STORYS.JP

金子 恵美

見た目とは大分異なるオタク気質(苦笑)
ガンダムに始まり、
銀伝やらミクちゃんやら、
和楽器バンドやら…
…多趣味なのか?
いや、好奇心旺盛だと思いたい。

ストーリーをリクエストする

金子 恵美の人生のストーリー

若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話。~序章~

初めまして、金子恵美と申します。 私について少しお話しますね。現在43才の独身で×1。猫3匹と同居。 つい先月新しい仕事に就いて、絶賛新人まっしぐら(笑) 全くもって重い話にはなりません。 だって…そういう人なんですもの。 若年性乳がんって、とにかく今増えている。私がきちんと告知されたのは30才。 その頃はほとんどネットでも知られていなかったし、 あったとしても病気ってことで重い内容が多いし、専門用

第一章までの序章です。

若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第一章

あっけない手術の代償は大きかった… あのさらりと終了した私の左胸のしこり摘出手術。 結局胸から出てきた乳白色のしこりは、大きさが大体5ミリ程度だったらしい。 胸の上から触っている感じだと1センチはあると思っていたけれど、 脂肪のせいで大きさの感覚が違ったみたい。 …なんて事をすっかり忘れて普通に生活をしてた私。 特に体調が悪い訳でもないし、何一つ変化のない身体。 ただ唯一気になったのは、痛み。 刺す

やっと一章です(苦笑)

若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第二章

涙が止まらなかった前夜。 師走の喧噪の中、私は色々なことを決め、悩み…生きていた。 誰に相談をする訳でもなく、ただ静かに決断を一つずつ。 こういう時、自分でも「損な性格だな」と思う。 泣き喚くこともなく、ただ冷静に… 仲間や親友、身内に相談をしても良かったのかもしれない。 でも、あえてしなかった。 だって、決めなくてはいけないのは「私の命」の行く末。 他人の感情は不要だった。 こう書くと、何だか冷た

読んでよかったストーリー

金子 恵美
446
1

若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第一章

あっけない手術の代償は大きかった… あのさらりと終了した私の左胸のしこり摘出手術。 結局胸から出てきた乳白色のしこりは、大きさが大体5ミリ程度だったらしい。 胸の上から触っている感じだと1センチはあると思っていたけれど、 脂肪のせいで大きさの感覚が違ったみたい。 …なんて事をすっかり忘れて普通に生活をしてた私。 特に体調が悪い訳でもないし、何一つ変化のない身体。 ただ唯一気になったのは、痛み。 刺す
Handa Naoto
48717
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
大貫 恵
10935
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
阪口 ユウキ
39626
212

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)

書きかけのストーリー

金子 恵美さんの書きかけのストーリーはありません

金子 恵美さんにもっと聞きたい話リクエストする

|