STORYS.JP

八桁 圭佑

ヒッチハイクと自転車で47都道府県ツアー。
沖縄では2年間テント暮らし。
カンボジアでは学校を建設し産業を興す。
異色の経歴を持つウクレレアーティスト。

現在、先月発売された3枚目のCD『GOING MY WAY』を持って、
日本一周マラソン旅に出ております。

ストーリーをリクエストする

八桁 圭佑の人生のストーリー

高校時代は、窓の外ばかり見てた、今の自分は窓の外の世界にいる。

高校時代、教室の端っこで窓の外ばかり見てた。 流れる雲のむこうには、広い海のむこうには、 どんな人がいて、どんな生活をしているんだろう。 先生の話は上の空。(ちゃんと授業は聞きましょう。。) ぼーーっと毎日を過ごしてた。 大学に入ってからも、だらだらした生活、遊ぶというより引きこもり。 高校の終わりから大学の2年生にかけては不幸の連続が起きた。 友達が3人も、たて続けに亡くなり、親しい人が犯罪に巻

ただの音楽家が成田空港で爆弾魔と間違われる話。

僕はウクレレ歌手をしています。 お呼びいただければ日本の、いや、世界のどこだって行きます。 相手と自分の交通費の負担を減らすために、普段の移動はヒッチハイクで行きます。 ただ、今回の依頼先は沖縄です。      そう、飛行機に乗らなければいけません。 マイクとアンプとウクレレをいつも持ち運びます。 先週はそのセットを持って北海道へ行きました。 時間に余裕をもってのチェックイン。 これから始まる沖縄の

【日本一周マラソン旅vol.1】ウクレニストHACHIの挑戦。

こんにちは! 自分は普段国境のないウクレニストHACHIという名前で音楽活動をしております。 2015年6月9日、自身3枚目のCD『GOING MY WAY』が、 めでたく世に出ることになり、 それと同時に僕は3回目の全国ツアーに出ることになりました。 『日本一周マラソン旅』 過去2回の全国ツアーはヒッチハイクと自転車。 年間100本を超えるLIVEをさせて頂けるのは、全国の皆さまが温かいから。 今

【日本一周マラソン旅vol.2】壁と仲間。

マラソンで旅に出ることを決意して、最初にやってきた壁は、 「ヤバい、荷物どうしよう。。。」 でした。 ヒッチハイク&自転車の時は、マイクスタンドもアンプも全部自分で運んでました。 しかし、今回はマラソン旅。 さすがに体中にCDやマイクを蒔き付けて移動するわけにはいかない。。。 ということで、とりあえずFacebookに正直な気持ちをぶつけました。 「スタッフ募集、47都道府県の輝く景色を見にいこう!

【日本一周マラソン旅vol.3】僕が旅に出る意味。

ウクレレ歌手のHACHIです。 今自分は、日本一周マラソンという名の旅に出ている最中です。 群馬県から新潟県へ移動し、明日のLIVE準備の途中を抜け出して、STORYSを書いています。 今回はなぜ日本一周マラソンにチャレンジしようと思ったのか?を書きたいと思います。 これまでいろんなカタチの旅をしてきました。 そしてその中で旅を通して気づいた自分の存在意義がありました。 【こんな自分でも誰かの役に立

【日本一周マラソン旅vol.4】旅立ち。

これは2015年6月9日に撮った写真。 この日は国境のないウクレニストHACHIとして、 3枚目CD『GOING MY WAY』が発売された日。 何よりロックが好きな僕は、 この日に因んで何か派手なことをやりたかったのです。 そして僕はマラソンで日本一周をする旅に出ました。 旅をしながら動画を撮影し、47都道府県でLIVEをするマラソン企画。 地元である横浜市青葉区を出発して、目指すは静岡県富士宮。

読んでよかったストーリー

八桁 圭佑
45

【日本一周マラソン旅vol.3】僕が旅に出る意味。

ウクレレ歌手のHACHIです。 今自分は、日本一周マラソンという名の旅に出ている最中です。 群馬県から新潟県へ移動し、明日のLIVE準備の途中を抜け出して、STORYSを書いています。 今回はなぜ日本一周マラソンにチャレンジしようと思ったのか?を書きたいと思います。 これまでいろんなカタチの旅をしてきました。 そしてその中で旅を通して気づいた自分の存在意義がありました。 【こんな自分でも誰かの役に立
八桁 圭佑
190
13

ただの音楽家が成田空港で爆弾魔と間違われる話。

僕はウクレレ歌手をしています。 お呼びいただければ日本の、いや、世界のどこだって行きます。 相手と自分の交通費の負担を減らすために、普段の移動はヒッチハイクで行きます。 ただ、今回の依頼先は沖縄です。      そう、飛行機に乗らなければいけません。 マイクとアンプとウクレレをいつも持ち運びます。 先週はそのセットを持って北海道へ行きました。 時間に余裕をもってのチェックイン。 これから始まる沖縄の
八桁 圭佑
183
1

高校時代は、窓の外ばかり見てた、今の自分は窓の外の世界にいる。

高校時代、教室の端っこで窓の外ばかり見てた。 流れる雲のむこうには、広い海のむこうには、 どんな人がいて、どんな生活をしているんだろう。 先生の話は上の空。(ちゃんと授業は聞きましょう。。) ぼーーっと毎日を過ごしてた。 大学に入ってからも、だらだらした生活、遊ぶというより引きこもり。 高校の終わりから大学の2年生にかけては不幸の連続が起きた。 友達が3人も、たて続けに亡くなり、親しい人が犯罪に巻

書きかけのストーリー

八桁 圭佑さんにもっと聞きたい話リクエストする

|