STORYS.JP

Kato Keiichiro

基本的に多趣味でマイペースで
ゆっくりしています。
趣味はPC、音楽、写真

藝術サークル活動はこちら
http://underthesky.info/

note.mu
https://note.mu/underthesky

人間が多いように見えるけど、同一人物もいる。多分。

ストーリーをリクエストする

Kato Keiichiroの人生のストーリー

声を失った青年が歌いたいがために、葛藤し悩み苦しみ。そして、声を取り戻した物語

 中学生のころの時だった。男子なのに変声期を迎えても、いっこうに声が高いままだった。  中学生の頃の話だ。他の男子が声が低くなっていく中、だんだんと取り残されているようなきがしてきた。私は引っ込み思案で、声が高いままのことについて悩んでいた。親は厳しくて、いや、逆にバカにするような態度をとっていた。それも、辛かった。  だんだんと人と話さなくなっていった。何かいうと、バカにされているんじゃないかと、

母親が閉鎖病棟に入った話

母は叔母と揉めていて、精神状態が悪くなった  母の叔母とすごく揉めていた、というより、いつも他人を責める方の母が責められている。責めるのはすごくきついが、打たれ弱い。それに母は叔母に対して過去のいろいろな憎悪の感情を抱いていた。  祖母への憎悪のきっかけになった原因。  母の大学時代、当時付き合っていた男性がいた。だけれども、叔母を始めとする厳しい親戚たちは、大学生が付き合うなんてけしからんと、思っ

10年間自殺することを考えていた。それを克服した。

  自殺することを考える。それは高校時代からはじまった。  高校時代、厳しく、辛い部活にいた。毎日練習で、月の休みは1回あればいいほど。私の青春時代というよりも、高校時代は部活に消えていった。マーチングバンド部だった。  全国大会で金賞。確かに栄光だ。ただ、人間関係や中身、自分自身の満足度からすると、それよりも辛い感情が残ったというのも事実だ。  休むことは甘え、熱が出ても風になっても、それでも頑張

昔、友人が自殺した。身辺整理も手伝った。

彼が亡くなったのはこれを書いているちょうど二年前。 2012年9月21日に亡くなりました。今日は2014年9月21日です。 自分自身への贖罪という意味合いもあります。これが、贖罪になるかどうか、わからないですが。むしろ逆かもしれません。 どちらにしても、許されないでしょうが。 この文章で一人でも自ら命を断つ人間が減ることを願っています。 このPさんの別の話 アルコール依存症とその末路 http://

父が暴れて、包丁を持ち出し、家の前にパトカーが五台止まった話。

機能不全家族だった  普段の言動からして母への憎しみがつのっていることは明らかだった。「このクソ女!」と叫んでいたし、喧嘩もよくしていた。私と姉は、家族のいろいろな不和からつらい思いをすることを余儀なくされ、子供時代、青春時代を過ごさざるを得なかった。  その日、父は酔っ払って帰ってきた。明らかに泥酔していた。  「ふー!ふー!」とよく言葉にならないことを言っていた。だが、母に対して、とても敵意があ

08年ごろのTwitterの話。

そのころTwitter上での大規模な炎上は殆どなかった  ユーザ数としては、日本人が使っているアカウントは日本語化されたばかりで少なく、炎上というよりかは、個人と個人、あるいは、集団と集団が揉めているという感覚のほうが強かった。  「Twitter上」炎上といえるようなものが問題視されていくのは、08年ではなく、09年以降のユーザ数が増え、他のメディアと融合するようになってからの話になる。  ちなみ

片思いの思い出を綴る。 1話目

それは小学生6年生の頃だった  彼女は周りに比べると少し背が高く、少し活発で、でも少女的な部分もあって、髪はセミロングくらいだったと思う。  小さいころの思いでは、あまり覚えていない。様々な事があったことによると思っている。その記憶は蘇るのだろうか。と、たまに考えることがある。  私はおしゃべりじゃなかったので、あまり話した記憶が無い。だけれども、彼女は私に優しくしてくれていた。もともと、優しい人だ

実の姉と20年間話していない。という話とその確執。

今はLINEやメールなどでやり取りすることはあるが、実際あった時に話をすることはない。 事の発端  姉は、小学生の頃は、陽気な人だったが中学生になると不登校になった。ある日双極性障害の母がすごい剣幕で姉を怒鳴っていた。  後日、姉は家出した。捜索届けが出され、母は何事もなかったかのように、外面で警察官と話していた。父もそんな感じだった。両親は恐ろしいと、子供心ながらに思った。それ以来、姉は家族と話さ

