STORYS.JP

Kakeru Kakeru

Kakeru Kakeruの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Kakeru Kakeruの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

阪口 ユウキ
40295
215

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
Kinoshita Izumi
279
11

大学入試前日にヒキオタニートの兄からもらったクリアファイルが宝物になった話

「ヒキオタニート」になって戻ってきた兄 私には3つ年の離れた兄がいる。 現在26歳、地元で不動産関係の小さな事務所で毎日遅くまで働いているが、 つい2年程前までは兄はいわゆる「ヒキオタニート」であった。 高校卒業後、東京の有名私立大学に進学し一人暮らしを始めた兄は、 勉強やサークル活動もそこそこに誰にも邪魔されない自分の城でオンラインゲームにハマるようになった。 ずっと家に引きこもっているものだから
國本 昇吾
145
4

普通の大学生が、2040年に消滅すると言われている896市町村を救うための挑戦をしている話

■自分の”まち”がなくなる!? 「2040年に、日本にある896もの市区町村が"消滅"するかもしれないんだって。」 そんな話を聞いたのは、2014年の夏。 その時、僕の頭の中に浮かんだのは、母方の祖父母の実家がある北海道苫小牧市の光景でした。 小さい頃は活気があった駅前も、いまはほとんどがシャッターが閉まったシャッター商店街。近くに新しくできた大型量販店に、お客さんは流れていってしまう。 もしかした
結城 雅寛
65
1

挫折した映画青年と、社会から疎外された少女の、再生の物語

10年前の大学生の当時、僕は何をやってもダメだった。 僕は自分自身に絶望していた。 何をやってもうまくいっていた高校時代。「自分は凡人ではない」と証明する高校の日々から、大学は「自分は凡人に過ぎない」と確認する作業の連続だった。 何をしてもうまくいかない。そのたびに自分の無能さを痛感しなくてはならない。 僕は行動するのが怖くなった。人と話すのが怖くなった。 大学の授業にもロクに出ず、毎日家とバイト先

書きかけのストーリー

Kakeru Kakeruさんの書きかけのストーリーはありません

Kakeru Kakeruさんにもっと聞きたい話リクエストする

|