STORYS.JP

橋田 一秀

29歳。Webサービスが大好物のエンジニア。

Webサービスカタログ
http://hassy0607.tumblr.com

ストーリーをリクエストする

橋田 一秀の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

佑紀 森本
564
14

全財産失い、婚約者を寝取られても28年の人生で一番幸せな1年を過ごせた理由

スタートダッシュの1月不動産詐欺事件!! 誕生日の1週間前に強烈なパンチをくらう!! ともだち えっと…大丈夫ですか…??竹内まりやの "元気を出して" 歌いましょうか? と言われること数百回。ちなみに婚約者を寝取られるのは2度目のことでした。 参考程度に1度目のお話をしておきますと、中学生の時からおよそ10年付き合い、将来を約束していた彼女に「結婚しようか」と言った時のこと。 ぼく がんばって昇進
寳槻 泰伸
28949
94

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

学校よりもクリエイティブな1日にできるなら無理に行かなくても良い。 その後、本当に学校に行かなくなり 大検制度を使って京大に放り込まれた3兄弟は 変わった教育方針の父親の元で育ちました。 一般的な家庭なら 「早く起きろ!さっさと学校に行け!」 と育てるところでしょうが3兄弟の家庭(ホーツキ家)はその真逆。 学校に頼って勉強するのではなく、自分で勉強を組み立てろというのがその主旨でした。 小学生の僕(
清水 舞子
532
14

[書き途中]絵の具も買えない程貧乏だった私が多摩美を中退しビジネスを志し明治大学に合格。しかし納金直前に70万を失う危機にみまわれるも歌舞伎町で1番になり無事入学できたお話[ちょこちょこ更新]

自己紹介するのが恥ずかしいので、文字におこしておくことにしました。 こんにちはしみこです。 このたび会社を設立いたしました。(祭.inc) 多くの人に会わせて頂く機会を頂くのですが、あまりにも私は人見知りで、なかなか自分の話ができません...。私の過去の話なんてあまり皆様の役にたつものでもないですしね。 歌舞伎町では、 6ヶ月で3550人の初対面の方とお話した んですが,,,,おかしいなあ。笑 なの
近澤 良
73
6

マジでミュージシャン目指してた頃(1) Red Insanity結成編

きっかけ ギター始めたきっかけが「もてたかったから」ってよく聞くけど、あれは本当だと思う。バンド仲間とそういう話になった時もみんな大体そんな理由だった。 自分も同じ。中学のとき友達が文化祭でやったライブに女の子が多く集まっているのを見て、「なんだかおれにもできそう」と勝手に思ったノリで、そのままギターを始めた。 本気でミュージシャンを目指そうと思った理由もこれまた単純で、当時流行っていたBECKとい
和田 圭祐
144
5

入社した日に外資金融出身の取締役の方から「君はあれだね、プロゴルファー猿に似てるね!」と褒められた話

2004年に大学を卒業して、初めての社会人になりました。 その年の新卒入社は私一人だったのですが、前年の秋くらいから半年ほどバイトで働かせてもらっていたこともあり、それほど大きな新鮮さもない入社一日目でした。 役員の皆さんのデスクを順番に回って、よろしくお願いします、という挨拶をしてまわっていました。その中でファンドレイズを担当してた役員(外資金融機関でファンドマネージャーを長くやってらっしゃった)
笠井 レオ
3257
59

僕が外国人に間違えられたエピソード7つ

【序章】僕は決して、スペイン人ではない 僕、笠井レオ(本名・写真右)は生まれつき、出逢った人ほぼ全員に 外国人と間違えられる という才能を持っています。よく間違えられる国々は、スペイン、ブラジル、アメリカ、アルゼンチン、ペルーです。こちらの国々の皆様、ご迷惑おかけして申し訳ありません。 ちなみに、よく言われる一言は 「日本語上手いね!」 です。 今日、このstorys.jpで発表させていただきます。
Okuma Nozomi
885
13

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼
Uchiyama Akio
41
1

インターネットビジネスとの出会い

【2000年春】 「世界中のあらゆる知識を吸収したい」 高校時代、こんな人生の目標(仮)を立てた。その目標を達成するため、フリーライターになって「自由気ままに生きたい」と考え、某大学文学部を受験することにした。 「あれ、こんなはずじゃ。。。」 生来なまけものだったため、高校の授業をさぼってマクドナルドにいたり、予備校の授業をさぼってマンガ喫茶に入り浸る生活。その結果、案の定不合格に。しかし、捨てる神
佐々木 浩史
58

年度末ということで

初Storys.jpです。 今日は年度末らしいので、簡単に思ったことを書き残してみようかな、と。 まず、2012年が始まった時には、このような形で年度末を向かえるとは思っていませんでした。 「来年はこの会社にいないかもな?」や「転職して違う会社で迎えるのかな?」とは思っていましたが… 思えば、2011年にStartup Weekend Tokyoに参加したことが全ての起点になっているような気がします
Sato Masashi
173

プログラミングを学び合うシェアハウスができるまで

はじめに 僕は今(2013年3月現在)、PGHouse豪徳寺というシェアハウスに住んでいます。この家に暮らす事になるまでを改めて書いてみようと思います。 きっかけはOSSカフェ 僕はフリーランスとして働いていた時期があるのですが、 ちょっと何かのイベントで(たぶんco-meetingさんの関係だと思う)、下北沢にあるOSSカフェに遊びに行ったときの事。 OSSカフェは所謂コワーキングスペースなのです

書きかけのストーリー

橋田 一秀さんにもっと聞きたい話リクエストする

|