STORYS.JP

信太 慶介

信太 慶介の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

信太 慶介の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

大貫 恵
104613
13

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ2(発生事実・後編)

こんにちは、おおぬきです。前編を読んでいただいたみなさん、ありがとうございます。そしてここからは、なにも言わなくなった旦那と過ごす、私と家族の最後の3日間です。いま思い出しても涙が出てくるけど、頑張って書くので、最後までおつきあいよろしくお願いします。 旦那を一般病棟(個室)へ移してもらったのが、2月14日のお昼過ぎ。人工呼吸器を装着し、太ももの付け根から血圧を維持する薬を入れるためにカテーテルを挿
m m
9463
133

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・後篇

※ このストーリーは「5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇」の続きになります。 前篇はこちら… http://storys.jp/story/7157 【後篇の全文字数:約11,000字】 15.2007年9月6日 16.6週間の休暇 17.職場復帰 18.腎臓の病気を発症 19.夫の浮気 20.入院の夜 21.心が離れた理由、そして離婚 22.再婚と出産
近嵐 誠美
473
3

無謀な夢を語った18歳が同級生に「ドリームチェイサー」とバカにされた8年後…“あらぬ形”で批判を一蹴した話~前編~

おい、オマエ…現実みろよ。世の中、甘くねーぞ。 友達、両親、兄弟、同僚、先輩、上司… あなたも誰かに一度は言われたことがあるかもしれませんね。 決して誇れることではありませんが、 私は小さい頃から言われ続けてきました。 「なぜ、否定するのだろうか?」と、 当時の私は全く理解できませんでした。 しかし、今、冷静になって考えてみると、 否定されてしまうのは仕方がないことでした。 なぜなら、夢を実現させる
阪口 ユウキ
2829
20

【男が道に迷ったら】とある石油会社の重役に、利根川で鯰を釣りながら教わった人生の指針。

男はな、○○をしていないと、何を見つけることも、何を手に入れることもできないんさ。 こんにちは! WEBの仕事をしながら世界を旅している、阪口といいます。 今から3年半前、僕は重い鬱病で、半年ほど寝たきりになっていた時期があります。 そのとき、利根川の桟橋で、 とある石油会社の重役である「伊波さん(仮名)」 という方と釣りをする機会がありました。肩を並べて釣りをしながら、 男が道に迷ったときはどうす
Sato Masashi
127
4

【慶二郎】こんなんで勝てるわきゃーないよ

時系列はメチャメチャ。今日は日が日でもあるので少し重い事も含めて書く。 行軍 ビルマの森の中を歩く。木と草ばかりの森の中を。 慶二郎は機関銃を担当していて、分隊長という役割をもらっていた。大体10人くらいの猛者どもを部下にして、目的の場所まで延々と歩く。 「猛者ども」と彼はいつも自分の部下達をそう表現していて、自分が東京の下町で育ったもやしっ子的な見方をしていたようだった。実際サバイバル的な部分は猛
野本 愛
276
17

CMで有名なSoftBankのお父さん犬のiPhoneケースをデコレーションしたら、孫社長のTwitterでリプライされた話

私は2年半ほど前から、下絵を作りスワロフスキーのストーンを使って スマホのケースにデコレーションを施す仕事をしている。 お世話になっている方の誕生日に手作りのものをプレゼントしたくて 独学で始めたのを切欠に、全国各地から注文が来るようになった。 当時付き合っていた彼にも日頃の感謝も込めてデコスマホケースをプレゼントしたいと思った。 彼はそこまでキラキラに興味はなさそうだったが、 会えない日も毎日スマ
高原 千晴
405
16

休学中の大学生が、縁もゆかりもない地方都市でバーテンダーをしてみた話 - 3 -

「話題のストーリー」になりました。 はじめに。 休学中の大学生が、縁もゆかりもない地方都市でバーテンダーをしてみた話 - 1 - が「話題のストーリー」仲間入りしました!ありがとうございます。 最後の更新です。かっこ悪いラストで大変申し訳ないのですが(笑)、ぜひ。 ひとりが好きな人がなる職業 働いていたお店には、常連さんがたくさんいました。 Mさんに言われていたのは、「僕やYを気に入ってお客さんは来
阪口 ユウキ
41382
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)

書きかけのストーリー

信太 慶介さんの書きかけのストーリーはありません

信太 慶介さんにもっと聞きたい話リクエストする

|