STORYS.JP

春田 淳

春田です。
20代専門やりたいことアドバイザーっていう仕事をしています。コーチングです。
人生に迷っていたり、もっと「やりたいこと」で人生を埋め尽くしたい人連絡ください。
カフェでコーヒーでも飲みながらお話ししましょう。

ストーリーをリクエストする

春田 淳の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Chloe Yuumi
148
2

男子のパンツを下ろすことに捧げた、わたしの半生。

わたしは、コウノトリに運ばれてきたんじゃない。  初めてセックスに興味を持ったのは、 小学校3年のとき。 早熟だったと思う(笑) 図書館の「今月のほん」のところに 男女の裸の表紙。 それは、大人の世界で言う、 「性教育」の本。 好奇心旺盛だったわたしは、 借りて帰って、早速、両親と一緒に読んだ。 その頃、 「わたしは、コウノトリに運ばれてきたんじゃない」 ということに薄々気づいていたためw 興味深々
山本 顕太郎
254
4

終わりなき旅~ミスチルから何度も元気をもらった~

誰もが心に残る思い出の曲を持っていると思う。           例えば、恋人との思い出の曲とか失恋した時に聴いて元気が出た曲とか。       僕にもそんな曲があります。 それが Mr.Childrenの「終わりなき旅」 です。 何か高い壁にぶつかった時、挫折しそうになった時、落ち込んだ時には必ずこの曲を口ずさみます。 辛くて辛くて本当に逃げ出したいと何度も思っていた時にこの曲の歌詞のおかげでなん
明日の タケシ
1166
5

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

ひとりで生きていくという本当の意味を、理解するのは難しい。 それは、誰もがひとりでは生きていけないと思っているからであり、誰もがひとりで生きているのだと、信じているからに違いない。 僕が父子家庭になったのは、平成17年冬のことだった。 父子家庭という生き方が世の中に認知されるずっとずっと前のことで、それは思いがけずある日突然に訪れた。 その年のクリスマスにサンタさんがやってこなかったのは、子供たちが
小泉 憲一
2949
38

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ
Ryo Kikuchi
1185
18

高校をやめて六年間も部屋にいて何もしなかった話(後編)

前回のあらすじ 高校中退をした僕は何事もなく部屋にずっといた。 YouTubeすごい! ブログ楽しい! インターネット最高!! そんなクソ野郎ライフを送っていて、果たして将来はどうなるのか!? 社会復帰はできるのか? 乞うご期待!! 突然やってきたチャンス 実は僕は音楽活動もしていまして、打ち込みで作曲をしていたんですね。 そのデモテープをレコード会社に送ったらすぐさま連絡があって「ニューヨーク録
春田 淳
35

吃音の私が自分を認めてあげたら人生が変わった話 1

・・・ 2009年冬、いっこうに終わらない就職活動に私は焦りと苛立ちを感じていた。 大学を卒業後、夢に破れアメリカに約1年留学をした。 小さいころからパイロットになりたかったのだが夢かなわず、 やりたいこともないので就職せずに留学しようと思ったのだ。 アメリカではいろんな人に出会いいろんな刺激を受け、 早く社会に出て働きたい!という気持ちが強くなっていた。 そして帰国後アルバイトをしながら就職活動を
寺澤 浩一
682
15

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

ひょんな縁で、22歳の大学生・K君と知り合いました。彼は重症の吃音(きつおん=どもり)で、それをたいへん悩んでいました。僕にとって吃音は決して他人ごとではなく、中学3年からの10年あまりの間、悩みに悩み抜いたもっとも重大な問題でした。 K君のこれからの長い人生のために、そして自分自身が経験したことが誰かの役に立つように、この雑文を記します。かなりの長文で、ちょっとしたカミングアウトになりますが、ご容
小泉 憲一
1296
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用

書きかけのストーリー

春田 淳さんの書きかけのストーリーはありません

春田 淳さんにもっと聞きたい話リクエストする

|