STORYS.JP

荒木 賢一

荒木 賢一の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

荒木 賢一の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

阪口 ユウキ
42169
216

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

どんな仕事を選んでもええ。ただ、○○がない仕事だけはしたらあかんで! こんにちは! 個人でWEBサイトをつくりながら世界を旅している、阪口といいます。 僕は今の仕事をはじめてまだ稼げなかったとき、2011年9月~2012年4月まで、 大阪・あいりん地区のドヤ街で暮らしていたことがあります。 (詳しい経緯は「 鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。 」で書いてます)
小泉 憲一
1386
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
宇野 成人
2157
15

苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方教えます。前編

苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方? 何とも、物々しいタイトルを付けてしまいました。 タイトルだけ見るとスピリチュアル系自己啓発みたいな感じで、カッコイイです。カッコイイか? 残念ながら僕は、 心理カウンセラーでも、 セラピストでも、 哲学者でもありません。 まぁ、誰も期待してないとは思いますが。 43年生きて来て、 苦痛、ストレス、不安について、自分なりに少し悩んで、 その都度「答えらしいもの
家入 一真
6987
3

paperboy&co.創業記 VOL.1: ペパボ創業からバイアウトまで

12年前、22歳の時に福岡の片田舎で、 ペパボ ことpaperboy&co.を立ち上げた。その時は別に会社を大きくしたいとか全く考えてなかった。家で仕事が出来て、仕事をしながら子育て出来ればそれでいいやと思ってた。当時サラリーマンをしてたんだけど、中学2年から引きこもり、対人恐怖症気味だった僕には、定時出社や同僚とのコミュニケーションが苦痛でしようが無かった。サラリーマンを辞めたいが為の起業。どちら
佐藤 健太郎
1417
1

ペパボの創業に参加するきっかけ

ボクは新調したばかりのVAIOを使い自分のサイトをいじっていた。閑古鳥の鳴く、今思えばそれは痛々しいインターネットだった。それでも、公開する楽しさ、誰かが掲示板に書き込んでくれたときの喜び、500と書かれたページを直すのに格闘した日々を思い返すと、あれはあれで青春の一ページだったのかもしれない。 そんな、就活もせずバイトとインターネット漬けの学生時代を送っていた日々を、そろそろ強制終了させないといけ
荒木 賢二郎
3128
19

10万円払って、堀江貴文さんとお寿司を食べるTERIYAKIイベントに参加した話

グルメアプリTERIYAKI主催イベントの話になります  iPhoneアプリ   Androidアプリ みなさんは堀江貴文さんをご存知でしょうか? 以前はホリエモンと呼ばれ、ITバブルの寵児としてヒルズ族の象徴だったあの堀江貴文さんのことです。近鉄バッファーローズ買収提案からのプロ野球参入争い(結局楽天が参入)、広島6区での衆議院議員選挙出馬、ニッポン放送株買い集めからのフジテレビとの提携。 …から
Ninaki Shoichi
247
7

母がくれた言葉

僕がまだ幼い頃のお話。 僕が生まれ育ったのは九州・福岡県。 日本人の父、在日韓国人の母、そして僕の3人家族。 幼い頃から母は愛車カローラ(当時)の助手席に僕を乗せ、 いろんなところへ連れてってくれました。 母はドライブするときいつも車内で音楽を流してくれました。 ごはんを作るときの鼻歌はだいたい韓国の歌謡曲でしたが、 車で流す曲は海外のものが多かった気がします。 ビリージョエル、リチャードクレイダー

書きかけのストーリー

荒木 賢一さんにもっと聞きたい話リクエストする

|