STORYS.JP

Miyamoto Kazuaki

こんにちは!

ストーリーをリクエストする

Miyamoto Kazuakiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

寳槻 泰伸
17527
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自
佑紀 森本
557
14

全財産失い、婚約者を寝取られても28年の人生で一番幸せな1年を過ごせた理由

スタートダッシュの1月不動産詐欺事件!! 誕生日の1週間前に強烈なパンチをくらう!! ともだち えっと…大丈夫ですか…??竹内まりやの "元気を出して" 歌いましょうか? と言われること数百回。ちなみに婚約者を寝取られるのは2度目のことでした。 参考程度に1度目のお話をしておきますと、中学生の時からおよそ10年付き合い、将来を約束していた彼女に「結婚しようか」と言った時のこと。 ぼく がんばって昇進
Dra gon
107
1

外国人にあまく、日本人に厳しい日本人

日本人はどうやら自虐史観を植え付けられているらしい。 英語が話せないだけで自信をなくてしまう。 どこか白人に憧れてしまっている。 日本人であることを誇りに思ってない人が多い。※統計上 オレもこっちにきて初めてきづいた。 それは他国の人を見て初めてわかるのかもしれない。 日本人の行動は世界から見ると奇にうつることが多い。 たとえばフランス人はフランスでフランス語を話す。 アメリカ人が来て、たとえ自分が
板越 ジョージ
938
7

僕がジャニーズを辞めた理由

 僕の知人に有名な演出家がいる。彼はよく言っていた。学校では成績が悪く、進学したい学校に行けなかった。就職しようとしてもいいところに就けない。そして彼は どうしても人には選ばれないようなので、選ぶ立場の人間になろうと思ったという。 大学受験失敗、決意  確かに僕も日本の大学受験は思うようにいかなかった。当時の日本はというと、いい大学に行き、いい大企業に就職するという図式しか無く、そうでもなければ出世
家入 一真
1815
9

paperboy&co.創業記 VOL.3: 東京進出、そして変化。混乱。

福岡時代、僕はペパボはいわゆる”ベンチャー企業”では無いと思っていたし、スタッフにもそう言い聞かせていた。ITベンチャーで連想される、ヒルズ族といった様なギラギラとしたキーワードが嫌いだったというのもあるし、そもそもペパボ自体は起業した月から、ロリポップで順調に売り上げが伸びて経営は安定していたから、がつがつとする必要が無かった。家族経営スタイル。これが福岡時代のペパボだった。 GMOグループにジョ
家入 一真
5943
2

paperboy&co.創業記 VOL.2: バイアウト後の東京進出

会社、個人それぞれの銀行口座に数億円が振り込まれた。 僕らはGMOインターネットグループにジョインした。 25歳の春だった。 個人、法人共に立場が激変した。まずペパボ。 それまで有限会社だったのを株式会社化した。福岡のままでも良いよ、と熊谷さんには言われてたけど、元々東京への移転を健太郎(くわがた)と話していたので、本社を渋谷セルリアンタワーに移転した。東京は福岡と違ってとても刺激的だった。良い意味
家入 一真
6809
3

paperboy&co.創業記 VOL.1: ペパボ創業からバイアウトまで

12年前、22歳の時に福岡の片田舎で、 ペパボ ことpaperboy&co.を立ち上げた。その時は別に会社を大きくしたいとか全く考えてなかった。家で仕事が出来て、仕事をしながら子育て出来ればそれでいいやと思ってた。当時サラリーマンをしてたんだけど、中学2年から引きこもり、対人恐怖症気味だった僕には、定時出社や同僚とのコミュニケーションが苦痛でしようが無かった。サラリーマンを辞めたいが為の起業。どちら

書きかけのストーリー

Miyamoto Kazuakiさんの書きかけのストーリーはありません

Miyamoto Kazuakiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|