母校のOBバンドから定期演奏会でなくていいと言われた

 大学のOBバンド、久しぶりに乗る予定で、合宿にも参加しました。  あれですね。楽譜コピー出来てないから、連絡ちゃんとできてないから、出ないで下さいとかダメですとか。酷いですね。久々に来た人にはそれくらい、配慮するでしょ。ただでさえ人数減ってるのに、フォローとかしないとまずいでしょ。経営情報学部とか経営学部出身でしょうが。経営って「マネジメント」っていうんだよ。 自分がマネジメント能力ないのはわかっ

自己紹介的なもの

基本的に多趣味でマイペースで ゆっくりしています。 趣味はPC、音楽、写真 藝術サークル活動はこちら http://underthesky.info/ 人間が多いように見えるけど、同一人物もいる。多分。 出身学校 中川西小学校 中川西中学校 東京実業高等学校 産業能率大学 放送大学科目履修生修了 2013/11より勝間塾生 コミュニティネームSusuki(すすき) プロフィール  東京実業高等学校、

コーチングスキルを使って批判された。その教訓から、相談職に就いている、または就こうとしている方々に主張したい。

初めに  カウンセラー、ケースワーカー、PSW、相談員等々いろんな相談職の方々と接してきたが、その技法を使って他人を批判するということは、職務倫理上かなり好ましことではなく、精神状態が悪くなるなどの危険性もあるし、精神的に調子を崩す人、そういう人たちを数多く見てきた。基本的に弱みを出して、そこからどうするか、あるいは聞くという手法が主流であるため、その部分を批判するのは当人にとって辛いことなのです。

私から見た08年のTwitter

若干客観的な08年のTwitterについて書いたstoryはこちら http://storys.jp/story/11607 始めたきっかけ  2008/5/26のこと。研究室の後輩で今は優秀なエンジニアになっている@bojovsくんが、Twitterというサービスが日本語化されたらしい、という話をしていて、先輩も初めてみませんかという話になった。それがきっかけで、登録した。「tenku」という、新

「伊勢原」の名前の由来と神社について、と思うこと。

神奈川県の大山がある市。それが伊勢原市  伊勢原市の「伊勢原」の名前の由来は、「伊勢」から来ている。伊勢神宮を分祀し、今の伊勢原大神宮に内宮、外宮それぞれの神様を祀っている。伊勢から名前を取り、伊勢原と名づけた。伊勢神宮は「神宮」と略して呼ばれ、それに倣わして、伊勢原大神宮も大山方面へ向かうバスなどは「大神宮」と、伊勢原を略して呼ぶ。  私の出身大学は産業能率大学なので、当時経営情報学部のキャンパス

希望的な未来を見いだせない

もがいても這い上がれない感じ コミュニケーション能力もなく、一人だ。 孤独で、一人で、どこに行っても振り向いてくれない。 そんな気がするのだ。 そんな考えを感じて、時に、寂しくなり、悲しくなり、辛くなり、苦しい。 私の道は開けていくのだろうかと、 自分に問いかけつつ、 少しずつ、 少しずつ、 前へ進もうと、もがいても 少しの失敗で奈落へ落ちる。 <了> http://underthesky.info

アルコール依存症とその末路

友人がアルコール中毒になった  その方は、Pさんとします。私が大学生の3年の時に知り合いました。彼はすでに5年生でした。ずぼらなところを除けば、私の行っていた大学としては珍しく、学部生時代から学会発表を行ったり、割りと優秀な方でした。  そんなPさんは、5.5年目の9月卒業で大学し、そのまま大学院の聴講生として、講義を受けていました。ある日、彼の研究室のボスと彼が喧嘩し、それ以来彼は授業に来ることは

約一ヶ月でSTORY合計で約2万PV達成しました!

