STORYS.JP

藤本 啓佑

藤本 啓佑の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

藤本 啓佑の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

西勝 ユズル
775
4

25歳、社会人3年目の僕が、やりたいことがわからないリケジョ大学院生と出会い、彼女が◯◯になって最後に意中の人と結婚をした話。(前編)

かっちゃん、私、とうとう結婚だよ! たった3年、でも大親友になった彼女と僕のストーリー はじめまして!心のコトを仕事にしています、西勝ユズルと申します。 このストーリーは、僕がうつを治した直後に、大学院生の理系女子=リケジョと出会い、未熟だった自分が二人三脚で、俯きがちな彼女の人生を応援し、内面から行動の変化を一緒にチャレンジしたストーリーです。 いわゆる“彼女”じゃないけど、誰よりもその人のコトを
本間 佑史子
470

今のわたしは28才社長みならい。高校時代は・・・

「自分を信じる」と書いて「自信」とするのなら 高校生のわたしは、あらゆる面において「自信」のかけらもなかった。 親の進めるまま、中学受験をし。これまた親の期待にこたえるべく進学校へ入学。 中学での勉強は、むしろ楽しく。ただただ勉強をして入った高校は わたしの中でいつの間にか「ゴール」になっていて、 そこに入学してしまった私は、目標や本来のゴールも見失ってしまっていた。 (と思う・・・なんせ10年も前
只石 昌幸
1428
25

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

嫌がる僕に、彼女は無理やり・・・ 「いやだよ!ぜってー、イヤ!!」 「お願い!書くのは、タダでしょ。好きなこと書いていいんだから、書きなよ〜」 「イヤ!! 俺は、絶対に、書かないぞ!!!!!!!」 もうすぐ、7月7日の七夕近くの、ある日、 彼女と僕は、短冊に願い事を書くか、どうかで、言いあっていた。 ただ、、、短冊に“夢”を書くだけなのに・・・ でも、 僕には、短冊に夢を書けない理由があった。 僕の

書きかけのストーリー

藤本 啓佑さんの書きかけのストーリーはありません

藤本 啓佑さんにもっと聞きたい話リクエストする

|