STORYS.JP

jun kei

【YouTube】https://www.youtube.com/c/junkei
よろしくどうぞ。

ストーリーをリクエストする

jun keiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

中条 信一
1923
21

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。(終章)

とあるブラック会社に入社して三か月が経ち、絶望的状況ながらも仕事に慣れて来た頃です。 自分の会社は協力会社と言う名目で、版権を貸して貰い、製作に仕事に携わる事が多かったです。 【お客さんから版権を借りる】    ↕ 【ゲームを作る(自分の会社)】    ↕ 【市場に流してくれる会社に委託する(バグ修正や市場提供)】 このような板挟みの構造になっている状況でした。 徹夜明けでタバコを吸っていると、 2
中条 信一
7419
2

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。第2夜

専門学校を大半アルバイトで過ごし、プログラミング技術が無いのに内定を取って1日目。 僕は、都内のとあるゲーム会社のオフィスで、契約書を交わしていた。 自分の他に20名程採用されており、男性8割、女性2割と言った感じだ。 契約書の内容はこうであった… 研修期間:3ケ月(最長6ケ月) 日当: 5000円 交通費:自費 福利厚生:特になし 正社員雇用:随時 勤務時間:09:00~17:00( 残業はありま
中条 信一
5013

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。

19歳、大学受験に失敗し、ゲーム専門学校を選んだ僕。 理由は、単純にゲームが好きだから…ゲーム業界に恩返しをしようというもの。 何故なら…本当に、昔から勉強は苦手だった。 もう一年勉強なんて、耐えられるのかずっと悩んだ。 幼少期から転校生だった僕は、気づくと各地を転々として、10回程クラスが変わっていた。 当時、子供ながらに方言に慣れなかったり、すぐに転校すると決まっていた僕に友人など出来なかった。
小林 佳徳
87
2

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(最終回)

「今までどおりにやる」ことに対して反抗していた10年前の俺 2005年の夏頃、 日経新聞の全国版1面に実名(小林 佳徳) で出た。 知人の旦那様が日経の社員だったということで、当時、インタビューを快諾。 ただ、マスコミは時に、 「あることないこと」どころか「ないことないこと」 書かれても文句も言えず、世間に出てしまえば取り返しはつかないことも多いというが、その リスクも覚悟の上の実名でのアピール を
小林 佳徳
338

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(12)

色々なサービスがありました・・・ 石橋を叩いて渡るどころか、 橋があるかどうかも確認せずに突進してきた ライブドア。 1の成功 の裏には 100の失敗 がある。 ということで、「え、そんなサービスもやってたんだ?」、というWikipediaにも載ってなさそうなのを思い出してみた。 ■インスタントメッセンジャー「YABUMI」 そもそもインスタントメッセンジャー(IM)という呼び名すら、あまり聞かなく
小林 佳徳
340
2

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(11)

2003年12月24日 歓楽街で僕らは 私 (てくてく λ.......) お兄さーん、ちょっと寄ってかなーい! 私 (・・・そうか、今日はイブか・・・) クリスマスイブの深夜。 自分はエンジニア( ♂)と二人 で 都内の歓楽街 を抜けてある場所へ向かっていた。トナカイのコスプレをしたオネエチャンにポン引きされたのを全力でスルーしたのを今でも思い出す。 ※確かこんな感じ。 向かっていた先は、 「デー
小林 佳徳
358
1

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(10)

株式100分割、覚えていますか? より正確にはもっともっと分割していたのだが。 当時は 「錬金術だ!」「反則技だ!」 とマスコミにひどく騒がれたが、本当に ”不当に株価をつり上げること” が目的だったのだろうか? 私自身、株には全然興味がなく、株を購入したことすらないのだが、特段、不当に株価を上昇させているとは思っていなかったし、その後のソーシャルゲームやSNS関連の株価の上昇と比べても、特段、異常
小林 佳徳
359

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(9)

Webディレクターって美味しいの? みなさんは、”Webディレクター”という仕事について何を想像するだろうか? 「ディレクターって、TV局の人の職業でしょ?それと似た感じなんじゃないの?」 自分でその仕事をやるようになるまで、私もその程度の認識だった。 一般的にWebサイトやネットサービスを開発するにあたり、当時のライブドアでは主に ★Webディレクター ★Webエンジニア ★Webデザイナー が基
小林 佳徳
422

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(8)

「国産」という神話の崩壊 自分がまだ小学生だった時代。 1日でも早く運転免許を取って車を運転することが夢だったあの時代。 いわゆる「ベンツ」や「BMW」は、 『ガイシャ』 と呼ばれ特別扱いされていて乗っている人も少なく、日産、トヨタ、ホンダ車こそが、自分の生活においてそれらが 「車」 を象徴していた。 実際、80年代、頭文字Dで有名になったスプリンタートレノ(通称ハチロク)や、セリカ、シルビア、CR
小林 佳徳
474

ピンチ!日本企業。10年前のライブドアから学ぶ、今の我々に足りない働き方とは(7)

歪みきってしまった「シューカツ」という世界 「ブラック企業問題・・・」「内定が取れずに自殺・・・」「東大生がWebテストを替え玉受験・・・」「保護者が就職説明会に参加・・・」 いつから”就職活動”とは、こんな世界になってしまったのだろうか。。。 学歴を重視し、エントリーシートにWebテスト。SPIテストにグループディスカッション。複雑化し続ける選考フローと、多大なコストをかけて行われる新卒採用。果た

書きかけのストーリー

jun keiさんの書きかけのストーリーはありません

jun keiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|