STORYS.JP

Nakahara Kako

Nakahara Kakoの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Nakahara Kakoの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

明日の タケシ
1013
12

【最終話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

「事故直後は血管が収縮していますので、時間が経過したのちに再度CTを撮ります。血管が元に戻るときに多くの場合出血が見られますので、これ以上出血個所が広がるようでしたら処置をしなければ助かりません」 なかなか理解することは難しいとは思いますが説明を続けますと言って、さらに骨折箇所の説明とその治療方法を告げた。 鎖骨と大腿骨は早々に手術をし、その他の骨折箇所に関しては、整形外科医の判断を仰ぐといった内容
明日の タケシ
1041
5

【第1話】父子家庭パパが所持金2万円からたった一人で子供2人を育てた10年間だったけど、これで良かったのか今でも分からずに文字にした全記録を、世に問いたい。

ひとりで生きていくという本当の意味を、理解するのは難しい。 それは、誰もがひとりでは生きていけないと思っているからであり、誰もがひとりで生きているのだと、信じているからに違いない。 僕が父子家庭になったのは、平成17年冬のことだった。 父子家庭という生き方が世の中に認知されるずっとずっと前のことで、それは思いがけずある日突然に訪れた。 その年のクリスマスにサンタさんがやってこなかったのは、子供たちが
田中 翼
1181
12

5歳で両親の離婚を経験して心に傷を負った僕が音信不通だった母と18年ぶりに再会して気付いた親子に必要なたった1つのこと

父 どっちについていきたい? 突然の質問に5歳の僕は答えられませんでした。 僕の記憶の中ではどこかの家の一室にママとパパとお姉ちゃんと僕がいて、詳しい経緯はわからないけど、悲しいことが起きているということは感じていました。 字幕の付いてない洋画を見てもどんなシーンかわかりますよね?あんな感覚です。 僕は質問への答えが今後の人生を決める答えになるのだとなんとなく直感していました。 ですが、ママかパパの
坂内 秀洋
487
9

【最終話】『僕の宝物』〜死に場所を探して11日間歩き続けたら、どんなものよりも大切な宝物を見付けた話〜

11日目。最終日… ピピピッピピピッ 携帯のアラームの音に、一瞬にして眠りから覚めた。 時刻は朝5:30。 昨晩、23:30くらいに睡眠薬を飲んだにも関わらず、頭はスッとしていた。 眠ることなんかよりも大切なことがある。 今日は旅の最終日。 日本海はもう目の前。 僕の旅は終わる。 最後に朝の日本海が見たいんだ! 僕はいつも通り、足にテーピングを巻き、出発の準備を整えた。 足に出来たどデカいマメが、昨
西畑 良俊
317
3

やりたいことがない若者は、田舎へ行こう!

~人生で大切なことはすべて、粟島で学んだ~ 「もうだめだー」  その日、僕は倒れた。。。。  「何でこんなに生きづらいんだろう?」  「何で、毎年3万人以上も自殺者が出続けるんだろう?」  「何で、こんな世の中なんだろう?」 当時の僕は思い悩んでいた。  いわゆる「名門」と呼ばれる早稲田大学を卒業し、「優良企業」と呼ばれる一部上場企業に入社し、「いい大学 ⇒ いい会社 ⇒ いい人生」という、「エスカ
西澤 佳子
691
5

「死」が突然目の前にやってきた 〜出会いから看取るまでの2年半の記録

2010年3月。 突然現れた、「死」の問題。 人は「死」の問題が目の前に来た時にどのように対処するのだろう。 同棲中のパートナーが、末期ガンの宣告を受けた。 すーっと身体を冷たいものが駆け抜けていった。 嘘だと思いたかった。 なぜ私がこの問題の前に立っているのか。 本当に私がパートナーと共に、ガンなどというものと闘うのだろうか。 この私が、パートナーと共に、「死」と闘うのだろうか。 実質闘病期間半年
nakamura yota
54

小さなことに愛を込めようと思った話

先日、駅まで歩く途中、引越し屋さんがトラックの荷台の中で作業をしていて、手が滑ったらしく、箱がひとつ、横を歩いていたぼくの近くに落ちてきた。おじさんはそれを拾おうとトラックを降りようとしていたけど、「あ、拾いますよ」と言って手渡した。「ありがとうございます」と言われた。 その後、渋谷に向かう電車の中、用賀から乗ってきたおじいさんに席を譲った。「ありがとうございます」と言われた。 さらに、渋谷から東急
nakamura yota
163

登山家・栗城史多さんから預かった「秘密の封筒」の中身とは

「どうして、フランスで転倒事故を起こしてしまったのか」 ニースの町を歩きながら、ひたすら考えてみたけど、結局その理由がわかったのは、事件から半年後のことだった。 事件はその2日前に起きた。2010年の夏のことだ。 自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた。途中、曲がり角に差しかかる手前に、小さな水たま
山崎 郁馬
405
12

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 最終回

思いつきで始めた『もと海外添乗員のぶっちゃけ話』も今回で最終回です。 もしかして初回から追いかけてくれた奇特な方もいらっしゃるかもしれません。この最終回だけクリックした方もいるかもしれませんね。 ご縁があった全ての方にお礼申し上げます。ありがとうございます。 最終回なのでちょっと青臭いことを話します。 『旅とはなにか』 旅ってなんなんでしょうね。 これまで家族と、親戚と、友人と、彼女と、1000人近
寳槻 泰伸
3205
107

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん

書きかけのストーリー

Nakahara Kakoさんの書きかけのストーリーはありません

Nakahara Kakoさんにもっと聞きたい話リクエストする

|