STORYS.JP

小泉 憲一

好きなことを好きな時に好きな人と楽しむ自由人。
ココロサプライズ㈱代表取り締まられ役。
2006年積水ハウス株式会社退職
2007年3月ココロサプライズ株式会社設立
日本一のサプライズコンサルタントとして、
新しいサプライズのサービスを提供している。
2013年株式会社いないいないばぁを設立。
まだ世の中にないサービスや、おもしろい人材を
世の中に発信するビジネスを始める。

ストーリーをリクエストする

小泉 憲一の人生のストーリー

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ

私がサプライズの会社を立ち上げた理由

最高に楽しいキャンプ 会社を辞めることが決まった1ヶ月前、 6月下旬の梅雨ど真ん中のある日のこと。 会社の仲良しメンバー13人でコテージを取ってキャンプをすることになった。 せっかく行くんだからチームごとに勝負をしながら楽しもう!ということで 1回戦:お買い物ゲーム 2回戦:釣り! 3回戦:宝探しゲーム で、負けたチームが肝試しをするっていう企画をたてた。 買い物を済ませてキャンプ場へ。 くつろいだ

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

数年前のある夏の日、1通の手紙が届きました。 30度を超えた、めちゃくちゃ暑い日だったけど、 クーラーがキライだった私は窓を全開にして パソコンに向かって仕事をしていました。 郵便やさんがポストに郵便物を入れた音がしたので、 汗を拭きながらトントンと階段を降りて、 冷凍庫から取り出したアイスをくわえながら、 郵便物を取りに行きました。 ポストに入っていたその手紙を見て、 心臓が止まりそうになりました

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用

読んでよかったストーリー

Mami Yamazaki
1042
28

10年間月収15万円だったフリーター旅女が、わずか3週間で月収を10倍の150万円にした話

1。はじめに このお話は 今のようなライフスタイルを 手に入れようと思ったきっかけSTORYの続編であり、完結編です。 ◎ 地元から一歩も出たくなかった私が石垣島への移住きっかけに人生が様変わりした話 ◎「思考の現実化」を身をもって体験した話 2015年4月。 わたしはほとんどお金が入っていない預金通帳を持って 無謀にも上京しました。   そして、4ヶ月たった今。 ”ライフワークコンサルタント”とし
小泉 憲一
1257
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
稲葉 瞳
209
1

会社員だった私が突然会社を辞めて、ただゴルフがしたい一心で渡米してプロゴルファーを目指した話 -① 宣言

さて突然ですが、ここに宣言します。 私 稲葉瞳は、2013年からアメリカで始めた プロゴルファーへの挑戦を、           来年も続けます!! …実は数週間前、「挑戦を終えます!」と書きかけていたのですが、この文章を書いているうちに色々なことがあり、気持ちが変わりました。(笑) 挑戦の最初のうちから、自分の体験をシェアしたいという思いがありましたが、今までずっと書けませんでした。 それは忙しい
Yuki Ueda
999
6

日本一厳しい所に四日間行ったら、悩みがなくなって最高に幸せになれた話

ある夏の日、 僕はかつて絶対に行きたくなかった場所に行きました。 そこは、曹洞宗の大本山永平寺。 俗世間では「日本一修行が厳しい」とまで言われたお寺です。 そして何より、小学校の遠足で行ってトラウマになった所です。 遠足のときは、 寺内を若い雲水(うんすい:修行僧のこと)さんが、 親切に案内してくれました。 しかし、雲水さんの懇切丁寧な説明とは裏腹に、 「永平寺」に対して持った印象は最悪でした。 一
Mami Yamazaki
677
23

地元から一歩も出たくなかった私が石垣島への移住きっかけに人生が様変わりした話

【引越し編】 1。ふられた まず、私がこの話で伝えたいことを書いておく。 ひとつめは、 何かを失うことはこわくないということ。 ふたつめは、 環境が変わることもこわくないということ。 みっつめは、 付き合う人が変わると世界が広がるということ。 私はあと半年で30になる冬。当時4年くらい付き合っていた彼氏にふられた。 ちょうどその頃、弟の結婚が決まっていた。 私はとにかく気を紛らわせるため、仕事とバイ
Matsuda Miwako
94
1

世界一周に出ようと思ったキッカケ - 2

抜け出したい。
Matsuda Miwako
436

世界一周に出ようと思ったキッカケ

『松田、今日も皆であのジョナサンに集合な!』 社会人2年目、 営業の仕事をしていた時の私と、先輩の まるで合言葉のような毎日のこの会話。 『行ってきまーす!』と 毎日ニコニコした顔で会社を外出しては、 時には直行して、毎日例のサボリ会に参加をする日々。 そして、皆で会社の文句を言う。 『あの上司、朝に漫画喫茶に直行する時を見たよ!えっ、あの先輩もいたよ!』 『なぁーんだ、皆一緒じゃん!』 なんて、会
小泉 憲一
526
6

ありえない人からの不思議な手紙で新しいビジネスが生まれた話

数年前のある夏の日、1通の手紙が届きました。 30度を超えた、めちゃくちゃ暑い日だったけど、 クーラーがキライだった私は窓を全開にして パソコンに向かって仕事をしていました。 郵便やさんがポストに郵便物を入れた音がしたので、 汗を拭きながらトントンと階段を降りて、 冷凍庫から取り出したアイスをくわえながら、 郵便物を取りに行きました。 ポストに入っていたその手紙を見て、 心臓が止まりそうになりました
神谷 純平
2468
65

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

お母さんが言ってたの! 人生をワクワク生きる為には、 荷物を持つ不安よりも大切な ◯◯を持ちなさいって。 はじめまして。一年のほとんどを海外で旅しながら『好きな時に好きな場所で笑って仲間とご飯を食べる生活』を実践している神谷純平といいます。 いまから8年前、わたしはうつ病でベッドから立ち上がることが出来なくなっていた時期があります。 その時、同じアルバイト先のゴンちゃんから、人生を変えるきっかけを貰
進撃 の外人
432
5

壊れた中古ゲーム機からうんだ奇跡の話

○いきなり質問! 再来月に引っ越しのため、部屋の掃除しているあなた!  こんなボロボロで仕えないゲーム機を発見した場合、どうしますか? A. ゴミとして捨てます。 B. どっかに売ります。 C.私はゲーム機に興味なし!こんな汚いものを触れません! . . . . . . . . <Aを選んだあなた> それはちょっともったいない事をしたかもしれません。 千円札をトレイに流された事と同じです。 <Bを選

書きかけのストーリー

小泉 憲一さんにもっと聞きたい話リクエストする

|