旅ガタリ JTBxSTORYS.JPタイアップ

旅ガタリ JTBxSTORYS.JPタイアップ

CATEGORY

「私を変えた」旅先での感動

STORIES※旅ガタリプロジェクト前に投稿されていたSTORYS.JPの旅のストーリーも表示されています。

人生で一番大切なものはフラダンスが教えてくれた

私は幼い頃から、これと言った特技もなければ夢中に取り組む趣味もありませんでした。勉強も人並み程度だったし、将来の夢もありませんでした。 自分にも何か熱中できるものがほしい、人前に立ちたいという思いから...

行ったら楽しかったハンガリーの話 3

想像より安心だったブダペスト 事前にハンガリーについて調べるとびっくりするほど「すり」「ひったくり」「置き引き」にあった話がでてきます。ホテル内、地下鉄、街中どこでも犯罪があるような錯覚をおこしますが...

ジュエルハウスダンス

派遣会社に勤めていたが、小金が貯まった。英語の勉強を続ける事ができない俺に、 ユウイチが言った。「どうせ日本じゃ英語の勉強できないんだから、俺が行っていたセブの語学学校に行って勉強してくれば」と。しか...

満月の海、生まれたままの姿で・・・

山羊座の満月。 ひとり、月明かりの海へ出かけた。 ゴウゴウと波音が響き、 黒い壁となってそそり立つ波があの世との境のように感じる。 すごく恐怖だった・・・ その黒い波が立ち上がったものが青く光る瞬間・...

【その3】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅...

【その1】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8107 【その2】大学卒...

입력테스트으으으으

ㅈㅏ한번 써보겠습니다. 알게 뭐람 오오오오오이이이잉

英語と旅行と知らないおばちゃんに注意

自分は英語を独学でかなりがんばり最初にシンガポールへ行き、話したら英語が通じるので、自分の学習が正しいと確信できてうれしくなりそこから海外旅行へ行きまくった。とにかく積極的に英語を話した、当時の俺とし...

世界初?!インドの孤児院でサンバをし、意外なことで子供たちから喜ばれた話

2度目のインド訪問でひょんなことから導かれるようにボランティアしたブッダガヤの孤児のための学校の開校一周年でサンバをすることになりました。そのお話です。 その学校を経営しているインド人の友人ダールがぜ...

行ったら楽しかったハンガリーの話 2

2 失敗しないハンガリー土産 陸路でハンガリーに上陸してみた 昼に日本を出発するとハンガリー(ブダペスト)には夜に着きます。今回、オーストリア航空でウィーンに着いたあと、車で約250km走ってブダペス...

神様はバリにいた「一歩間違えれば死んでたのに何笑ってんの?」神という厄介な存在を知った...

「神様が見てるよ」 空を指で差しながらこう言えば、タクシーでもボッタくられないし、物売りにふっかけられる事もないよ、この国では。 ナシゴレンを食べながら、もうバリ島に来るのは3度目だという先輩が、 笑...

行ったら楽しかったハンガリーの話 1

1 日本人にとって、イメージがない国「ハンガリー」 「ハンガリーについて知っていることを5つ話してください」と聞かれて答えられる人は少ないと思います。これが「2つ」でも話せないと思います。そう、ハンガ...

女性聖者に抱きしめられに、人々の優しさに気付かされるために南インドに呼ばれた話

もう、これが4回目のインド。今回はインド人女性聖者のアシュラムに行って来た話。これも、インドに呼ばれたってこと。 APR.25,2008 夜10:30頃COCHIN到着。 SASIとGOPIKAと一足...

今も残る震災のつめ跡を、関西に住んでいた私が見た3日間のお話(2)

昼前頃に仙台空港に着き、初めて訪れた空港の様子に少し浮かれた。今まで訪れたことのなかった東北の”玄関口”ともいえる仙台空港。 至って普通の地方空港で、特に震災による影響は見られなかった。そりゃそうだ、...

今も残る震災のつめ跡を、関西に住んでいた私が見た3日間のお話

2013年12月。東北で起きたあの大きな震災がおきてから三年目の冬、私は仙台に向かって3日間の旅に出た。 旅好きを公言しておきながらも、実際この縦に長い日本の国の中で関西から上にはほとんど訪れたことが...

一人旅のススメ

 一人旅の醍醐味  数年前に日本を離れる際に空港で現地の半日ツアーに申し込んだ。 当然、日本人はいないツアーだ。 到着して集まったメンバーは アメリカ人、ドイツ人、中国人、そして私と現地スタッフの台湾...

五十路にて、感性の旅、マンハッタン

まだ二十代のころ、アムトラックに乗ってアメリカじゅうを一周の旅に出かけるのが夢だった。その夢はなぜかかなわなかったが、突然何かにつかれたように、ボストンからニューヨークに電車で旅をしようと思い立った。...

【その2】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅...

2012年7月1日。僕はとうとう無職になった。  放浪。自分にとっては全く慣れない響きである。  僕にとっての「放浪者」とは、とてもワイルドで社交的で、何事にも捉われない人々の総称だった。 僕にはその...

旅のストーリーをのこす

書きかけのストーリー

STORYS.JPとJTBは、 旅ならではの笑い、驚き、感動が詰まったみなさんのストーリーを より多くの方に届けようと 「旅ガタリ」プロジェクトを開始いたしました。 若い人からご年配の方まで、ご自身の旅の思い出を存分に語って下さい。 読んだ誰かが、思わず旅に出たくなる。 そんなプロジェクトにしていきたいと思っています。 聞かせて下さい、あなただけの旅。 行ってみませんか、今だけの旅。