STORYS.JP

河村 駿介

河村 駿介の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

河村 駿介の人生のストーリー

兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第1話】

いじめられた日々 私が産まれた時、兄達は5才と7才。 ただでさえ年が離れ"男"だった私は兄達の 格好の 遊び道具 でした。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ちなみにこの時の母は、 私 ぼくがうまれてくるときどうおもった?(5才) 母 また男の子か。。 私 ・・・・・ 編集 5歳の私には刺激の強すぎる発言でした(涙) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第2話】

中学生になり 小学生の頃たった一度だけ(5才離れた)兄の バスケットボールの試合を見に行きました。 ただただ、 かっこよかった 。 兄と同じ中学校を選び、兄と同じ部活に入ることしか考えていませんでした。 のちのち知ったんです。 超厳しい 鬼 コーチがいる なんて・・・・ いやー 泣きましたし痩せましたし。 なにより苦しかった 。 それと同時に兄貴を尊敬しましたね。 こんなに厳しい練習のあとに俺をから

兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第3話】

高校生になり 実は兄の入っていた中学校というのは私立でして(推薦もあるし) 私はお受験をしていたので、高校受験というのはありませんでした。 そのままするっと高校生になったわけですが・・・ 兄貴にコンプレックスを抱いていた私は またしても自分のことをろくに考えもせずに 大事な選択 をしてしまうのです。 それがクラス分けの希望です。 ・勉強に特化したクラス ・全体的に万遍無く行うクラス ・英語に特化し

兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第4話】

愛されていた日々 いままでずっと5才離れた兄の話ばかりしてきましたが 理由は2つあります。 1つは今回結婚した兄が5才離れた兄だったからというのと もう1つは私と兄が同じ部屋で(私が)20才になるまで 一緒に暮らしていたということです。 小さい頃の私には同じ部屋ということの”意味”をあまり理解していませんでしたが、今思うと「あり得ないこと」だとわかるのです。 私が中学受験の時に兄は遊んでいた 私が部

読んでよかったストーリー

河村 駿介さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

河村 駿介さんにもっと聞きたい話リクエストする

|