STORYS.JP

大西 香代

大西 香代の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

大西 香代の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寺澤 浩一
901
3

パズドラで急成長するガンホーの孫泰蔵会長が、東大受験に2回失敗した時に、兄・孫正義ソフトバンク会長から教わったこと。

だいぶ昔の話になりますが、1990年代終わり頃の数年間、僕はある大手証券会社のベンチャー企業支援事業のお手伝いをしていたことがあります。具体的には、全国の中堅・中小企業の経営者や起業家向けに月刊情報誌を編集・制作する仕事でした。その中で、当時注目され始めていたベンチャー起業家に毎月1人ずつお会いし、インタビュー記事を書いていました。 ガンホーの孫泰蔵会長(当時はインディゴ代表取締役)にお会いしたのも
花岡 めうみ
214
2

フツーの主婦から会社経営者になるまでの軌跡を振り返って感じたこと

今まで6 回 にわけて、 幼稚園時代から大学時代 まで、 時系列で振り返ってきた 。 今回は今までの人生を振り返って感じたことを 書いてみたいと思う。 私は、何のとりえもないフツーの人 私はもともと、特にこれといってとりえもなく 本当にどこにでもいる普通の人。 ただ、小さい頃から父親の仕事の転勤で 転校を繰り返したからか、 留学経験のおかげか、そこは分からないが、 いつからか人見知りをしなくなった。
寳槻 泰伸
3265
109

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
寳槻 泰伸
17797
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
荒木 賢二郎
3035
19

10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに参加した話

グルメアプリTERIYAKI主催イベントの話になります  iPhoneアプリ   Androidアプリ みなさんは堀江貴文さんをご存知でしょうか? 以前はホリエモンと呼ばれ、ITバブルの寵児としてヒルズ族の象徴だったあの堀江貴文さんのことです。近鉄バッファーローズ買収提案からのプロ野球参入争い(結局楽天が参入)、広島6区での衆議院議員選挙出馬、ニッポン放送株買い集めからのフジテレビとの提携。 …から
寳槻 泰伸
28947
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
大貫 恵
11191
132

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

前編・後編お疲れ様でした こんにちは、おおぬきです。 長々と暗い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。実は私が本当に書きたかったことは、こちらの本編です。もう少しお付き合いください。 旦那が死んでそれからどうした? 行動①家を出ました 旦那の四十九日が終わってすぐ、一緒に住んでいた家を出ました。これはお義母さんからの提案でした。多分みんな 「家出るの早すぎない?」 って思うかもしれません。
Sakai Tomoko
201
2

高校生で脊髄損傷になって、軌道修正した夫の人生 後日談

昇進 夫についての文章を、たくさんの方に読んでいただき大変驚いています。目を通してくださった全てのかたにお礼申し上げます。ありがとうございます。 今回のストーリは、わざわざご報告することでもないのは分かっているのですが、「このタイミングで!?」と思ったので書かせていただこうかと思います。 4月1日付けで、夫が3階級すっ飛ばして昇進いたしました。先月の中旬頃に上司から伝えられて、そしてその夜、帰宅して
Takai Rei
1705

母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑬ エピローグ 前編

エピローグ・1(2003年9月12日~20日) 「陽の光や風となりて」 あれからもう何日たっただろう。 あまりにもあっという間であり、あまりにも長い1週間だった。 沢山の仕事があって、ばたばたしてる内に時が過ぎていった。 沢山のドラマがあったが、忙しさの中で忘れていってしまう。 本当に色々あった。 沢山の人に会った。 人のつながりをきちんと整理するというのは、こんなにも多くの人と出会わなくてはならな
Takai Rei
1871

母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑫ 別れ、そして支え

2003年9月11日 parting and support   友人2人が深夜に帰った後、お通夜にも関わらず俺は一人になってしまった。 ゆっくり母と2人で最後を過ごしたかったという気持ちもあるが、俺は伝えたいことは生きてる時に伝えたと思う。 しばらく母の顔を見ていたら、寂しさがこみ上げ、函館にいる古い友人の一人に電話をした。 するとそいつは次の日仕事があるのにも関わらず、急いで家に駆けつけてくれ、

書きかけのストーリー

大西 香代さんの書きかけのストーリーはありません

大西 香代さんにもっと聞きたい話リクエストする

|