STORYS.JP

永田 勝久

和合自然を理念とする空手道場の主宰です。中道を求める蒙昧仏徒でもあります。ギターはFender Mustang MG77を使っています。かえる好きです。山登りもします。ごくたまに編集者になります。

ストーリーをリクエストする

永田 勝久の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寳槻 泰伸
102
1

「耐える力」から「ワクワクする力」へ

「勉強がおもしろくない…」 誰もが感じたことのある不満だろう。 朝から晩までせっせと取り組んで、そのくせ将来役立つかもわからない。「だったらせめて面白かったら良いのに」と、誰もが不満を抱くもの。 それが「勉強」だ。 実際にその不満はデータにも表れている。 文科省が実施したアンケートによると、「勉強が好きか?」という質問に「嫌い」と答える割合は、小学生で半分以上、中高生で
佑紀 森本
568
14

全財産失い、婚約者を寝取られても28年の人生で一番幸せな1年を過ごせた理由

スタートダッシュの1月不動産詐欺事件!! 誕生日の1週間前に強烈なパンチをくらう!! ともだち えっと…大丈夫ですか…??竹内まりやの "元気を出して" 歌いましょうか? と言われること数百回。ちなみに婚約者を寝取られるのは2度目のことでした。 参考程度に1度目のお話をしておきますと、中学生の時からおよそ10年付き合い、将来を約束していた彼女に「結婚しようか」と言った時のこと。 ぼく がんばって昇進
難波 弘二
356
16

岡山県のある18歳が高校を2度中退し、時給850円で教育を変える挑戦をしている話

人生一度目の高校中退。 今から遡ること1年半... ぼく 「あ、おれ学校辞めるけん。(←岡山弁)」 友達 「え?」 ぼく 「で、オーストラリア行くけん。」 友達 「は?」 ぼく 「だから、次会うのは3年後かな。」 友達 「んんん!?!?!?」 そんな感じで、地元岡山県の高校を中退し、単身オーストラリアに渡ることになったぼく。当時17歳。 なぜ17歳でオーストラリアに渡ろうと思ったのか。 それまでの学
室田 泰文
5940
13

『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.1 ~懐疑からの始まり~

思考は現実化する?! 私は 精神世界などにはまるっきり興味なかったばかりか、『怪しい!!』と拒絶反応を示すほど だった。 そんな私が、いろいろあって『思考は現実化する』かどうかを真剣に確かめてみたくなった。 『確かめるしか無い!』 そういう衝動が沸き上がってきた のだ。 外に仕事にも出ていなかった 自分は、この探求をメインの活動にすることにした。 『これが本当だとしたら、、、、仕事なんてやっている場
寳槻 泰伸
17898
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
寳槻 泰伸
29114
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(

書きかけのストーリー

永田 勝久さんの書きかけのストーリーはありません

永田 勝久さんにもっと聞きたい話リクエストする

|