STORYS.JP

沼澤 遵

社会人一年目はリクルートHRカンパニーに出向し、リクナビNEXTを売ってました。

その後、GMOアドパートナーズで広告営業。
現在は送客ビジネスに従事しています。

出身は神奈川、育ちは埼玉、本籍は山形。

小中高大と剣道、弓道、テコンドーと武道三昧な学生生活を送ってきました。

知ってる方も、知らない方も宜しくお願いします。

ストーリーをリクエストする

沼澤 遵の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Bana Choco
16677
13

人生を変えるために、ブラジルに美女捕まえに来ましたっていう日本人がもっといてもいいと思った話1

日本人が世界で一番美女にモテる国、それがブラジルである。日本人がモテる国ではない、日本人が美女にモテる国である。ブラジルには日本人に対する需要が存在するにも関わらず、それに見合った供給がないように感じる。 あんな遠いとこ行きたくないって?つべこべ言わずサンパウロに向かい一週間ステイしてみるといい、今までこんな世界を知らずに生きてきたのかと悔やむことだろう。 本ストーリーではなぜ日本人が美女にもてるの
Sato Ko
189

【第三回】少年Aがいた街。

遅くなりましたが、完結編を書きました。 たくさんの「続きが読みたい」を、ありがとうございました! *** 犯人、つかまる 大学からの帰り、地元の駅の改札を抜けて自宅のほうへ向かう途中、街の雰囲気がいつもと違うことに気がついた。 事件発覚からすでに1ヶ月近くが経過しており、警察や報道陣の姿はもはや見慣れた光景になっていたのだが、明らかに数が違う。まるで群れのように多い。 それを見たわたしは直感的に あ
竹内 紳也
17669
5

出会って30秒ぐらいの人にプロポーズした話 【第1話】

プロローグ - 写真で見たよりも、可愛いな - 部屋に入り、テーブルを挟んで向かい側の席に彼女が座るまでの30秒間、そんな事を考えていた。 『初めまして』 僕が彼女に向かって、最初に発した言葉がそれだ。 果たしてこのプロポーズは成功するのだろうか。 竹内紳也・30歳。 この物語を円滑に理解して頂くために、ひとまず、自己紹介をさせて頂くとする。 竹内紳也の30年間 最初に言っておきたいのだけれど、僕は
宇野 成人
452
9

何で?なんでいつも結果を残せないんだろう・・・42歳で会社を辞めて、やっとわかった「結果」を出す為の方法

リングで闘うボクサーの重心は、前足6後足4にあるといいます。 基本姿勢が前のめりなんです。 常に相手に向かっていつでも攻撃出来るように。 攻撃された時はいつでも後ろに避けられるように。 闘う姿勢とはそういうもの。 例え、その相手が人生だとしても。 いじめっ子 はやくお座りして ワン って言えよ~ ぼく え・・ わ、わん・・ 小学生の頃、ジャイアンのようないじめっ子がいました。 会うたびに犬の真似させ
Suzuki Takuya
19080
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
阪口 ユウキ
41481
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
川原崎 晋裕
495
4

転職より起業を選んだ理由

2013年4月某日。今から遡ること5ヶ月前の、とあるカフェにて。 俺 なあ、おれ転職しようかと思うんだけど……。 古川 健介 起業しなよ! 俺 ……いや、俺ってさ、なんのスキルもないじゃん? SEOとか、マーケとか、もっと色々身につけてかr 古川 健介 そんなの身につけても意味ないよ! 起業しなよ! 俺 え、なんで? 古川 健介 5年後に市場からなくなってるかもしれないスキルだから! 俺 な、なるほ
中野 晃子
72
2

ダメ大学生がB型肝炎かもと言われた話

21歳かな。大学生の頃だった。 僕は本当に勉強をしない、絵に描いたようなダメ大学生だった(これは本当に親に申し訳なかったと思ってる) バンドサークルに入り浸り、繁華街の飲食店でバイトに明け暮れ ちょうどその頃から雑誌の撮影を始め美容師界隈ではちょっとした有名人になり (いまだにたまーにナカノアキコちゃん!って路上で言われる) ミスコンに出たりなんだりで、ミスコンブログとアメブロ両方更新すんのキツいわ

書きかけのストーリー

沼澤 遵さんにもっと聞きたい話リクエストする

|