STORYS.JP

Ito Kazumi

Ito Kazumiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Ito Kazumiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

坂本 康平
118

21歳で金もない。家もない。そんな私にあるのは、、、

『もうダメだ。高校も野球もやめる。』 これがそれまでなんでもある程度はできて親に迷惑をかけたことなどほぼなかった私が、 親に 迷惑 、 心配 をかけ続ける人生になる始まりだった。 遡ること8年前、 田舎の県内では優秀な進学校の高校に 中高一貫制度が出来た 一期生 として入学した中学。 勉強はそこそこに先輩がいないことをいいことに自分ら中心で野球に 没頭 した。 朝も昼も夜もやり続けた。 ふとした時か
永石 和恵
559
13

【THE九州男児な父へ】45年勤続した会社の最終出社日を迎えた父に贈った娘のお手製『私の履歴書』

うちの父は長崎出身のTHE九州男児。 見た目も性格も。 寡黙で真面目で照れ屋で、 でもお酒入ると熱弁し出して少し厄介。 そして、とても優しくて家族思いの素敵な父です。 私はお父さん子でした。 お風呂も父と入っていたし、 勉強も宿題も父にいつもお世話になっていた。 食べ物の嗜好や考え方も母より父とのほうが合い、 私の人生において、父はとても大きな存在です。 私の父が定年を迎えることを聞いた時、 45年
阪口 ユウキ
1253
12

異国の街に大好きな恋人を置いてきた。その悔しさを晴らすためだけに起業した話。

こんにちは! WEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は23歳のときに会社を辞め、24歳のときにWEBで起業しました。 25歳のときに出国をして、それから海外を転々としながら、WEBサイトを作ったり、コンサルティングなどをしています。 しかしそれは、 社会にどんな価値を与えようだとか、どんな貢献をしようだとか、そんな立派な理由があってはじめたものではありませんでした。 僕が起
Azuma Y
2466
13

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

この記事は、自分のブログに転載いたしました。 この記事は魂を込めて書いた記事なので、是非読んでみてください。 「Be Excited」 記事はこちら
平田 浩規
1407

平凡な会社員が、“脳出血で倒れて働き方を考え直した”話【第四回】

そして、感覚が失われ始めた 2009年12月初旬。僕が緊急入院した病院は、朝6時が起床時間らしく時間になると一斉に蛍光灯が煌々と点けられた。 蛍光灯は思いの外明るくて、なんだか警察の取調室で電灯をつきつけられているような気がして、あまり気分のいいものではなかった。 僕の体はというと、夜が明けたらマシになっているのでは? との願いも虚しく、やはり二重に見えることには変わりなく、右半身の痺れもそのままだ
Tanaka Riho
17

弱視で内気だった私が少しのきっかけで日本で2位になった話

書きかけのストーリー

Ito Kazumiさんの書きかけのストーリーはありません

Ito Kazumiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|