ありがとうございました!  今後も書き続けていこうと思います。こういう活動ができることも、皆様の支えがあってのことだと考えています。   読んでよかった。そう思ってもらえるようなものを書き続けたいと考えています。まだまだ、力不足なところもあり、今後も波乱な人生かもしれませんが、暖かく見守っていただければと思います。 加藤 圭一郎 http://underthesky.info/

声を失った。歌いたかったのに。歌いたかったから、声を取り戻した。

このストーリーを別の視点で書いたものになります。 声を失った青年が歌いたいがために、葛藤し悩み苦しみ。そして、声を取り戻した物語 http://storys.jp/story/10797  中学生の頃だろうか。変声期に男なのに声が変わらずじまいで、そのためいろんな人にバカにされた。それでも、それでも、歌が好きで歌が好きで。  変声期前の独特の高い声で歌い続けた。そういう環境にありなって周りを気にせず

自伝を書こうと考えている

不遇の人生だったといえるし、それを乗り越えられたのだから、幸運な人生とも言える。  構想をねっています。今のところ、一つの話し事の完結で書こうと思います。恐らく、合計すると、文章量は本一冊分くらいになるだろうと思います。  楽しいこと、嬉しい事、悲しいこと、辛いこと。いろいろありました。  書き終わって、できるなら、営業してみて、本にしてみたい。というのはあります。Kindle出版の経験はあるので、

一年前に語った自分の人生 自伝序章

あるところに投稿したものになります。また、この文章は2013/11/26に書いたものになります。  そこからも、いろいろな物語ができています。自伝への第一歩というところで。そこに投稿した文章を載せます。 ぶっちゃけるのがいいといわれたので、ぶっちゃけることはそれそれ自体は賭けであるものの、少し書いていこうと思います わりと悪い人生なんで、読むなら覚悟して呼んでください(笑)  まず、3歳の検診で発達

秋葉原のボッタクリ美術商を論破してきた

 秋葉原をうろついていたら、なんか見覚えのある人引きの仕方をしている人がいて、まぁいいかと思ってついていったら、ギャラリーだった。昔ボッタクリ美術商していたあれだと、入ってから気づいた。  絵を売ってるんです。みたいな説明があって、それから、職業は?ってきかれたので、一応フリーターですと、答えた。  どの絵が好みですか?と聞かれたので、アンダーグラウンドっぽいコラージュをしている掛け軸らしき絵を指を

何に価値があるか分からなくなりました

前に書いたもので、反響を呼んだ文章です。 Q&Aで話題になりました この文章はQ&Aのやりとりから着想を得ました。 http://q.hatena.ne.jp/1402990130 「考え、考えきった結果、余計わからなくなりました。頭のなかにある一部を文章として書きだしたので、なんでもいいので回答を下さい」書きだした文章がこの本文です http://q.hatena.ne.jp/1404286979

『人間らしく生臭く生きたい』

以前、このような文章をかきました。 『人間らしく生臭く生きたい』 https://note.mu/underthesky/n/n3cfffa435097  気づいたら、周りは普通すぎた。服装も、動き方も、考え方も、なにか決められたものに動かされているような。そんな風に見えた。  そんな人間になるのが嫌で、逃げてきた。見下したりして、ものを作るのは自分みたいな人間の仕事だと思ったりした。けれど、なにか

狂ってて、狂ってる

世の中は狂っていて 民主主義は資本主義と限界 弱者は弱者の首を絞める 狂気のなかの正気を探し求めている 働いて寝るだけなんてなんてなんて恐ろしい 正しさこそが真実をねじ曲げ 人を狂気へと導く 今の人間は狂喜を見つけなければならない <了> HP http://underthesky.info note.mu  https://note.mu/underthesky/ mail cdr65820@gm

雨が降っていて、降り止まない。 それは、まるで心の涙のよう。 そう、私は泣き続けていたの。 寂しくて、怖くて、辛くて、どうしていいかわからないくて。 世界から拒絶されるような、そんな距離を感じるの。 <了> HP http://underthesky.info note.mu  https://note.mu/underthesky/ mail cdr65820@gmail.com

絵を描いていこうと思う

 人と比較して、すでに書ける人と比較して、ああ、自分はこんなふうに書けないんだろうな。とそう思っていた。  しかしながら、何もやっていないのに、そう決めつけてしまっても面白く無い。そもそもステージに立っていないし、そうすることは誰にも否定されない(下手な絵を見るのが嫌な人に否定されたことはあるかもしれない)。  絵を描いてみようと思う。「どんなに年をとっても、新しいことを始めるのはいいことだ。」そう

お金を稼ぐということに辛さを感じる

以前note.muに書いた文章です。  https://note.mu/underthesky/n/n67e47845dbb3  漠然とそう感じます。自分は自分で行ってしまうのも何なのですが、トラブルメイカー的な資質を持っていて、人に嫌われたり、距離を置かれたりすることが多いのです。  そのため、そもそも社会に必要とされているかどうか。というところすら、自分の中で危うく、そんな自分が対価をもらうなん

