STORYS.JP

榊原 洵

【榊原洵の半生】

母子家庭の環境で祖父母に愛を頂きながら物心をつける。

小学4年生の頃、出場したポケモンの大会で愛知県4位となり、そこから「勝つ」快感を覚え、遊戯王やロックマンエクゼ等で全国大会に出場し時代を総なめする。

中学では野球部に入るも、上を目指せる環境に行きたいと突然リトルシニアに入団する。学生生活では生徒会をやるなど活発的に取り組んでいた。

高校受験で大府高校に進学し野球部に入団するも、家庭環境の事情で退部し道を踏み外す。(自分の歳の三年最後の夏に甲子園出場。)

先生に反発し停学処分等受けるなど反抗的な学生で、罰が当たったのか突然、耳が聞こえなくなる突発性軟調になり学校に行けずに2ヶ月間治療をする羽目になる。

その頃、自分自身を振り返り、不良などの人間関係に愛を感じず大学進学を決意。
金銭的な事情においてリスクを避け、国公立への進学を志す。

また同時期に三ヶ月分のバイト代でPCを購入。
科学の進化に驚き、プログラミングの勉強をしたいと考え、国立の情報学部への進学を決意する。

猛勉強しテストの順位は学年最下位から一桁まで上がるが、センター試験で失敗し、県内私立の学業特待生制度がある大学へ進学。

大学入学と同時に国家資格を取得しようと、基本情報技術者の資格を勉強し取得するも、それまで漠然としていた将来を考え理想の人生を生きる為、経営者になる事を決意。

その後、就職活動では10社のみのエントリーで内定を決める。

内定先の社長に絶対的な信頼を抱いて、行動した結果、内定者期間中に名古屋に新店舗の立ち上げ、採用面接、運営などを経験。そのまま名古屋店に配属するも、上司との人間関係の破綻により雇用に対して疑問を持ち退職。

その後物流事業で資金を獲た後、個人事業主として事業開始。

ストーリーをリクエストする

榊原 洵の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

榊原 洵さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

榊原 洵さんの書きかけのストーリーはありません

榊原 洵さんにもっと聞きたい話リクエストする

|