りのものは勿論、当たり前に大切なのですが、”人とは違い自分はこれを大切にしている!”と言えるものをパッと答えるのは中々難しいものです。 私の場合も、振り返ってみると随分適当でした。 子供の頃->高校生 小学校の頃は、

書きかけのストーリー

田中 一郎さんの書きかけのストーリーはありません

田中 一郎さんにもっと聞きたい話リクエストする

|