人はいつから楽しむために創ってははいけないくなるか

稚拙なものは創ってはいけない風潮があるよね。 努力して、苦しんで、苦しんで、なおかつ素人目で非の打ち所がない者しか評価に値しなくなる。 いつから、そんな世の中になったんだろう。 音楽は楽しみのためにあるのに、それを技術のある人のだけのものにしてしまう。(外国ルーツだとmusicは楽しむとは少し違う語源。一説ではギリシャ神Museがルーツ) あとで追記しようと思います HP http://undert

精神的ストッパーで物が作れない

以前note.muで書いた文章です https://note.mu/underthesky/n/n75a008c1b47c こんにちは。  精神的ストッパーで物が作れない。今日このごろです。作るからにはきちんとしなければいけないと思って、それで着手すると、まったく完成させようと言う気になりません。これよりいい作品があるんだろう。そんなことを考えてします。  こんなストッパーを外したいと考えているので

なんでもうまくないといけないというような世界に苦しみを感じる

以前note.muで書いた文章です https://note.mu/underthesky/n/nf333e75b1fc5  世の中、すごい技術をもっていたり、忙しいことであることが正しくなっていて、モノで日本はあふれているのに、忙しさで疲れている。そんなひとときに潤いを与えてくれるのが趣味だ。  絵の入門サイトとして、ヒトカクというのがある。その人の出している本、『人を書くのって楽しいね』のはじめ

前へ進む 創作と自分の見ている風景とポストモダンについて。

このストーリーは2014/5/17にnote.muに書いたものです。 https://note.mu/underthesky/n/n343ee3bb1cae   大塚英志緊急寄稿「企業に管理される快適なポストモダンのためのエッセイ」 | 最前線 - フィクション・コミック・Webエンターテイメント  この文章を見ていて、自分自身が思っていたものを代弁されてしまった気がした  もちろん、創作の方面で

何もにもなれない

この文章は以前note.muに書いたものです https://note.mu/underthesky/n/ncd1c0ef06247  世界は閉ざされている。何者にもなれなくて、日の目を見ることばかり良いとされる。可視化されすぎて、逆に薄れる世界。  そこには何もなかった。ということにしたい。無力感で支配されている。孤独とともに生きている。自分の匂いしかしない空気を吸っている。  世間が競争によって

読んでよかったストーリー

Ito Yasuna
323

「海外」を初めて見た外国人に東京を案内したら、全てが想像を超えていた話

皆さんは、訪日外国人を見て何を感じますか? なんか怖い? 声が大きい? 何考えているかわからない? 大量の荷物を持って、自撮り棒で写真を撮っている? 逆に、外国人は日本に来て何を感じますか? 今日は、日本旅行に来た従兄と東京観光をした とんでもない体験 を通して、日本に来た外国人が何を考えているのかの1例をお伝えしたい。 私 ・両親は台湾出身だが、日本生まれ日本育ちの26歳。東京在住。 ・中国語で日
只石 昌幸
1359
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の
ゆかわ かずき
2149
73

うつ病になりたい人へ

「うつ病になりたくありませんか?」 いきなり不謹慎ですが初めまして。 僕の名前は湯川和樹です。 2013年9月24日から2014年6月28日現在の約9か月、僕はうつ病で会社を休んでいます。 仕事には行っていませんが会社でのカウンセリングを週に1回と心療内科の受診を月に2回行っています。 昨日までは家で妻と10か月になる子供とのんびり暮らしていましたが、3日ほど前に発作が出てしまい妻の負担を大きくする
坂口 隆
515
3

元カノから連絡が来たのでかきます・・・

お水恋愛ファイル 1 〜元カノから連絡が〜  彼女が風俗に入った理由は, 旦那の暴力(DV)とギャンブルでの大借金、 そして、離婚、まだ小学1年生だった息子との生きていく生活の為。 それと、女手ひとつでミワちゃんを育ててくれたお母さんのの入院費を 稼ぎ続けなければならない為でした… ・ ・ ・ ちょっとそこのあなた。 ・ ・ ・ ・ ・ Hな事が好きですよね? 隠してもダメです。 ( ー`дー´)キ
神崎 晃
883
9

teisei

訂正中でございます。 今しばらくお待ちください。

書きかけのストーリー

Kato Keiichiroさんにもっと聞きたい話リクエストする

|